秋は肺の季節

テーマ:

こんにちは。

朝夕の気温が大分涼しくなり、季節はすっかり秋になってきました。今年は猛暑や台風の影響で、気温も乱高下した日もあり、例年に比べ体調を崩しやすいという患者さんも多くいらっしゃいました。季節の変わり目、出来るだけ早く自然の流れに身体を調和させ、健やかに日々を過ごしたいものです。

東洋医学では一年を5つの季節に分けていて、春…肝、夏…心、土用…脾、秋…肺、冬…腎、となっています。そして、今の季節は“肺”の季節となります。中国最古の医学書と云われている『黄帝内経』の中に、「秋は健康な人は肺がより活発になるが、弱っている人は肺を傷めやすい時期である」とあります。

秋の長雨が終わり、乾燥が始まると身体が乾き、皮膚の収斂が季節に追いついておらず、体温調節ができないと、燥邪が身体に入りこみ呼吸器や肌肉に影響を及ぼしやすくなります。鼻炎やアトピー、喘息の発作もこの季節が多いとされています。

日頃摂取するものを温かいものに切り替えて、旬のものを食べて自然の良い気を頂きましょう。南瓜に蓮根やさつまいも等の根菜類、生姜も身体を温めるのでいいですね。それと日本人は、この季節は新米ですね。

紅葉紅葉、食欲の秋栗、スポーツの秋走る人、読書の秋を楽しむためにも、季節の変わり目に自身の生活を見直してみませんか?

では、次回のブログもお楽しみに~月見ハロウィン