神戸、淡路の旅 その3

テーマ:

 

<7月2日 神戸三宮から淡路島へ>

 

 

 三ノ宮駅地下街、パスタの昼食終了!

 コインロッカーから荷物を取り出して・・・

  (ちなみにこの日、月曜日、コインロッカー、空き有り!)

 

 高速バスで70分。

 ブロ友さんもおっしゃっていましたが、あっという間!

 淡路島って神戸から近いんですね♪

 

 美しい景色を見ながら快適な時間でした。

 画像、撮れば良かったぁあせる

 

 

 

「陸の港西淡」で下車。

お宿に電話してお迎えをお願いしました。

 

10分ほどでお宿に到着。

ウエルカムドリンクをいただきながらチェックイン。

 

裏手はすぐ海のようです。

夫の明朝散歩コース決定!(笑)

 

 

 

 

案内された部屋は・・・

 

お宿の外観は洋風?でしたが室内は温泉宿の雰囲気。

 

旅、間際のネット予約のお宿。

空きがあるお宿、お部屋は限られていていました。

 

旅の宿泊先の決定権は私。

口コミ情報など、あとは勘でいつもポチッ!とですが、

当たりもハズレべーっだ! もあります(笑)

 

部屋付の温泉・・・これが今回チョイスのメインです。

お風呂からの景色は今一つでしたが・・・

お部屋も広く、半露天でトロトロのお湯でした合格

 

夕食時間はお宿のご都合でしょう、PM 7:00から。

ゆっくり温泉に入って、しばし休憩。

 (大浴場にもお邪魔しました 貸し切り状態でしたよ)

 

 

 

さあ、お待ちかねの夕食。

今回、お宿、お部屋と同じく、食事内容もチョイスが難しくて・・・

 どんな食事がいただけるのだろう?

 

 

前菜プレート

 

 色々と説明、いただきましたが・・・あせる

 なにわともあれ、美味チョキ

 

 白ワインを。

 

 

 

 

オレンジムースと人参とパプリカのスープ仕立て

 

 器に玉ねぎピューレ? そこに人参とパプリカのスープが注がれます。

 ちょっとしたパフォーマンス。

 

 「画像撮らなくてはねっ」・・・て

 お給仕の可愛いお嬢さんに声をかけてパチリビックリマーク

 

 

 

 

お造り

 

 我が街、博多も海の幸はかなり豊富で美味しい!

 それでも普段の食卓ではとてもとても・・・

 こんな風に綺麗な盛り付けで

 幾種類ものお刺身を一時には早々いただけません。

 

 どれも美味しかったのですが

 「イカ、美味しかったねぇ」・・・夫と同意見!

 

 

 

 

鱧すき鍋

 

 これが「鱧鍋!」

 博多ではなかなかいただくことのない鱧。

 初めてのお鍋・・・美味しい合格

  (淡路の玉ねぎ、なるほどの美味しさ)

 

 これはもっと頂きたかったなぁ。

 鱧コースのお料理・・・あるのかもはてなマーク

 

 次の機会があればぜひビックリマーク

 

 

 

もうそろそろ胃袋満タンですが・・・

大きなタジン鍋が運ばれてきました!?

 

「お野菜が多いので頑張ってください」・・・ってお宿の方の応援です(笑)

 

地野菜、契約農家さんの物だそうです。

白身のお魚とタコ、三種のソースで。

何もつけずに・・・お野菜が甘くて美味しい♪

 

  (そういえば我が家に頂き物のタジン鍋、一度も使わないままだぁあせる

 

 

 

 

淡路牛のステーキ

 

 胃袋を激励しながら(笑)・・・

 あら! 赤ワイン!・・・アルコールの胃袋は別にあります(アハハ)

 

 この後、ご飯、赤だし、デザートと続くのですが、

 私はご飯と赤だし・・・パス、

 夫はデザート・・・パスの胃袋状態。

 

 デザートは南瓜のプリン、結構大きな器であせる

 完食ならず・・・ゴメンナサイ。

 

 外ご飯で私たち夫婦が一番気になるのが塩分。

 塩辛い物が苦手です。

 今回、すべて薄味、素材が生かされた調理でありがたかったぁ。

 ご馳走様。

 

 

 

満タンの胃袋をさすりながら・・・

階段をゆっくり登って・・・

 

一休みすれば何時だって自由にお風呂を楽しめます。

チャポンビックリマーク・・・と何度、お湯に浸かったことやら。

「極楽、極楽」

 

 

 

そうそう、この日はワールドカップ、日本の侍たちの応援!

結果、残念でしたが・・・

淡路島で、真夜中のサッカーTV観戦・・・

思い出深い夜となりました。

 

そして・・・私・・・この日で67歳あせる

 

 

ランキングに参加しています。

応援、ポチッとお願いします。 

 

  
レシピブログに参加中♪