令和2年12月14日(月)

昨晩の睡眠時間は1時間半。
仕事頑張っているアピールをするつもりは全く無い。いつもギリギリまで出来ない、ただそれだけ。
ギリギリになっているのに、私ってば、しつこい。
ここが気に入らない、あそこが気に入らない、人から見ると多分どうでも良いところに異常に拘る。
それでいつもギリギリ。
こだわり過ぎた結果、昨晩の睡眠時間が1時間半だったのだ。

先日、敬愛する先輩と話をしていた時、私より少しお姉さんの先輩は
「幾つになってもギリギリよ」
と言っていた。

こんなに活躍している人でも同じなんだ!と嬉しくなったと同時に、あと何年経っても一緒なんだ、と哀しくもなった、笑。
ベテランになったら、もっともっとサラリと仕事って出来るものなのよね?と思っていたのだ。

しかし先輩曰く、

「幾つになってもサラリとは出来ないわ。自信満々になんて全然なれない。でもギリギリでもすごく上手くまとまった時、私って天才!って思うし、全くプランが思い浮かばなかったら、私って向いてないかもってこの歳になっても思うのよ。」

そうか、、、この仕事を続けている限り、常に何かに追われるギリギリ生活は変わらず、幾つになっても追われているんだ。おぉ、、、。

いやそれより!
昔から私が思っていた事を、サラリと先輩は言ってのけた。

「幾つになっても自信満々にはなれない」

おおお!!
せ、先輩!わたし昔からそれ思ってたんです。
むしろ自信満々になったら、もう終わり。
その人の成長はそれで止まる!昔からそう思っているんです!!

自信がつくのは良いこと。
でも自信満々はちょっと違う。

新しい事を始める時は、幾つになってもちょっと自信がない。
自信はないけれど、勇気を振り絞って決行するか、今までの経験をつなぎ合わせて試行錯誤しながら決行するか。
古き良きものに目を向けつつ、常に新しい事に挑戦する。私が仕事をする上で、大切にしていること。
自信満々で何かをやる時、私にとって、その何かは多分、新しいことじゃないんだ。そうじゃなきゃ自信満々になれっこない。
言い換えれば、常に自信満々で仕事をし始めたとしたら、もう新しい事をしなくなった時。
私が大切にしているものを、大切にしなくなった時。
きっとそれは私の潮時だ。。。なんて忙しそうにしながら、常々小難しく考えている。。。だから時間なくなって、ギリギリなのか?

ところで最近、睡眠時間は短いし、空気は乾燥しているし、エステには行けてないし、目の下の皺がとっても深い。
マスクの圧で少し皮膚を押されるもんだから、更に深い。
マスクごときの圧力に押されてしまう自分の肌が何とも哀しいが、そこはもう嘆いても仕方ない。美しくいるために、努力するのみ。


努力1、泡で優しくお顔を洗う。こすらず優しく洗う。朝晩10分くらい。


努力2、蒸気でお顔パック20分くらい

努力3、毎朝30分のお化粧水パック

努力4、最近買ったヘッドスパで頭皮マッサージ

努力5、週一の炭酸パック


これだけする暇が有ったら、早く寝なさいよ!
と自分に突っ込みたい。笑

しかしきっと変わらない。
結局、私はこの仕事も美容のことも好きなのだ。
だからこそ時間を掛けられる。
辞められない、止まらない^_^
自信はないけれど好き。

この気持ちも大切にしたい事のうちの一つ。

INTERIOR  DESIGN PUPILLA