こんばんは。

 

東京都議会議員(品川区選出)の

森沢きょうこです。

 

今回の

新型コロナウィルス感染症の関連で

心配なので

すでに決まっている4月入園を

一時的に延長できないかという

ご相談をいただいたところから始まった

一連のお話。

 

内閣府が自治体に対し「育休一時延長」への柔軟な対応を通知!

↑こちらで示された見解が、
昨日、厚生労働省のホームページに
掲載されました!!
 
 
(しかし該当部分に非常にたどりつきにくい叫びHPの構成…)

今回も、

この件で、

厚労省との協議をしてくれた

山下雄平参議院議員が

解説してくれていますが、

 

改めて、

 

「子供が1歳になるまでは法律上の権利(企業側にとっては義務)として育休延長が認められます。1歳を超えた場合は法律上の育休延長の条件はさまざまですが、たとえ保育所不承諾通知がなくても企業が独自に育休延長を認めることを禁止するものではありません。(厚生労働省Q&A「各企業において独自に休業を認めることは差し支えありません」)ただ、この場合は育児休業給付金の対象外となります。」(山下雄平議員ブログより)

 

ちなみに、

区市町村から登園自粛要請がある場合と

自主的に登園自粛した場合で

若干違います。

 

厚労省ホームページを見てみましょう目

 

<自主的に保育所への登園を自粛した場合の育児休業の延長>問14 のところです。

 

子どもが1歳又は1歳6か月になるときに、引き続き育児休業をしたい旨労働者から申出があった場合、申出を認める必要はありませんが、各企業において独自に休業を認めることは差し支えありません。なお、こうした法を上回る対応により認められた休業期間については、育児休業給付金は支払われないためご留意ください。
 
このほか、労使の話し合いにより、例えば子どもが2歳以上の場合などについても独自に休業を認めることは差し支えありません。なお、こうした法を上回る対応により認められた休業期間については、育児休業給付金は支払われないためご留意ください。
労働者の雇用が継続されるよう、柔軟なご対応をお願い致します。

 

<保育所への登園自粛を要請された場合の育児休業の延長>

問13のところです。

<子どもが1歳又は1歳6か月になるときの場合>
子どもが1歳又は1歳6か月になるときに、引き続き育児休業をしたい旨労働者から申出があった場合、育児休業(1歳からの休業は最長1歳6か月まで又は1歳6か月からの休業は最長2歳まで)を認める必要がありますなお、引き続き休業した期間についても育児休業給付金は支払われます。
 
このほか、労使の話し合いにより、例えば子どもが2歳以上の場合などについても独自に休業を認めることは差し支えありません。なお、こうした法を上回る対応により認められた休業期間については、育児休業給付金は支払われないためご留意ください。
労働者の雇用が継続されるよう、柔軟なご対応をお願い致します。

 

 

 

 

引き続き、

何か気になることがありましたら

コメントやメールなどでお寄せください。

 

*公式ホームページ*

http://kyokomorisawa.jp

流れ星「無所属 東京みらい」公式ホームページ下矢印

https://tokyo-mirai.net/

 

----------

キラキラ誰もが産まれて良かったと思える世界一輝く都市へキラキラ

東京みらいビジョン2020

 

東京都議会議員(品川区選出) 森沢きょうこ

 

日々の活動や都議会に関するニュース情報など更新!

image

プライベートを含めカジュアルに更新♪

image

連絡先: info★kyokomorisawa.jp 

(★を@マークに変えて)