こんにちわんこ🐶

睡眠と中医学の専門家の依
依田恭平(よだきょうへい)です照れ

 

 

 

 

今回は前回に引き続き生理痛のお話ウインク

 

 

 

 

前回の話はこちら

 

【刺すような痛みの生理痛】①生活習慣による瘀血タイプ

 

 

 

 

【4つの生理痛タイプ】

 

①生活習慣による瘀血
②冷えによる瘀血(陽虚:陽が虚す→冷えるということ)
③気滞(自律神経)の瘀血
④気と血不足の瘀血

 

※瘀血とは血がドロドロの状態のことです。

 

 

 

今日は、

②冷えによる瘀血タイプ


冷えると生理痛が悪化し、温めると和らぐのが特徴です。

 

 

陽虚と言われる状態で
簡単に言うと
体の熱エネルギーが不足しているタイプですあせる

 

 

 

生理痛の特徴としては

ギューっと締め付けられるような痛み。

 

 

 

 

冷えると、血流が悪くなるので

基本は冷やさずに温めることビックリマークビックリマーク

 

 

 

特に生理中は

冷やさないことがとても大切です。

冬だけでなく夏の冷房にも注意。

 

 

 

温める場所としては、お腹もなんですが

特に腰回りを冷やさないようにしてくださいお願い

 

 

 

 

服装にも冷えが

起こらないように心がけましょう。

 

 

 

【食事養生】

温かい根菜スープや紅茶

生姜、シナモンを加えて見るのもおすすめ

 

 

【その他】

・お風呂には毎日10分程度浸かる

・腹巻きは非常に有効。

 

 

【漢方】

・温経湯

・婦宝当帰膠

etc...

 

 

 

このあたりが対策なりますウインク

 

 

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

気の話に興味を持った方はぜひ中医学を学んでください♪

あなたのご参加お待ちしております!!

 


↑詳細はこちらの画像をタップ↑

 

 

 

音譜こちらもよろしくね音譜

 

仕事や活動、お仕事依頼はこちらからイヒ

 

 

 

LINE@で睡眠や中医学の情報を2日に1度配信中♪


睡眠と中医学の専門家

依田恭平

こんにちわんこ🐶

睡眠と中医学の専門家の依
依田恭平(よだきょうへい)です照れ

 

 

 

 

今日は生理痛についてです!

 

 

 

中医学を発信している方で、

生理痛・女性疾患を

扱っている方は結構多いのですが、

 

 

今日は私の見地で書いてみますねウインク

 

 

 

現代医学だと、

どうしても生理痛という一括りに

されてしまうケースって多いので

 

 

 

症状や特徴で

『どのタイプの生理痛なのか?』が

分かればもっと対策を打ちやすいですよね真顔真顔

 

 

 

てなわけで何日かに分けて書いていきます。

 

 

 

【4つの生理痛タイプ】

 

①生活習慣による瘀血
②冷えによる瘀血(陽虚:陽が虚す→冷えるということ)
③気滞(自律神経)の瘀血
④気と血不足の瘀血

 

※瘀血とは血がドロドロの状態のことです。

 

 

 

今日は1番の生活習慣タイプの瘀血について!!!!

 

 

 

①生活習慣による瘀血タイプ


運動不足や喫煙、
不眠など血行が悪くなる生活習慣を
長年送っている人がなる

 

 

典型的な瘀血がこれ!

 

特徴としては、とにかく痛みが強い。

 

 

・キリキリ痛む

・刺すような痛み

・出血量が多い

・血が黒ずんでいる

・ドロッとした塊のような血が多く出る

 

 

読んでいるだけで大変そうですあせるあせる

 

 

このタイプは、生活の悪習慣で

血流の流れが悪くなっているので、

血流を改善する食材を摂りましょう。

 

 

イワシやアジ、サバ、カツオなどの

青魚に含まれている

 

 

DHA(ドコサヘキサエン酸)や

EPA(エイコサペンタエン酸)は

血液をサラサラにする効果がありますグッド!グッド!

 

 

 

またホウレンソウやトマト、

ネギ、タマネギ、青シソなどの野菜には、

血小板の凝集を抑制し、

血液をサラサラに保ちますウインクウインク

 

 

ほかには、海草類、キノコ類、大豆製品も効果的です。

 

 

また、体を冷やしても痛みが強くなるので

冷たいものや生ものは極力避け

 

・玉ねぎ

・ネギ

・ニラ

・にんにく

etc…

 

これらを火を通して食す事がポイントです。

 

 

小量でも毎日のメニューに取り入れて、

バランスよく摂取するようにしてください。

 

 

一番大切なのは、

悪しき生活習慣の積み重ねによるものなので

生活習慣の見直しや改善は必須です

 

 

『病は1日にしてならず』

ということわざがある通り

 

 

劇的に改善する魔法はないので、

運動や入浴、マッサージなど

少しずつ改善していくことが必要です。

 

 

睡眠負債という言葉が

昨今流行っていますが

 

 

 

瘀血の借金を返していくことも

これまた同じことです。

 

 

 

漢方薬はそれを応援してくれるものと認識し、

上手く取り入れるのも良いでしょう。

 

 

 

桂枝茯苓丸、血府逐瘀丸、

冠元顆粒などがこのタイプに使われます。

 

 

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

気の話に興味を持った方はぜひ中医学を学んでください♪

あなたのご参加お待ちしております!!

 


↑詳細はこちらの画像をタップ↑

 

 

 

睡眠と中医学の専門家

依田恭平

 

 

 

音譜こちらもよろしくね音譜

 

仕事や活動、お仕事依頼はこちらからイヒ

 

 

 

LINE@で睡眠や中医学の情報を2日に1度配信中♪


睡眠と中医学の専門家

依田恭平

 

睡眠と中医学の専門家の
依田恭平です!

 

 

image

 

 

 

3月8日に私が理事を務める

睡眠栄養指導士の初級講座を開催します!

 

 

【申込はこちら】

http://nutrition-sleep.com/7days_lesson/yd/

 

 

 

中医学の投稿が多いですが、

本職は睡眠の専門家なのでウインクウインク

 

 

 

それにしても、睡眠って今本当に悩んでいる人多いですよね。

 

 

 

ただ、それよりも
自分が悪い自覚のない人の方が
圧倒的に多い真顔(特に男性)

 

 

 

 

多くの人は寝付きに問題がなければ

 

 

 

 

「睡眠?ああ、僕は大丈夫さー!」

 

 

と思ってるのですが、
ここに落とし穴があります。

 

 

 

 

例えば、寝付きまでが5分以内の人って

これは寝付きが良いのではなく

 

 

 

疲れすぎなのです

 

 

 

 

つまり、疲労が蓄積した結果

自分で自分の睡眠をコントロールできない状態

 

 

 

 

いわば気絶に近い状態なんです。

(私はこれをバタンキュー型と呼ぶww)

 

 

 

 

こう言う人って、睡眠時間が短いのか

もしくは、睡眠の質が悪いのか

 

 

 

 

いずれにしても、睡眠負債が蓄積しているので、

体には色んな症状が出ているはずです。あせるあせる

 

 

 

 

例えば、朝が起きられない

日中に眠くなると言う睡眠の問題以外にも、、、

 

 

 

 

・些細なことでイライラする

・肌荒れ(消えないクマ)

・太りやすい

・集中力・記憶力の低下

・物忘れ

・情緒不安定

etc…

 

 

 

 

上げ出したらキリがありませんが

確実に日常で何かしらの問題が
起こっているでしょう

 

 

 

睡眠を疎かにした場合

大病として体に現れるのは

20年後と言われています。

 

 

 

 

また、以前渋谷のIT企業に

睡眠のコンサルをした時なんですけど

 

 

 

 

その職場は離職率がとっても多かったんです。

 

 

 

 

聞くとスタッフ間で

些細なことで言い合いが絶えないようで

常に人間関係のトラブルがありました。

 

 

 

これ、実は性格の不一致とか

コミュニケーションが下手とか

 

 

 

そう言うことが問題なのではなくて

実は、睡眠が悪いことによって

イライラしやすかっただけなんですよね。

 

 

 

 

睡眠を疎かにすると

他人を敬う気持ちと自尊心が低下すると言う

文献・論文もありますから。

 

 

 

 

日常に溢れる人間関係のトラブルって

全て睡眠で解決できます。

 

 

 

でもこれはほんの一部であって

仕事、健康、美容、メンタル、人間関係、お金

 

 

 

あらゆる問題に睡眠は関わっています。

 

 

 

 

この辺、医療従事者の人だけでなく

会社員や管理職の人も

知っておいて欲しいなーと思いますグッド!グッド!

 

 

 

 

3月8日

10時から新宿で行うので

良ければ参加してみてください。

 

【申込はこちら】

http://nutrition-sleep.com/7days_lesson/yd/

 

 

 

ではでは!!

 

 

 

睡眠と中医学の専門家

依田恭平

 

 

気の話に興味を持った方はぜひ中医学を学んでください♪

あなたのご参加お待ちしております!!

 


↑詳細はこちらの画像をタップ↑

 

 

 

 

 

音譜こちらもよろしくね音譜

 

仕事や活動、お仕事依頼はこちらからイヒ

 

 

 

LINE@で睡眠や中医学の情報を2日に1度配信中♪


睡眠と中医学の専門家の
依田恭平(よだきょうへい)です!



【石の上にも3年】
という言葉がありますよね。



最初は冷たい石の上でも
長い間座り続ければ
徐々に暖まってくる



つまり
辛くても我慢して続ければ
いつかは成し遂げられる。
という意味です。



個人的には結構
好きな言葉なんですけど、



ただ、
どちらかというと



このことわざって
昨今は軽く見られて
いる印象があります。



なぜって



これだけ物事の
移り変わりが速くて
スピードが求められる時代



「思ったらすぐやるべし!」
「いつ死ぬか分からない」
「考えながら走れ!!」




こんな言葉に刺激を受けて
何かを始めた人も多いのでは?
と思います。



かくいう私もその一人で
周りのスピードに合わせながら
この2年ほどやってきました。



そのお陰で
睡眠の専門家としては




・セミナーは累計139回
・TV出演
・500人規模のイベントで登壇スピーチ
etc..,




色んな方のご助力もあって
中々良い経験を
させてもらったなーと思います。




キャリアとしては
申し分ありません。




ただ、最近は
「自分まだまだだな」
と感じる事も多くありまして。




色々活動を
振り返っていたり
してたんですね。




そんな時にですね。




私が良いなーと思ってて
参考にしている
とある同業の方のブログを見たんです。




その人のセミナーって
いつも50人くらい集まってて
ホントすごいなーと思ってたのですが、




で、何を見たかのかというと
【ブログをいつから書いていたのか?】
【いつから活動してたのか?】




という部分なんです。




そしたら、
2011年から
ブログを書き始めていて




活動は更に前からだったんです。




当時のブログを見たんだけど
内容的にはすっごく薄かった。笑




もうびっくりするほどww




でも、そこがまた
歴史を感じたし
才能じゃないんだなー
と思ったんですね。




「この人、やってきたんだな」と。
時間をかけて積み上げてきたんだなと。



そう感じずには
いられませんでしまた。



ただね、
地に足をつけながら
経験をしっかり積む事と



ゆっくり
のんびりやる事は
全くの別物なんです。



自分の心地の良い範囲で
自分の出来ることをやる



これは時として
甘えにもなるし
成長や可能性を潰します。




新しい世界も見ない
新しい事も学ばない




中医学的に考えると
中庸(ちゅうよう)である事が大事で、



つまり
バランスが大事だと
言うことなんです




スピードに乗って
頑張った時期があって




土台の大切さを知って
コツコツ目の前の事に
注力した時期もある




これって
どちらも経験したからこそ
自分の中で折り合いが
つくんですよね。




知識と実経験は
どちらも揃って財産です。




例えば、燃え盛る
火の温度は1000度なんです。
(↑知ってました?笑)



これを知っただけでも
「火って危ないんだな..気をつけよう」




あなたは
こう思うことでしょう。





ただ、実際に火の中に
手を突っ込んで
大火傷をした経験のある人は




火の怖さを
誰よりも知ってます。




それゆえ



「火は危険だ、
絶対に近づかない方が良いし、
使わない方が良い」




こんな風に一種のトラウマ的に
感じるかもしれません。





でもこれは極端な話です。




なぜって、現代人は
火の恩恵をかなり
受けているはずです。




危険性はあれど
便利さもあるはずです。




これは火を例に出した
例え話ですが、




つまり
何が言いたいかというと


物事を片方だけ
切り取ってしまうと
自分の中で解釈が出来なく
なってしまうという事なんです。




自分もそうですが
これ、結構迷っている人多いですよね。




【物事の折り合いをつける】




これはとても大事で



そうでないと、
その時々に自分にとって
都合の良い言葉に
踊らせれてしまいます。




「ホリエモンはこう言った」
「成功者はみんなこういう考え方だ」




という感じです。




これが日々
悶々としてしまう原因ですし
悩みの種だったりします。





病も一緒




コロナウイルスの
感染拡大にばかり
目をやる人と




免疫力高めれば大丈夫だと
豪語する専門家




どちらも真実だし
正解である




つまりあなたが
どう解釈するかが全てなんです。




中医学の実践者として思う事は
「物事の真ん中を知ると答えが出る」
という事です。




とまあ、
つらつらと書きましたが




難しい話になっちゃいました。笑
悪い癖だぜぃ




お酒が美味しい
空だけどww





ハッピーアワー万歳




そんな感じでお終い





睡眠と中医学の専門家
依田恭平




公式ホームページはこちら💁‍♂️

 

 

LINE@で睡眠や中医学の情報を2日に1度配信中♪


睡眠と中医学の専門家


こんにちわんこ🐶

中医学の専門家の依田恭平(よだきょうへい)です照れ

 

 

 

 

 

目で目は見えぬ(目で目は見えぬ

 

 

 

と言うことわざがあります。

(中医学以外では、多分そんなに良く使われないw)

 

 

 

 

この意味は、

"自分の目で自分の目を直接見ることは不可能で、優れた人物であっても自分の事になると分からず、欠点に気づかないもの"

と言うもの。

 

 

 

 

今日は『自分を変える』という事について

少し中医学の見方で書いていこうと思います。

 

 

 

 

中医学では陰陽思想と

言うものがあるのですが、

 

 

 

 

物事は常に表裏一体で

良い側面もあれば、悪い側面もある。

なので、物事に100%絶対というもの。

 

 

 

 

自分を変えるという行為も

一見すると成長欲があって

とても良い事のように思いますよねビックリマークビックリマーク

 

 

 

ただし、その動機が結構大事でして、

 

 

 

例えば、苦手を克服しようとする。

もしくは、キライな自分を乗り越えようとするために頑張るのと

 

 

 

 

「より良くしたい」

「今も良いけどもっと良くなったら良いなー」と

思って頑張るのとでは意味が全然変わってきます真顔真顔

 

 

 

 

前者は「逃れ」から来るマイナスの動機

後者は「充実」させようとするプラスの動機です。

 

 

 

 

『自分を変えたら現実が変わる!!』ってみなさん考えると思うんですが、

 

 

 

 

動機がマイナスの理由の場合、終わりがこない。笑

これ、本当に。(自分も通りました。汗)

 

 

 

 

 

勉強して知識をつけて、お金を稼いでも、根底にあるのは自信の欠如から来る不足感なので全てを減点方式で見ます。

 

 

 

 

1個クリアしても、また次を求めるし

自分より優秀な人が現れたら

「もっと頑張らないと!!」と思うよね真顔

 

 

 

 

これって一見するとポジティブなので

マイナスを埋める行為だとは

絶対に自分は気づかないんですあせるあせる

 

 

 

事実、外側の要素は(社会的実績とか評判とか)埋まってくるので、

 

感覚的に優越感とか気持ちよさもある。笑

 

 

 

 

ただ、続ける内に必ず起こることが

『なんか違うんだよなー』というモヤモヤ現象です。

 

 

 

そして、進路を模索する→新しい事にトライ→モヤモヤする→止まる

といった感じになります。

 

 

 

 

これは、結局内側が満たされないから起こるんですよね。

 

 

 

 

働きマンの人って

社会の役に立たないと

自分に価値がないと思ってたりするので

猛烈にスケジュールを詰め込んで働きます。

 

 

 

 

で、人にも社会貢献を求めたりします。

なぜなら人様の役に立つことが存在価値という考え方だからです。

 

 

 

 

だから、人に厳しかったりする。

マウント取ったりもする。

 

 

 

 

本当に高いレベルで社会貢献してる人って

わざわざ自分から公言とかしてなくて

インタビューの時くらいしか言ってませんよね。笑

 

 

 

 

「え?やりたいからやってるだけだよ!」みたいな感じに、もっとナチュラルに物事に取り組んでます。

 

 

 

 

 

もう何年もこんな感じの堂々巡りを繰り返してきたので、多分そう遠くはないと思います。苦笑

 

 

 

 

肩の力を抜いて

もっと情緒を楽しむ事です。

目の前の事に意識を向ける。

 

 

 

今やっている事から離れてみる。

好きだけど後回しにしている事をやってみる。

 

 

 

そうすると良い気が巡りますグッド!

 

 

 

 

良い気を纏っている人に

人もお金も良い事も集まるのは

自然の摂理なので

 

 

 

サボるくらいがちょうど良かったりしますウインク

 

 

 

参考になれば幸いですビックリマークビックリマーク

 

 

 

んでは!!

 

 

 

睡眠と中医学の専門家

依田恭平

 

 

 

 

気の話に興味を持った方はぜひ中医学を学んでください♪

あなたのご参加お待ちしております!!

 


↑詳細はこちらの画像をタップ↑

 

 

 

 

 

音譜こちらもよろしくね音譜

 

仕事や活動、お仕事依頼はこちらからイヒ

 

 

 

LINE@で睡眠や中医学の情報を2日に1度配信中♪


こんにちわんこ🐶

中医学の専門家の依田恭平(よだきょうへい)です照れ

 

 

 

 

 

連日どこもコロナウイルスの話題で持ちきりですね真顔真顔

 

 

 

SARSのの時もそうでしたが、

マスクがどこも売り切れみたいなんですがあせる

 

 

 

こういう時こそ

慌てず騒がずの精神が大事です。

 

 

 

どこに行ったら感染するか?

誰がウイルスを持っているか?

 

 

 

こういうのって、

自分ではコントロールできませんので

ビクビクするだけ無駄です。

 

 

 

もしかしたら、

突然やってくるヤマト便さんが

荷物と共に運んでくるかもしれませんしね。

 

 

 

自分でコントロールできることだけ

考えていれば良いのです。

 

 

 

今日はコロナウイルスとも関連する話なのですが、

病気の人が持つ『気』の話をしたいと思います。

 

 

 

 

今日の話は結構大事な話で

少し難しい部分もあるかもしれませんが

最後まで読んでいただければと思います。

 

 

 

【病の人の気と健康な人の気について】

 

 

 

 

 

まず気というのは、一言で言うとエネルギーのことです。

 

 

 

気やエネルギーと言うと

何やら目に見えないものなので

少々分かりにくいでしょうから

 

 

 

物理の話に置き換えて説明しますね。

 

 

 

 

気=周波数(音)

 

 

 

例えば、人には人の周波数があり

机は机の周波数があります。

 

 

 

周波数は物体だけでなく、

水や感情にもそれぞれ固有の振動数というものが存在します。

 

 

 

この世に存在する万物は全て、

振動していて、音の集合体なのです。

 

 

 

 

こういう話をすると
『ん?なぜ振動していると物体として見えるのだ??』

という疑問が生まれると思いますが

 

 

 

 

例えば、自転車の車輪の内側って隙間が空いてると思うんですが、

漕いでると物体のように映るじゃないですか?

 

 

 

 

これ、伝わりますかね?

 

 

 

小石を投げたら弾かれるし、

さっきまで空洞だった場所も

まるで物体になったかのように存在します。

 

 

 

あとは、ペンとかも手に持って

フリフリすると残像が見えますよね。

 

 

 

つまり、目に見えるか見えないかというのは

振動数の大きさによるものであって、

 

 

 

 

ヒトや机は目に見える周波数の大きさであるというだけで、水や気は目に見えない小さい周波数だということです。

 

 

 

 

なので、気やエネルギーは目には見えませんが確実にそこに存在しています。

 

 

 

たまにオーラが見える方がいますが

あれは普通の人が見えない位小さな周波数を拾える

特殊な人(感度が高い人)ということですね。

 

 

 

まあ、空気とかも人の目には見えませんが

無ければ人間は窒息するので、存在する動かぬ証拠です。笑

 

 

 

 

で、ここからが本題なのですが

病気にもそれぞれ固有の振動数があります。

 

 

 

 

ここでこれをみて欲しい↓↓

 

 

 

 

https://www.greenmedinfo.com/blog/harmony-becomes-cacophony-when-healthy-cells-become-cancerous?fbclid=IwAR0Noi2xkOIkmeBN2lKYnN7lWGmX2jhnk-tCJcon2floshGYlsSicU8Fajk

 

 

 

ガンになると細胞の音の調和が崩壊するということを

米英の研究者たちが突き止めた記事です。

 

 

 

左が正常細胞、右がガン細胞の写真です。

 

 

 

健康な細胞の周波数とガンの細胞の周波数を

それぞれ可視化したものなのですが

明らかに形が違いますよね。

 

 

 

つまり、音が正常のノイズ(周波数)からズレると

人間は不調をきたします。

 

 

 

 

もう一つ、

これは水への言葉のかけ方を変えた場合の周波数の変化です。

 

 

 

 

 

 

 

すごっっっっっ笑

あなたはこれ、意味分かります?

 

 

 

 

普段どんな言葉を使っているか?

どんな言葉を聞いているか?

 

 

 

これらは全てあなたの状態を決定付けています。

 

 

 

 

『病は気から』ということわざがある通り

具合が悪いと思ってたら本当に悪くなるのはそのせいです。

 

 

 

 

なので、もし今体調が優れない

悩みが消えないというヒトは

 

 

 

 

使う言葉と耳に入ってくる言葉を変えることが、非常に重要なんです。

 

 

 

 

あとは、我慢は止めて、本音もしっかり言うこと。

声に出さずとも、あなたが感じた声は脳と体に刻まれます。

 

 

 

また、これも重要なのですが

気やエネルギーというのは

 

 

 

小さい方から大きい方に引き寄せられるという特徴がある。

 

 

 

これが何故かというと、

人間は生命維持を最優先にする生き物なんです。

 

 

 

『エネルギーの高い人の所にいれば生き残れそう』

と体は認識するのです。

 

 

 

 

問題は、良い気も悪い気も

エネルギーは強いことです。笑

 

 

 

 

周りに良い気を持っている人が

多ければあなたは良い方向に行きますし

 

 

 

邪悪な悪い気を持っている人が周りにいたら

あなたもそうなります。

 

 

 

 

『環境は大事だよ!』っていうのはそういう意味で

腐ったみかんが1個あると、周りのみかんも腐りますよね。

 

 

 

 

あなたが日頃深く関わっている5人の平均が

あなたの年収になるし考え方になると言うのも有名な話。

 

 

 

 

実はこれって全部、気の話でエネルギーの話なんです。

 

 

 

 

そういう視点で考えると

病院って『病の気』を持っている人が集まる所なので

通っている間は良くなりません。

 

 

 

 

ご高齢の方が病院通いから抜けられないのは、通ってるからなんです。

 

(あとは治らない方が都合が良いと考えている)

 

 

 

病気って物凄く強いエネルギーなので

相手をする人は気をしっかり高く保たないと確実に引っ張られます。

 

 

 

 

全職業の中で

医師の自殺がダントツトップなのは納得ですし

看護師の離職率が高いのも納得です。

 

 

 

 

私も整骨院をやっていますし

コンサルティングもやっているので

良く分かりますが

 

 

 

 

『相手を良くしたい』と思う気持ちって、『治されたい』『良くされたい』って人を作るきっかけにもなります。

 

 

 

 

そう言う人が集まりますし

そう言う人が紹介されます。

 

 

 

 

だから最近は

『自立』とか『成長』して欲しいと言う

スタンスでいないといけないなと思います。

 

 

 

なので誤解を恐れずに言うと、

丁寧に話を聞くのを止めました。

 

 

 

相手に合わせて『気遣うこと』を止めたんですね。

 

 

 

 

 

 

 

ここまで長々書いてきましたが

最初のコロナウイルスの話に戻すと、、、

 

 

 

 

気やエネルギーの概念から考えると

 

 

 

コロナウイルスを怖がったり情報を集めたり、意識を向ければ向けるほどかかりやすくなります!

 

 

 

いつも通りの生活で良いんですビックリマークビックリマーク

 

もしくは楽しいことしてくださいウインク

 

 

 

楽しいことしてる時って

痛みとか悩みって忘れるじゃないですか?

 

 

 

と言うことは、

あなたがいつも抱えている問題って

つまりは『気のせい』なんです。

 

 

 

 

どんな気やエネルギーを身に纏いたいか?

そこを考えれば良いと思いますウインクウインク

 

 

 

ん、ではでは!

 

 

 

=========================

 

【今日のまとめ】

 

・気(エネルギー)は環境に左右される

・気は強い方に引き寄せられる

 

【解決策】

・言葉を変える

・ため込まない(我慢しない)

・気の良い環境に身を置く

・気分が上がることを楽しむ

 

 

=========================

 

 

 

気の話に興味を持った方はぜひ中医学を学んでください♪

あなたのご参加お待ちしております!!

 


↑詳細はこちらの画像をタップ↑

 

 

 

睡眠と中医学の専門家

依田恭平

 

 

 

音譜こちらもよろしくね音譜

 

仕事や活動、お仕事依頼はこちらからイヒ

 

 

 

LINE@で睡眠や中医学の情報を2日に1度配信中♪


睡眠と中医学の専門家

依田恭平

こんにちわんこ🐶

睡眠と中医学の専門家の依田恭平(よだきょうへい)です照れ

 

 

 

 

 

 

先週は未病知Basicアドバイザー認定資格講座を開催ビックリマークビックリマーク

 

 

 

盛り上がりすぎて、全体写真取るの忘れたw

まあ、良いかっw

 

 

 

 

中医学って自然の摂理の話なので、

哲学の話なのか、医学なのか、占いなのかよく分からなくなりますw

 

 

 

 

開催していて思いましたが、これからの時代って、

相談に来られた人にどうやって、

適切な処置とかアドバイスをしてあげられるかだと思うんですよね。

 

 

 

 

例えば、睡眠の相談に乗っていると、

なかなかの割合で睡眠の問題じゃないケースの方が多いわけです。

 

 

・生活習慣

・栄養状態

・姿勢

・副腎

・顎

・脳の問題

・深層心理的な方面etc...

 

 

 

こうなってくると、
もう特定の専門性だけだと、解決までたどり着けないですよね。苦笑

 

 

 

なので、「目の前に現れた人はどこに問題があるのか?」というのを、

多角的に見ていける能力が何よりも大事ウインク

 

 

 

それが、未病知診断士です。

 

 

 

生活背景、性格、育った風土、仕事、趣味嗜好...etc

色んな観点からその人を見ていきます。

 

 

 

来月、再来月も開催するので、

ぜひご参加ください🐶

https://saipon.jp/h/mibyochi-basic

 

 

 

仕事に活かすも良し!

自分の健康に活かすもよし!

健康に興味ないあなたも楽しめます♪

 

 

 

ではでは!!!!

 

 

 

睡眠と中医学の専門家

依田恭平

 

 

 

音譜こちらもよろしくね音譜

 

仕事や活動、お仕事依頼はこちらからイヒ

 

 

 

LINE@で睡眠や中医学の情報を2日に1度配信中♪


こんにちわんこ🐶

睡眠と中医学の専門家の依田恭平(よだきょうへい)です照れ

 

 

 

 

約2千年前の中国の医学古典に

『黄帝内経(こうていだいけい)』いう本があります。

 

 

 

 

この本は、伝説上の帝王である黄帝(こうてい)が、

物知りの学者である、岐伯(きはく)達に

日常の疑問を聞いている問答形式で書かれています。

 

 

 

 

まあ、、それはどうでも良いのですが

この書物、実に面白い書き出しで始まりますビックリマーク

 

 

 

以下

 

 

============================

 

黄帝:「私は聞きたい。ずっと昔の人はみんな百歳を超えても動作が衰えなかったというが、今時の人は半百(50歳)ですでに動作が衰えるというのは、時代環境が異なったためなのか、それとも人々が養生をしなくなったためなのか?」 

 

 

岐伯:「昔のほとんどの人は養生の道理をわきまえて、陰陽にのっとり健康法をわきまえておりました。

 

飲食には節度があり、労働と休息にも規律があってみだりに動き回りませんでした。

 

だから、肉体と精神はとても健やかで盛んであって、生きるべくまで生きて百歳を過ぎてから世を去ったのです。

 

それが、今時の人は酒を水のように飲んで、異常を平常として生活し、酔っては房事にふけり、色欲のおもむくままに精気を使い果たし、真の元気を消耗させてしまっています。

 

満たすことを知らずに、時ならず精神を使っています。快楽を貪り、養生に逆らって、起居にも節度がありません。こんなことだから、五十歳になるかならないかで衰えてしまうのです。」

 

============================

 

 

以上

 

 

まるで、現代の私たちの生活を

予言したかのように書かれた内容なんですけど

これ2000年以上前の記載なんですよねビックリマーク

 

 

 

つまり、何が言いたいかというと

過去も現在も、そしてこれからやってくる未来も

健康な人の取り組みって実は変わらないのです!!

 

 

 

科学が発展し、毎年最先端と呼ばれるものが

世の中に出てきてますが

もっと健康はシンプルなものなんです。

 

 

 

 

私たちは、もっと過去から学ぶべきなのかもしれませんねグッド!

 

 

 

 

現代においては、

あれこれ足すのではなく、まず引くことが大事で

 

 

 

 

大事な物だけを大事にすべきなんですビックリマーク

 

 

 

参考にしてみてくださいねウインク

 

 

 

睡眠と中医学の専門家

依田恭平

 

 

 

音譜こちらもよろしくね音譜

 

仕事や活動、お仕事依頼はこちらからイヒ

 

 

 

LINE@で睡眠や中医学の情報を2日に1度配信中♪


こんにちわんこ🐶

中医学の専門家の依田恭平(よだきょうへい)です照れ

 

 

 

 

 

今週の1月26日(日)10時から新宿にて

未病知Basicアドバイザー(中医学入門編)を開催します!

 


↑詳細はこちらの画像をタップ↑

 

 

 

 

 

未病知診断士のbasicを取得すると、

 

「なんとなく身体がだるい」「元気がない」

「頭痛持ち」「カラダが冷える」etc...

 

 

 

 

こんな漠然としたカラダの不調が

なぜ起こるのかが紐解けるようになり

同時に対策が取れるようになりますウインク

 

 

 

つまり、重病になる前の状態で対策を打つことが出来るのです!!

 

 

 

これが出来るようになると

季節や環境の変化に伴って変化する体調に合わせて

自分の健康管理が出来るようになります!!

 

 

 

また、病院の検査で異常が出る前の状態を

いち早く気づくことが出来るようになるので、

 

 

 

医療従事者や美容関係の仕事をしている人でしたら、

活動の幅も広がりますし、

今まで治せなかった問題も解決出来るようになりますおねがい

 

 

 

あとは、なんと言っても

大切な家族や友人の健康を守る事に繋がる!!!!

 

 

 

 

 

あなたが未病治の知識を学んで実践する事は

とーーーーっても周りの人に喜ばれるのですグッド!グッド!

 

 

 

 

多くの人は、何か痛みや不具合など
ハッキリとした自覚症状があった時に初めて

 

 


「自分は病気だ」

「何かカラダに問題があるのでは!?」と認識します。

 

 

 

 

 

が、正直これでは遅いのです!!

 

 



中医学では特に目立った症状が無くても
漠然とした不調の時点で「病」の段階に入っていると考えます。

 

 

 


身体に問題がなければ
『漠然と調子が良くない、、。』

ということはあり得ないからですあせるあせる

 

 

 

そして、これからの時代は、

今よりも更に自分の身は自分で守る必要性が出てくる時代が到来します真顔真顔

 

 

 

 

"2025年問題"と言われる昨今
 

 

 

 

 

 

日本は、現在のような手厚い医療保険、介護保険などの
社会保障制度を維持することは困難で、



高齢者でさえも医療費は全額自己負担よほどの大病でなければ入院することが困難な時代を迎えます。



なぜって、少子高齢化で超高齢化社会を迎える日本は、

働き世代が1人で2人の高齢者をカバーする形になるからです。





 

 

 

つまり、繰り返しになりますがこれから時代は

 

 

 

“病気になってから治す”

“気づいてから治す”
“検査で問題がでてから治す”

 



こうなってからでは遅すぎるのです!!




これからの時代は、自分を含めた
身の回りの大切な家族や友人お客様や患者様の
『健康と経済』を自分たちで守っていかなければなりません。

 

 



つまり、【病になる前の"兆し"】の時点で
対策を打つことがこれから時代では求められるのです!

 

 

 

それを解決出来るのが、伝統中医学ですウインク

 

 

 

2000年の悠久の歴史から裏付けられた、

経験と実践ベースの学問と医療。

 

 

 

現在は、ヨーロッパ各国やアジア

アメリカなどで広く代替医療として取り入れられていますビックリマークビックリマーク

 

 

 

日本でも益々普及していくと考えられており、

国も中医学に対して、見直しが進められているので

注目度はかなり高いですお願い

 

 

 

 

ぜひこの機会に受けられてはどうでしょうニコ

 

 

 

あなたのご参加お待ちしております!!

 


↑詳細はこちらの画像をタップ↑

 

 

 

睡眠と中医学の専門家

依田恭平

 

 

 

音譜こちらもよろしくね音譜

 

仕事や活動、お仕事依頼はこちらからイヒ

 

 

 

LINE@で睡眠や中医学の情報を2日に1度配信中♪


睡眠と中医学の専門家

依田恭平

こんにちわんこ🐶

中医学の専門家の依田恭平(よだきょうへい)です照れ

 

 

 

 

 

現代人は働き方改革よりも、

休み方改革の方が必要だと思う今日この頃!!

 

 

 

 

「時短」「効率」「生産性」という言葉が流行る昨今

これらに比重を置くという事は、

 

 

結局、頭に積め込むスピードを早くしているだけであって

 

 

脳に詰め込める量って変わらないんですよ。

 

 

 

ホント倍速で早くしてるだけね笑い泣き

 

 

 

その結果、疲れ切った脳のパフォーマンスは最弱です。

 

 

 

効率を重視した結果、非効率になっている事にもう気づいて欲しい。笑

 

 

 

 

ギクっとした、あなたに必要なのは

 

 

 

「休んだら仕事の稼働が減ってしまう、、、」

という休息に対するマインドチェンジです!笑

 

 

 

・なんだか寝た気がしない

・些細な事で他人にイライラする

・スッキリ疲れが取れない

・仕事で集中力が続かない

・最近物忘れが激しい(記憶力の低下)

 

 

 

 

これらはぜーんぶ疲れているだけ!

休息と良質な睡眠で解決します!!

 

 

 

 

年間4回宮古島に遊びに行ってる身としては、

休息こそ最高の仕事術だと実感しまくってます!!!!

 

 

 

良い所なんだわ、宮古島ウインク

 

 

 

知人がグレートバリアリーフに行った時に

現地の人から言われたそうなのですが

 

 

 

「Hey!君たち日本人だろ?なぜ、君たちの国には宮古島という最高の海があるのにこんな所に来てるんだい?hahan〜?」

 

 

 

と言われるくらい、

宮古の海はキレイでロケーションは最高です♪

 

 

 

おっ、そんな事を言っていたら

ここにこんなツアーが!!

 

 

 

 

 

ご縁があればぜひご一緒しましょう♪

https://saipon.jp/h/miyako-good-slee

 

 

 

睡眠と中医学の専門家

依田恭平

 

 

 

 

【開催中の講座・セミナーはこちら】

 

 

 

詳細はこちらをクリック♪

 

 

仕事や活動、お仕事依頼はこちらからイヒ

 

 

 

LINE@で睡眠や中医学の情報を2日に1度配信中♪