こんにちは。

 

お久しぶりの方は、お久しぶりです。藤並です。

初めましての方は、初めまして。

 

 

皆さん、お元気ですか?

今、新型コロナウイルスが世界中で蔓延していますね。日本も様々な対策を行っている中、本日残念なニュースが入ってきました。

 

 

 関係者によると、東京都で4日、新たに118人の感染者が確認された。1日あたりの感染者としては初めての100人超えとなる。都内で感染が確認された人は合わせて892人になった。(ANNニュース)

 

東京都で新たに118人が感染 1日での感染者が初めて100人を超える

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200404-00010011-abema-soci

 

ついに…と言ってはなんですが東京都で118人、初めて1日での感染者が100人を超えました。

もちろん、過去最多の感染者が判明したことになります。

 

そして、更に恐ろしいのが、これはコロナウイルスの潜伏期間を挟んだ数字であることということです。というのも、コロナウイルスには約二週間の潜伏期間があるので、この118人という数字は二週間前に感染した数字、ということになります。

 

先々週は三連休を挟んだこともあり、少し気のゆるみがあったと思われます。このままいくと、感染者が増えるのは必至です。

 

 

さて、そんな状況下で皆さんが気になっているのは、

「緊急事態宣言が発令されるのはいつなのか」というのがあると思います。

 

私は昨日、ツイッターで「明後日までには発令されるのではないか」という見解を示しました。

 

その根拠は、おとといと昨日で安倍首相の発言のニュアンスが変わっていたことです。

 

おとといは、「現時点で出す状況ではない」と国会内で答弁していましたが、

昨日は「必要ならば、躊躇なく判断する」と、発令をにじませるような発言を行っていました。

 

また、今回東京で118人の感染が判明しましたが、東京で60人の感染が判明した時、

倍増したら緊急事態宣言の発令を考えるとの考えを示していました。

 

もちろん、今日明日は休日ですから、この休日はひとまず乗り切って月曜日以降に発令という可能性もあるかと思います。

しかし最終的には政府が決めることですから、まだ何とも言えないのが実情です。

 

 

もしかしたら、今日の夜発令される可能性もありますからね。

 

 

また、この緊急事態宣言が発令されることによって何が起こるのかについても考えていきたいと思います。

 

この緊急事態宣言、皆さんはこれにより何かが変わると思っていると思いますが・・・

 

実際はほとんど、現状と変わりません。

 

海外で、「都市が封鎖された」、「外出制限」などの対策がかなり報道されていますが、日本は法律自体がかなり人権を重んじているので強硬な施策はできません。ほとんどが現状維持です。

 

具体的に、何が可能になるのでしょうか。

 

緊急事態宣言が発令されれば、まず都道府県知事は外出自粛の要請を行うことができます。あくまで要請なので法的拘束力はありません。

 

また、イベントの中止や施設の閉鎖も要請はできますが罰則はありません。

 

唯一強制的な権限を持つのが、患者急増に対応する臨時医療施設の開設の為に、都道府県知事は土地や建物を所有者の同意がなくても使用できるということです。

 

主にこの三つとなります。ではこれだけ”緩い”緊急事態宣言をなぜ出す必要があるのか。

 

それは、国民の意識を高めることにあると私は考えています。

 

”緊急事態”宣言ですからね。文字からしてなかなかのネームバリューがあります。

 

国民の多くが、緊急事態宣言が発令されることによって

「あ、今は緊急事態なんだな」

と、今まで以上に外出の自粛などの意識を高めることができる筈です。

 

 

現在、東京都の小池知事や大阪府の吉村知事らが緊急事態宣言の発令を求めています。

もちろん、私も法的拘束力は少ないものの、国民の意識を高めることができるという面で発令に賛成しています。

 

東京五輪が延期になり、経済への影響も避けられませんが、ここはひとつ大英断をする時期に入ってきているのではないかと思います。