国際空手道連盟 極真会館 千葉県南支部 ちはら台道場

国際空手道連盟 極真会館 千葉県南支部 ちはら台道場

極真空手創始者である大山倍達総裁の第19期内弟子として若獅子寮を卒寮した米田豊三段が責任を持って稽古致します。【人間誰でもやれば出来る!出来ないのではない!やらないのだ!】という大山倍達総裁の言葉を胸に一緒に頑張りましょう!

こんにちは

千葉県南部を中心に極真空手を普及する千葉県南支部 ちはら台道場です😊

子供はもちろんのこと、大人の方も入門は大歓迎です!



昨日、友人である施術仲間の先生が新しい院を都内広尾に開院するとの事で遊びに行ってきまして、色々な施術談義をしました。

その中で施術のやり方は何でも良いという話と同時に本質を見つける話になりました。


その時にこんな話を思い出しました。


私が習っていた刀の先生が、型稽古をする際に生前強く仰られていた教え・・・


お前は生きるか死ぬかの戦いをしているときに格好つけられるのか?

型は生きるか死ぬかのやり取りの中で生まれてきたものなんだよ!

呼吸音や◯◯の時に踏み込んだ足の角度がどうのこうの・・・そういうのはな、相手の体格や自分の体格にもより、結果◯◯度になるわけだろ・・・それで良いんだよ


という事を仰っておられました。


亡き先生の家は武家であり、戦国時代の小田原の北条氏に伝えられていた剣術を教えておられました。

もう先生がお亡くなりになり、15年近く経ちますが、昨日のことのように思い出します。


故に私も自分の生徒には型については同じように教えております。


生前先生から、「そろそろ体術(関節をとったり投げたりする技術)を教えよう!」という時にお亡くなりになってしまったのが心残りですが・・・


自分なりに剣術の型や空手の型の中からパズルを解くように稽古しておりました。


最近、柔道から総合格闘技に転向した人と知り合う機会もあり、ちょっと私も稽古のヒントとしてやってみたくなりました🤔


武道も医道も両輪と捉え日々精進いたします!

現在稽古場所としてお借りしている、ちはら台南中学校武道場が3月末まで耐震工事中につき、ちはら台コミュニティセンターにて稽古しております🥋


入門についてのお問い合わせ

080-9978-1870(米田)