令和3年5月19日(水)


フリーランスのインテリアコーディネーターとなったのは7年前。


万端の準備をして、ではなく。

燃え尽き症候群みたいに前の会社を辞め、

たまたま一緒にお仕事しない?とお声がけ頂いたから始めたという感じで始まった

私のフリーランスインテリアコーディネーターの日々。

仕事があるのか?などという不安や

これからどうしていく?などという事はあまり考えたことがなかったように思う。


元来、楽天主義なところがあり、

私の今までの人生、紆余曲折が沢山あり、

それでも何とか生きているし、

結構幸せだし、色んな事はあれど少々のことは

大したことのないこと、という気持ちがいつも心の隅にあるからかも知れない。


そしていつもどうにかなってきたし、

悩んでいてもそのうち、まぁいっか、死ぬ訳じゃないし!

と悩むのを辞めるのも私の人生にとって、なかなかに功を奏しているように思う。


そんな訳で急遽決まったフリーランスの日々。


あ、屋号何にしよう?


取り敢えず名刺作らなきゃいけないし、屋号がいるわ!と。


これには結構悩んだ。

人の屋号って何か色々と想像するし。

うーむ、うーむと悩んだ結果、ある事を思い出した。

今から10数年前に海外視察旅行をご一緒したフリーランスインテリアコーディネーターの方に名刺をいただき、その名刺も屋号も印象的で素敵だったので、まだ会社員だった私は興味津々で聞いてみたのだ。

「この屋号にされた理由は何ですか?」と。


そうすると思いがけないというか、想像していなかった答えが返ってきた。

「娘が一人いてね、娘の名前から一文字取って付けたの。」


えー!!!

おー何か素敵ー!!

その方がバリキャリ!すっごい出来る女性という雰囲気だったので、たぶん尚更。

こんな出来る感じの方がお嬢さんの名前を一文字とか!?何か泣ける!素敵!!



私ももし。万が一将来フリーランスになることがあったら、真似しよう!と強く思った。

その時にはフリーランスになるなどとは頭の片隅にもなかったけれど。


それから時を経て。

真似をする時が突然やってきたのだ。


娘の名前は「瞳」。

これをどうやって結びつけようか、、、かなり悩んだ。

瞳、HITOMI、EYE.....色んな国の瞳を調べた。

そして付けたのがイタリア語の瞳。

何でイタリアかって、響きが良かったのと、

その時に一番憧れていた国がイタリアだったから、笑。

単純。


PUPILLA(プピッラ)

日本語の発音では、ピとラの間に小さなツが入ると発音しづらいので、小さなツは省いて。

今まで瞳っていう意味だね!とこちらから何を言わずとも気付いてくれたのは一人だけ。

取引先の工務店に勤務されているイタリア人の彼だけ、笑。

日本人にも何度か意味を聞かれた事はある。

その度に娘の名前を、、、と説明すると、ちょっと皆んな感動してくれる。

私が娘の名前を使うなんて想像もしなかったから感動した、というのだ。


何で?笑笑


恐らく10数年前に私が感じた気持ちと同じなんだろうと思う。


今日は新しい家具お迎えの日。

張り替えたソファとベンチとテーブル。

全部無事にやってきた。

PUPILLA新事務所計画、着々と進行中。

今朝、丸坊主になりかけていた観葉植物からも新しい芽が出ていた。良き日❤️

特にPUPILLA記念日ではない。


INTERIOR DESIGN PUPILLA

http://kagawa-interior-design.net/