令和4年1月8日(土)


圧倒的な影響を受ける時、

むかし聞いた「ビビビ婚」という言葉を思い出す。

ビビビと電流が流れたみたいに影響を受け、今すぐ頑張ろうと思える場所。


流政之美術館。

香川県庵治町にある日本一入場料が高いと言われる美術館。

2018年に流政之氏が亡くなり、その後、彼のアトリエ兼自宅が美術館として公開されている。

初めて訪れたのは3年前。

それから2021年には3回訪問した。

ここから見える瀬戸内海は信じられないくらい美しい。


流氏の作品に対する想いやそこにかける情熱を聞くたびに、自身の仕事と重ね合わせ、もっと頑張らないと!もっと出来るはず!もっともっと!という気になるのだ。


彼の生き様はとても美しく、カッコいい。

そんな彼の考えや生き様を流氏と共に作品作りに勤しんだ石匠たちが聞かせてくれる。

今まで春夏秋冬すべての季節の美術館の空気を吸ってきた。



この壁をこんなに素敵な黄色にする流氏の感性の素晴らしさよ。

生前は気が向けば、壁の色を変えていて、前は黄色ではなかったらしい。


木々の植え方も計算されていて、とても美しい。

この美術館、なんと貸切にできるそう。

金額を聞いたら、驚きというか納得というか、、

、なかなかのお値段ではあったが、

いつかここでパーティーを開いてみたい。

頑張って働いて、ここで私主催のパーティー開きたい。

直近の私の夢。


INTERIOR DESIGN PUPILLA

https://kagawa-interior-design.net/