おはようございますクローバー

今日も朝からめちゃめちゃな豪雨ビックリマーク

あまりの豪雨で、朝から水あげのポンプが作動せず、四苦八苦しております。

水あげが出来なければ、40トンスケールのコンピューターが壊れてしまいます。

それこそ「えらいこっちゃ」です!

この異常気象とコロナ、大変です。

皆さんも気を付けてくださいね。

 

今日は、「顔は心の窓」ーーー顔を見ればその人がわかる

どうぞ聞いて下さい。

致知出版社 「人間力メルマガ」より 『平澤興講話選集 「生きる力」』より

 

いつも申します通り、身体の中で、はだかになっておるのは顔だけであります。

 

化粧をしましても、塗るだけでありますから、

それは目の慣れない人から見れば、ひととおり綺麗でありますが、

化粧の美は本当の美ではありません。

 

慣れた目から見ますというと、化粧も遠くに飾っておれば結構ですけれど、

話をして、一度か二度笑わせてみれば、その人のもとの顔が出るのであります。

ごまかすことはできません。

 

一度笑わせたあとに、一番もとの顔になります。

鬼のような顔は上手に笑っても、きれいな顔が笑っても、

笑ったあとの瞬間の表情を、顔を見れば瞬間であります。

 

もとの顔であります。これはおそろしいものであります。

ですから私、いつも申します通り、

ごく大事な人事には書いた履歴書はとりません。人からも聞きません。

 

人から聞いても、その人の言うことはあてになりません。

書いたものもあてになりません。

 

なぜなら、昔はちょっと面白くなくて罪を受けた、罰を受けたという人でも、

それを通り越して、乗り越えて、さらに立派な人になっておるんなら、

昔のことを責めることはないと思うのであります。

私はそう思います。

 

むしろ昔間違いをおかして今日は普通の人より偉くなっておるという、

その人の努力はたいしたもんであります。

 

私は大学におります時も、重要な人事は決して人に聞きません。

人に聞きますというと、本当にいい人が悪口を言われる場合があります。

 

書いたものを見ても、なんだか途中に妙なところがあります。

そんなものに気をとられますと、適切な人事はできません。

 

まず、真っ先に会う。

会ってしばらく話をしておりますと、これはもう、誰がどう言っても確かであります。

 

まぁ決してということが言えるかどうか、私の経験の範囲内では、

私は幸い 「決して」という思い、間違いをしたことはありませんでした。

 

これはいい人だと思ったのに、後から「なんと」ということは、一度もありません。

しかしまぁ、私は幸運であったと思います。

だから、決してとはよう言いませんけれども、まず間違いはないのであります。

 

顔ははだかであります。

顔は心の窓であります。

心がちゃんと顔に出ておりますから、自信とかそんなものとは違います。

 

 

チューリップ赤チューリップ赤チューリップ赤チューリップ赤チューリップ赤

 

チューリップ赤チューリップ赤

今日も笑顔100万トンで、
GO!GO!HAPPINESS

読んで頂いて、ありがとうございます。  <(_ _)>

 

 

皆さんビックリマーク コロナに負けないで!! ニコニコ

 

 

 

 

 

おはようございます虹

今日の朝、

4時前ぐらいですがバケツの水をひっくり返したぐらいの雨。

その音にびっくりしました。

おまけに雷も。。。あまりの豪雨で神戸も警報が。

この異常気象に被害が出ないことを祈りながら出社しました。

 

今日は、「星野修さんおメルマガ」より 繁栄の法則その2 北川八郎より

『なせる善(サービス)をすべてしているか』というお話を。。。

どうぞ聞いて下さい。

 

広島でコーヒーショップの展開を図る吉野さんが行き詰まっていました。

 

ある時から急にお客さんが減り始めたのです。

吉野さんは物事を深く考えるのが苦手で、本も嫌いでした。

 

その吉野さんに 「なせる善はすべてなせ」を学んでもらいました。

「わからない!」と言われました、

次に 「今なせるサービスはすべてなせ」と社員に伝えて話してもらいました。

 

「なすべきサービス」と 「なせるサービス」は違います。

 

なすべきサービスは山ほどある。 それは尽きない。

もっともっと善意は広げられる。

 

でも、今はできるサービス(なせるサービス)から始めて

「なすべきサービス」の山を崩していくのです。

 

中心は善意と感謝・人の笑顔、そして 「温かさ」・・・・

いい客も悪い客も、 「とにかくウエルカム」で接客してゆく。

 

吉野さんは、ゆったりと生きてきた社員に対しては

半ば強引にお客様サービスを徹底し始めたところ、

わずか半年で変化が起こり始めました。

 

お客様から 「ありがとう」 「すごくよくしていただきました」と

直接担当した社員が言われるようになったのです。

 

そして五つの変化が起きたのです。

 

1、 社員がサボらずビシッとし始めた。 遅刻がほとんどなくなった。

 

2、 仕事にやりがいを抱き、「ありがとう」と心から言われて、

   ますます人々へのサービスを楽しむようになった。

 

3、 今まで自分が勤めている会社の 「名を誇らなかった」社員が、

   この会社に入れたことを誇れるようになった。

   周りの人に胸を張って自分の会社名を告げるようになってきた。

 

4、 この仕事が社会の役に立っている、

   必要にされていることに社員が 「お客様から気づかされ」・・・

   「いい会社なんだ」と仕事に誇りを使命感を持つようになった。

 

5、 社内外の掃除に積極的に参加してくれるようになった。

   そして会社の存在が公共性をもつようになった。

 

吉野さんの始めたサービスは難しいことではありません。

お客様に喜んで迎える心、

こちらから先に投げかける笑顔を毎日もったこと、

徹底した社内掃除、店の周りや近くの神社の掃除もした。

 

 

チューリップ赤チューリップ赤チューリップ赤チューリップ赤チューリップ赤

 

 

チューリップ赤チューリップ赤

今日も笑顔100万トンで、
GO!GO!HAPPINESS

読んで頂いて、ありがとうございます。  <(_ _)>

 

 

皆さんビックリマーク コロナに負けないで!! ニコニコ

 

 

 

 

おはようございます虹

中々豪雨が収まりません。

あまりにも集中豪雨なので、被害も多大になりそうで、怖いです。

何よりも人命が大切なので。。。

被害が少なくなることをお祈りするだけです。

皆さん、重々気を付けてください。

 

今日は、メルマガ 「人の心に灯をともす」より、

「人から悪態をつかれたとき」 小林正観さんのお言葉です。

どうぞ聞いて下さい。

 

もし皆さんが家に帰って、夫(妻)から 「お前(あんた)バカじゃないの」と

年間400回ぐらい言われているとします。

 

すると皆さんは 「バカ」と言われると瞬間的にムカッとして頭にくるでしょう。

 

それを今日の今この瞬間に 「バカと言われると嬉しいのよね。

バカと言われるたびに私、元気になってエネルギーが湧いてくるのよね」と思ってみてください。

 

自分でそう決めてしまうのです。

すると、本当に 「バカ」と言われるたびにエネルギーが湧いてきます。

 

では、私が皆さんにこれから五つの悪態(あくたい)をつきます。

皆さんは何を言われてもニッコリ笑って 「ありがとう」と言ってください。

 

そして、

「今これからどんな悪態を聞いても、それは全部自分にとってよいエネルギーになって

自分を元気にしてくれるんだ」と思ってください。

 

さぁ、今、そのスイッチをカチッと入れてください。

 

用意、カチッ!入れました。 入れましたか?

では、5つの悪態をつきますよ。

それを全部、 「ああ、うれしい。 ああ元気になる。 ああすばらしい言葉だ」と思うのですよ。

では、行きますよ。

 

やーい、 一重まぶた。

やーい、 二十あご。

やーい、 三段腹。

やーい、 四十肩。

やーい、ゴージャスなウエスト回り。

 

どうですか?

元気になりましたか?

元気になったでしょう!

 

今のように悪態をつかれたときに、 「そういう言葉を聞くと、私、元気になるのよね」と

いうふうに自分で決めてしまうと、人間の体は全部そうなります。

 

つまり、痛みが痛みとして独立して存在しているのではなくて、

自分の受け取り方で物事がすべて変わってしまうのです。

 

人間の体の高度な機能というのは、これほどすごいものなのです。

 

『宇宙を味方にする方程式』 致知出版社

 

チューリップ紫チューリップ紫チューリップ紫チューリップ紫チューリップ紫

 

『おしえて!イチロー先生』という元プロ野球選手のイチローさんが答える動画シリーズがある。

 

その中に、 「他人から嫌われるのは怖くないですか?」という質問があった。

 

イチローさんの答えは。。。。

 

「僕、他人から嫌われるの大好きなんですよ。

 

大好き。

 

だって、その人たちは僕に対するエネルギー、半端ないでしょ。

興味がないことが一番辛いんですよ、僕にとっては。

無関心が一番辛いですね。

大嫌いと言われたらゾクゾクしますよ。」

 

昨今、ネットでは多くの誹謗中傷がある。

匿名性がそれを助長している。

 

身元が特定された人は、たいてい 「軽い気持ちだった」などという。

 

ほとんど犯罪行為だが、

これと相対するには相当の時間がかかることを覚悟しなければならない。

もちろん、法的手段も必要だが、解決までの長い時間に心が折れないことが大切だ。

 

心が折れないためには。。。

 

小林正観さんのいう、まず、ニッコリ笑って 「ありがとう」という。

 

そして次に、

「今これからどんな悪態を聞いても、それは全部自分にとってはよいエネルギーになり、

楽しいエネルギーになって自分を元気にしてくれるんだ」と思うこと。

 

あるいは、イチローさんのように

「大嫌いと言われるの大好き。 言われるとゾクゾクする」と思うこと。

 

人から悪態をつかれたら。。。

 

「ありがとう」 「楽しくなる」 「元気になる」 「大好き」 「ゾクゾクする」と言う、

言葉のスイッチをカチッと入れたいですね。

 

 

 

チューリップピンクチューリップピンクチューリップピンクチューリップピンクチューリップピンク

 

 

チューリップ赤チューリップ赤

今日も笑顔100万トンで、
GO!GO!HAPPINESS

読んで頂いて、ありがとうございます。  <(_ _)>

 

 

皆さんビックリマーク コロナに負けないで!! ニコニコ