こんにちは!

睡眠と中医学の専門家の依田恭平です。

 

 

 

 

 

タイトルの通り、

「楽しめない人」が陥る睡眠障害の話です。

 

 

 

脳と心理の話ですね。

 

 

 

これは、いわゆる過眠症

ナルコレプシーってやつです。

 

 

                              

 

十分睡眠時間を割いているのにも関わらず...

 

・日中尋常じゃない激しい睡魔に襲われる

・意識がもうろうとする中活動

・場所、場面を問わず寝てしまう

(会議中、学校、運転中、人との対話中)

etc...

 

                              

自分が好きで参加してる

習い事やセミナーでも寝るし

 

 

何なら対面で話をしてても、

急に寝たりします。

 

      

                       

周囲の人からは、

とても理解できない状況で

ウトウトするので

 

                             

『怠け病』と思われたりする事も多いです。

(もちろん本人は超悩んでます)

 

 

                              

現代医学だと、

ナルコレプシー・過眠症って

遺伝とか原因不明とされているんですが

 

 

                             

実は、心理の観点で見ると「楽しんではいけない」という刷り込みが脳にあったりします。

 

                               

 

例えばこんな感じ↓↓

 

・何をしても楽しめない

・心から楽しいと思ったことがない

・楽しいことをする前か、した後に罪悪感を感じる

・楽しいことをする前か、した後に体調を崩す

・自分の好きなこと、やりたいことがわからない

・「ラクをしてはいけない」「人生は苦しいものだ」と思っている

・わざわざ苦労をして、やりがいを感じる

・いつも「楽しいこと探し」をしている

・睡眠障害(入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒)→《幸せを感じてはいけない》

・過眠症(ナルコレプシー)→《楽しんではいけない》

 

      

 

                       

一見すると

全く睡眠と関係無いように

思えるんですけど

 

     

 

                         

脳が「人生楽しく無い」と

思いこんでいるので

活動する日中も寝てたいんです。

 

 

                              

なので、

日中の激しい眠気という現象は

 

 

 

自分を守るための強制シャットダウンモードのようなものなんです。

                              

 

 

それ故、

楽しいことをひたすら

追い求めるようになるので

 

                              

興味の対象や仕事が

コロコロ変わったりもするし

 

物事を達成しても

感動がなかったり

満たされなかったりします。

 

        

                      

原因としては

 

・小さい頃に楽しむことを我慢した経験がある

・調子に乗るなと怒られた経験がある

・親が病気がち(可哀想→自分だけが楽しんではいけない)

・親が楽しまない人、我慢の人

・辛そうなのを見てきた

etc

 

 

                             

こんな感じでしょうか。

 

 

                              

もうこれ、

睡眠の問題から

かけ離れ過ぎているので

分からないですよね。苦笑

 

 

 

現代医学は物質の話なので、

心理的問題による

体の不調に関してはブラックボックスです。

 

 

 

                              

こんな症状で

もし困っている人がメッセージください!

解決策あります!

 

 

 

周りに困っている人がいたら

シェアしてあげてくださいませ。

 

 

 

睡眠と中医学の専門家

依田恭平

 

 

 

 

3月の講座はこちらでまだ受け付けてます!

 


↑詳細はこちらの画像をタップ↑

 

 

 

音譜こちらもよろしくね音譜

 

仕事や活動、お仕事依頼はこちらからイヒ

 

 

 

LINE@で睡眠や中医学の情報を2日に1度配信中♪


こんにちわんこ🐶

睡眠と中医学の専門家の
依田恭平(よだきょうへい)です照れ

 

 

 

 

昨日書いたコロナウイルスを題材にした

『焦点・フォーカスの記事』

お陰様で、中々良い反応でしたウインク

 

 

 

 

これね↓↓

【コロナウイルス】「パスの回数を数えるの手伝ってもらえません?」

 

 

 

アメブロは特にSEO対策とか

何もしてないので、

まあ、コロナの影響でしょうね。笑

 

 

 

 

『ということは!今日もコロナの記事を書いたら上がるのでは!?』

 

 

 

 

と一瞬思ったのですが、

個人的に流行りネタの評論って

好きではないのでやめておきます。w

 

 

 

 

あくまで昨日のコロナの話題は、

中医学の『気』という話をするのに

ピッタリな題材だったので

使わせてもらっただけなのでビックリマーク

 

 

 

 

まあ気持ちは分かるのですが

 

 

 

 

ただ、自分が不安な時というのは

不安な事しか起こらないモノです。

 

 

 

 

例えば、不安気な表情をしている人がいたとする。

 

 

 

そしたらこの人は、

次に周りの人から

どんな言葉をかけられると思いますか?

 

 

 

多分なんだけど

 

 

 

『大丈夫?』か『元気出せよ!』のどちらかでは?

 

 

 

つまり、間違っても波動の高い言葉はもらわないんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

だから周りもそういう人が集まるようになる。

 

 

 

 

集まるというか、

あなたの波動に人が引っ張られてたりする。

ただ、それだけの話。

 

 

 

 

だから、必要以上に不安症な方は

周りに迷惑かけてるかもよ?

 

 

 

 

もうちょっと角度を変えて深堀します。

 

 

なぜ、お金持ちは電車に乗らないと思いますか?

 

 

 

 

お金持ちの人は楽をしたいからとか

リッチ感を周りに出したいから電車に

乗らないワケでないんです。

 

 

 

 

満員電車の中にはどういう人がいるか

想像してみてください。

 

 

 

 

 

 

この空間にいる人は、

どんな感情になると思いますか?

 

 

 

happy?

いや、そんなことはない。

 

 

 

 

イライラ

非難

怒り

 

 

 

↑こんな感じでしょう?

 

 

 

 

だから、お金持ちの人は乗らないんです。

自分のエネルギーを保つために。

 

 

 

 

コロナを不安に思っている人は

コロナをどうしようか考えてるから

そういうネガティブな情報ばっかり拾ってくる

(あ、コロナの事書いちゃった!笑まあ、いいかw)

 

 

 

 

不安の波は人から人へ広がり、紙やトイレットペーパーもなくなったよ。笑

 

 

 

 

もう、笑うしかないよね。w

いや、むしろ笑っておいた方が良いと思うwwwww

 

 

 

その方が物事良い方向に行くとよビックリマークビックリマーク

 

 

 

 

『不安』というのは恐れと解釈できます。

 

エネルギーや気でいうと、一番波動が低い状態

 

 

不安は不安しか呼ばなんです。

 

 

 

 

 

中医学ってこう言う普遍的な成り立ちが分かるから

みんな勉強した方が良いと思う。

 

 

 

時に医学で

時に哲学で

時に心理学で

時に経済学である

 

 

 

 

多くの人は五行とか気血水とか

そこばっかりなんですけど

そこが本質じゃないと思う。

 

 

 

 

なぜ、2000年も前から

途絶えずに続いてる学問なのか?

 

 

 

それは、気(エネルギー)を扱う学問だからです。

 

 

 

 

だから勉強していると

宇宙とか自然に行き着くし

スピリチュアルに寄ってくる。

 

 

 

まあ、今日はそんな感じですウインク

 

 

 

長々ありがとうございます!

 

 

 

睡眠と中医学の専門家

依田恭平

 

 

 

PS:いいね、シェア大歓迎です!

励みになります♪

 

 

3月の講座はこちらでまだ受け付けてます!

 


↑詳細はこちらの画像をタップ↑

 

 

 

音譜こちらもよろしくね音譜

 

仕事や活動、お仕事依頼はこちらからイヒ

 

 

 

LINE@で睡眠や中医学の情報を2日に1度配信中♪


 

こんにちわんこ🐶

睡眠と中医学の専門家の
依田恭平(よだきょうへい)です照れ

 

 

 

 

 

突然なんですけど、『白いチームが何回パスをしているか数えるの手伝ってくれません?』(1分で終わります)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

 

あの、、、途中でゴリラいたの気づいた?

 

 

 

 

 

パスを数えている事に集中していると

ゴリラの存在って入ってこないんですよね。

 

 

 

分からなかった人は、ぜひもう一度見てみてww

 

 

 

そんなわけで今日の本題は、

 

フォーカスしている事が、現実になるという事について。

 

 

 

 

ちょいこれ見て。

 

 

 

 

厚生労働省URL

 

 

今年のインフルエンザの

罹患患者の推移なんですけど

可笑しく無い?笑

 

 

 

 

いくらなんでも

急に去年の3分の1になる訳無いでしょ。笑

 

 

コロナにばっかり意識向けてるからだよww

 

 

だって、あなたはコロナとインフルエンザ両方にかかっている人聞いたことある?

 

 

 

それどころか今年は

花粉の話題も効かないよね。

 

なぜってコロナの話題に負けてるから。苦笑

 

 

 

 

連日メディアでコロナの話しか

みんな聞いてないから、
今年はインフルエンザや花粉じゃなくて、
コロナウイルスを選んでるんですよ。

 

 

 

 

 

中医学には健康不安という言葉があります。

 

 

 

簡単に説明すると、『病は気から』のことです。

 

 

 

これについての研究って世界中沢山あって、

例えばこれとか↓↓

 

フィンランドの2,200人を対象に11年間にわたって行った研究結果。研究チームは患者の「悲観度」と「楽観度」を本人の申告に応じて数値で判断。実際に心疾患で死亡した人の数値レベルについて分析した。

その結果、心疾患が原因で死亡した121人のうち、調査開始時に悲観度が最も高いと判断された人が含まれる割合は、悲観度が最も低い人に比べて2.2倍高かったことが分かった。悲観度が最も高い人が心疾患で死ぬ確率は、最も低い人に比べて73%高かったということになり、悲観度が高まるほど、心疾患で死亡する確率も高まることが確認された。一方、「楽観度」と心疾患による死亡との関連性はみられなかった。

 

 

 

・思い込み

・意識を向ける

・フォーカスする

・気にする

 

 

 

 

よく引き寄せの法則の話がありますが

あれはエネルギーの話なんですけど

中医学の気の話ととっても似てます。

 

 

 

気が散る

気が移る

 

 

 

こう言った言葉があるように

気というのは、人から人に移る修正があります。

 

 

 

 

不安な気持ちも

恐怖の気持ちも人に伝染します。

 

 

 

 

 

エネルギーの観点で考えても

エネルギーの原則はより強いエネルギー体に引き寄せられること。

 

 

 

お金も人も病も

エネルギーだと考えると

より強い所に引き寄せられる。

 

 

 

 

つまり今の世の中って、「コロナウイルス怖い」という感情に引き寄せられてるんです。

 

 

 

 

特に不安恐怖という周波数って強いからね。
(高いと強い、低いと弱いは違うよ)

 

 

 

 

 

 

だから対策って

免疫力の強化とかも勿論大事なんですけど

過度にメディアの情報を入れないことです。

 

 

 

 

怖がらず、普通の生活をしててください。

それが1番の薬です。

 

 

 

 

決して楽観的になれと

言っているわけではなく

 

 

 

 

マスクがないから、、、ヤバイ

 

紙が売り切れ、、ヤバイ!

 

学校が休校、、、ヤバイ!!

 

 

 

 

この『ヤバイ』の先には

コロナの存在があるとすると

 

 

 

フォーカスや焦点は『不安』に当たってます。

 

 

 

 

だからそうなるの。

 

 

 

 

うちの家庭ではコロナの話題がほとんど出ません。

 

 

 

 

フォーカスしてないので

良い意味でコロナの情報って知らないんです。

 

 

 

 

この10年くらい

マスクとかしたこと無いんだよなー。

 

 

 

インフルエンザとか一回もかかったことない。

 

 

 

『眼中に無い』って

こういう時の言葉なんでしょうね。

 

 

 

 

学校も休校

イベントも中止

 

 

 

自分たちで恐怖を広げてる感じなので、

『大丈夫!』という安定で安心な心持ちでいたいものです。

 

 

 

 

私自身、そういう考え方なもので

3月開催予定の中医学講座は中止せず行います。

 

 

 

 

参加者に確認したら全員出席らしい。笑

まあ、普段からブログ読んでるからなみんな。

 

 

 

 

ありがとうございます。笑

 

 

 

そんな感じで今日は終わり

 

 

 

PS:いいね・シェア大歓迎です♪

励みになります^^

 

 

睡眠と中医学の専門家

依田恭平

 

 

 

 

3月の講座はこちらでまだ受け付けてます!

 


↑詳細はこちらの画像をタップ↑

 

 

 

音譜こちらもよろしくね音譜

 

仕事や活動、お仕事依頼はこちらからイヒ

 

 

 

LINE@で睡眠や中医学の情報を2日に1度配信中♪


睡眠と中医学の専門家

依田恭平

こんにちわんこ🐶

睡眠と中医学の専門家の依
依田恭平(よだきょうへい)です照れ

 

 

 

 

今回は前回に引き続き生理痛のお話ウインク

 

 

 

 

前回までの話はこちら

 

【刺すような痛みの生理痛】①生活習慣による瘀血タイプ

【温めると痛みが和らぐ生理痛】②冷えによる瘀血タイプ

【ストレス性の生理痛】③気滞(自律神経)の瘀血

 

 

 

【4つの生理痛タイプ】

 

①生活習慣による瘀血
②冷えによる瘀血(陽虚:陽が虚す→冷えるということ)
③気滞(自律神経)の瘀血
④気と血不足の瘀血

 

※瘀血とは血がドロドロの状態のことです。

 

 

 

 

今日は、

④気と血不足の瘀血について

 

 

痛みの傾向としては、さほどひどくはないのですが、生理後半頃から痛みが始まり、生理後も数日続くという痛み方が特徴

 

 

 

 

エネルギーと血液の両方が不足しているために

常に疲労感があり身体が重だるい。(気虚、血虚)

 

 

 

疲れることで生理痛が悪化する傾向にあります。

 

 

 

経血は色が薄く

サラサラと水っぽい。

 

 

気虚と血虚ということは、

虚証なので体液は薄く、

サラサラしているので見極めになります。

 

 

 

生理中はいつも以上に無理せず、

体を休められるような環境づくりを意識しましょう。

 

 

 

睡眠はかなり大事です。

しっかり7時間〜8時間の睡眠を

心がけられるようにしましょう。

 

 

 

食欲が低下することも多いので

温かく消化のよいものを摂る。

 

 

 

ナツメや生姜などを食材にした料理

お茶などもお勧め。

黒糖やはちみつなどで滋養をつけることも大切です。

 

 

 

血が不足しているので、

赤黒食材で血を補いながら

イモ類やきのこ類などで気を補うと◎

 

 

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

気の話に興味を持った方はぜひ中医学を学んでください♪

あなたのご参加お待ちしております!!

 


↑詳細はこちらの画像をタップ↑

 

 

 

音譜こちらもよろしくね音譜

 

仕事や活動、お仕事依頼はこちらからイヒ

 

 

 

LINE@で睡眠や中医学の情報を2日に1度配信中♪


睡眠と中医学の専門家

依田恭平

 

こんにちわんこ🐶

睡眠と中医学の専門家の依
依田恭平(よだきょうへい)です照れ

 

 

 

 

今回は前回に引き続き生理痛のお話ウインク

 

 

 

 

前回までの話はこちら

 

【刺すような痛みの生理痛】①生活習慣による瘀血タイプ

【温めると痛みが和らぐ生理痛】②冷えによる瘀血タイプ

 

 

 

【4つの生理痛タイプ】

 

①生活習慣による瘀血
②冷えによる瘀血(陽虚:陽が虚す→冷えるということ)
③気滞(自律神経)の瘀血
④気と血不足の瘀血

 

※瘀血とは血がドロドロの状態のことです。

 

 

 

 

今日は、

③気滞(自律神経)の瘀血について
 

一言でいうと、

ストレスによって

血の巡りが悪くなった

瘀血タイプです。

 

 

 

痛みが強い月と

そうでもない月があるのが特徴です。

 

 

その他には、、、

 

・PMS辛い人が多い傾向

・生理前からお腹や腰が張る(痛む)

・肩こりや頭痛が起こる人もいる。

 

 

 

 

日頃の緊張やストレス、

環境の変化で

 

 

自律神経が乱れることで

血流が悪化し痛みが増すというのがメカニズムですビックリマークビックリマーク

 

 

 

 

なので、ストレスが軽減したり

生理がくると痛みは治まる人が多い真顔

 

 

 

 

生理前はそうでなくとも

ストレスの影響を受けやすい時期なので

生理1週間前くらいからは

 

 

 

ストレスを遠ざけて

リラックスして過ごせるように意識すると◎

 

 

 

生活養生が最も大切。

 

 

 

 

軽い運動などで

自分に合って楽しめるものを

生理前に無理なく行うのがおすすめ。

 

 

 

【食材】

紫蘇、三つ葉、香菜、パセリ、春菊、セロリなど

 

香味野菜や酸味のあるものを積極的に取りましょう。

 

刺激になるものはNGです。

 

 

 

【漢方】

・逍遥散

・加味逍遥散

・四逆散

 

 

 

このあたりが対策なりますウインク

 

 

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

気の話に興味を持った方はぜひ中医学を学んでください♪

あなたのご参加お待ちしております!!

 


↑詳細はこちらの画像をタップ↑

 

 

 

音譜こちらもよろしくね音譜

 

仕事や活動、お仕事依頼はこちらからイヒ

 

 

 

LINE@で睡眠や中医学の情報を2日に1度配信中♪


睡眠と中医学の専門家

依田恭平

こんばんわんこ🐶

睡眠と中医学の専門家の

依田恭平(よだきょうへい)です

 

 

image

 

 

僕が教わった

中医学って結構珍しくて

 

 

 

物事の背景や

原理原則を

よくよく考えなさいと言われましたビックリマークビックリマーク

 

 

 

例えば、タイトルの

スケジュール帳が仕事で埋まる人の傾向について

 

 

 

多分ブログとか

Facebookとかで 

仕事関係の投稿をあげてる人って、

 

 

 

仕事の価値観とか

優先順位が高い人なんですよね。

 

 

 

 

価値観ってざっくり言うと、、、

 

 

お金/経済

精神/スピリチュアル

知識/学習

健康/美容

人間関係

家族

趣味/娯楽

 

こんな感じかなと思うんですが、

 

 

 

良くも悪くも人間って、

 

価値観の高いものに、お金も時間もエネルギーも使うと言われています。

 

 

 

なので、

仕事に主きを置く人の

スケジュール帳って

 

 

 

「仕事、打ち合わせ、セミナー参加、作業、作業...」

 

 

 

こんな感じで埋まります。笑

 

 

 

で、たまに書いてある

「飲み会」も

恐らく仕事関係でしょう。笑

 

 

 

「娯楽」もよくよく話を聞くと

仕事に繋がってたり、

活かそうとしてたりしてますしね。

 

 

 

これが悪いとかそう言う話ではなく、

「そういうもの!」というだけの事なんですが、

 

 

 

問題は仕事LOVE!で

健康の価値観が低い人の場合、

どっかで体調壊すだろうなーと思います。

 

というか崩してます。

 

 

 

 

睡眠で色んな方と

関わるんですけど、

 

 

 

「こうやったら良くなるよー!」って

教える前にこの辺の

価値観の序列を整理しないと

結構何をやってもムダで

 

 

 

だって健康の価値観が低いから、何を教えてもやらない(もしくはできない)ですもん。

 

 

 

価値観の低いもの、

意識が薄いものは

大抵衰退、良くて現状維持です。

 

 

 

ちなみに、あなたの周りに

健康の専門家だけど、

自分の健康に気を使わない人っていません?

 

 

 

食の専門家なのに太ってたり。笑

 

 

 

これは、その人にとって

健康という価値観が低いだけであって、

健康という分野を「仕事」として捉えている人ですね!

 

 

 

 

意外とこういう人ほど

知識豊富だし、

「凄いなー!」って思う人がいたりします。笑

 

 

 

その答えは、

健康が好きなんじゃなくて

ビジネスが好きな人なのです。

 

 

 

とここまで、つらつら書きましたが

例えば、皆さんのクライアントに

こう言う人が来たら

なんてアドバイスしますか?

 

 

 

こう言う『擬似健康問題』が

今大半なんじゃないかなーと。

 

 

健康問題って、

健康に気を遣えないから起こるわけで

 

 

 

じゃあなぜ健康問題に気を遣えないのか?

を紐解いて行かないといけませんね。

 

 

 

 

中医学って

五行とか、陰陽ばかりに

スポットが当たるんですけど

 

 

 

実は、こう言う『因果の法則』を

しっかり身に付けないと

分からない部分が多いです。

 

 

 

でも100%文献には

こういう内容は書いてない。笑

 

 

 

全部口伝なので!

 

 

 

では!!

 

 

 

 

気の話に興味を持った方はぜひ中医学を学んでください♪

あなたのご参加お待ちしております!!

 


↑詳細はこちらの画像をタップ↑

 

 

 

音譜こちらもよろしくね音譜

 

仕事や活動、お仕事依頼はこちらからイヒ

 

 

 

LINE@で睡眠や中医学の情報を2日に1度配信中♪


睡眠と中医学の専門家

依田恭平

 

 

 

こんにちわんこ🐶

睡眠と中医学の専門家の依
依田恭平(よだきょうへい)です照れ

 

 

 

 

今回は前回に引き続き生理痛のお話ウインク

 

 

 

 

前回の話はこちら

 

【刺すような痛みの生理痛】①生活習慣による瘀血タイプ

 

 

 

 

【4つの生理痛タイプ】

 

①生活習慣による瘀血
②冷えによる瘀血(陽虚:陽が虚す→冷えるということ)
③気滞(自律神経)の瘀血
④気と血不足の瘀血

 

※瘀血とは血がドロドロの状態のことです。

 

 

 

今日は、

②冷えによる瘀血タイプ


冷えると生理痛が悪化し、温めると和らぐのが特徴です。

 

 

陽虚と言われる状態で
簡単に言うと
体の熱エネルギーが不足しているタイプですあせる

 

 

 

生理痛の特徴としては

ギューっと締め付けられるような痛み。

 

 

 

 

冷えると、血流が悪くなるので

基本は冷やさずに温めることビックリマークビックリマーク

 

 

 

特に生理中は

冷やさないことがとても大切です。

冬だけでなく夏の冷房にも注意。

 

 

 

温める場所としては、お腹もなんですが

特に腰回りを冷やさないようにしてくださいお願い

 

 

 

 

服装にも冷えが

起こらないように心がけましょう。

 

 

 

【食事養生】

温かい根菜スープや紅茶

生姜、シナモンを加えて見るのもおすすめ

 

 

【その他】

・お風呂には毎日10分程度浸かる

・腹巻きは非常に有効。

 

 

【漢方】

・温経湯

・婦宝当帰膠

etc...

 

 

 

このあたりが対策なりますウインク

 

 

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

気の話に興味を持った方はぜひ中医学を学んでください♪

あなたのご参加お待ちしております!!

 


↑詳細はこちらの画像をタップ↑

 

 

 

音譜こちらもよろしくね音譜

 

仕事や活動、お仕事依頼はこちらからイヒ

 

 

 

LINE@で睡眠や中医学の情報を2日に1度配信中♪


睡眠と中医学の専門家

依田恭平

こんにちわんこ🐶

睡眠と中医学の専門家の依
依田恭平(よだきょうへい)です照れ

 

 

 

 

今日は生理痛についてです!

 

 

 

中医学を発信している方で、

生理痛・女性疾患を

扱っている方は結構多いのですが、

 

 

今日は私の見地で書いてみますねウインク

 

 

 

現代医学だと、

どうしても生理痛という一括りに

されてしまうケースって多いので

 

 

 

症状や特徴で

『どのタイプの生理痛なのか?』が

分かればもっと対策を打ちやすいですよね真顔真顔

 

 

 

てなわけで何日かに分けて書いていきます。

 

 

 

【4つの生理痛タイプ】

 

①生活習慣による瘀血
②冷えによる瘀血(陽虚:陽が虚す→冷えるということ)
③気滞(自律神経)の瘀血
④気と血不足の瘀血

 

※瘀血とは血がドロドロの状態のことです。

 

 

 

今日は1番の生活習慣タイプの瘀血について!!!!

 

 

 

①生活習慣による瘀血タイプ


運動不足や喫煙、
不眠など血行が悪くなる生活習慣を
長年送っている人がなる

 

 

典型的な瘀血がこれ!

 

特徴としては、とにかく痛みが強い。

 

 

・キリキリ痛む

・刺すような痛み

・出血量が多い

・血が黒ずんでいる

・ドロッとした塊のような血が多く出る

 

 

読んでいるだけで大変そうですあせるあせる

 

 

このタイプは、生活の悪習慣で

血流の流れが悪くなっているので、

血流を改善する食材を摂りましょう。

 

 

イワシやアジ、サバ、カツオなどの

青魚に含まれている

 

 

DHA(ドコサヘキサエン酸)や

EPA(エイコサペンタエン酸)は

血液をサラサラにする効果がありますグッド!グッド!

 

 

 

またホウレンソウやトマト、

ネギ、タマネギ、青シソなどの野菜には、

血小板の凝集を抑制し、

血液をサラサラに保ちますウインクウインク

 

 

ほかには、海草類、キノコ類、大豆製品も効果的です。

 

 

また、体を冷やしても痛みが強くなるので

冷たいものや生ものは極力避け

 

・玉ねぎ

・ネギ

・ニラ

・にんにく

etc…

 

これらを火を通して食す事がポイントです。

 

 

小量でも毎日のメニューに取り入れて、

バランスよく摂取するようにしてください。

 

 

一番大切なのは、

悪しき生活習慣の積み重ねによるものなので

生活習慣の見直しや改善は必須です

 

 

『病は1日にしてならず』

ということわざがある通り

 

 

劇的に改善する魔法はないので、

運動や入浴、マッサージなど

少しずつ改善していくことが必要です。

 

 

睡眠負債という言葉が

昨今流行っていますが

 

 

 

瘀血の借金を返していくことも

これまた同じことです。

 

 

 

漢方薬はそれを応援してくれるものと認識し、

上手く取り入れるのも良いでしょう。

 

 

 

桂枝茯苓丸、血府逐瘀丸、

冠元顆粒などがこのタイプに使われます。

 

 

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

気の話に興味を持った方はぜひ中医学を学んでください♪

あなたのご参加お待ちしております!!

 


↑詳細はこちらの画像をタップ↑

 

 

 

睡眠と中医学の専門家

依田恭平

 

 

 

音譜こちらもよろしくね音譜

 

仕事や活動、お仕事依頼はこちらからイヒ

 

 

 

LINE@で睡眠や中医学の情報を2日に1度配信中♪


睡眠と中医学の専門家

依田恭平

 

睡眠と中医学の専門家の
依田恭平です!

 

 

image

 

 

 

3月8日に私が理事を務める

睡眠栄養指導士の初級講座を開催します!

 

 

【申込はこちら】

http://nutrition-sleep.com/7days_lesson/yd/

 

 

 

中医学の投稿が多いですが、

本職は睡眠の専門家なのでウインクウインク

 

 

 

それにしても、睡眠って今本当に悩んでいる人多いですよね。

 

 

 

ただ、それよりも
自分が悪い自覚のない人の方が
圧倒的に多い真顔(特に男性)

 

 

 

 

多くの人は寝付きに問題がなければ

 

 

 

 

「睡眠?ああ、僕は大丈夫さー!」

 

 

と思ってるのですが、
ここに落とし穴があります。

 

 

 

 

例えば、寝付きまでが5分以内の人って

これは寝付きが良いのではなく

 

 

 

疲れすぎなのです

 

 

 

 

つまり、疲労が蓄積した結果

自分で自分の睡眠をコントロールできない状態

 

 

 

 

いわば気絶に近い状態なんです。

(私はこれをバタンキュー型と呼ぶww)

 

 

 

 

こう言う人って、睡眠時間が短いのか

もしくは、睡眠の質が悪いのか

 

 

 

 

いずれにしても、睡眠負債が蓄積しているので、

体には色んな症状が出ているはずです。あせるあせる

 

 

 

 

例えば、朝が起きられない

日中に眠くなると言う睡眠の問題以外にも、、、

 

 

 

 

・些細なことでイライラする

・肌荒れ(消えないクマ)

・太りやすい

・集中力・記憶力の低下

・物忘れ

・情緒不安定

etc…

 

 

 

 

上げ出したらキリがありませんが

確実に日常で何かしらの問題が
起こっているでしょう

 

 

 

睡眠を疎かにした場合

大病として体に現れるのは

20年後と言われています。

 

 

 

 

また、以前渋谷のIT企業に

睡眠のコンサルをした時なんですけど

 

 

 

 

その職場は離職率がとっても多かったんです。

 

 

 

 

聞くとスタッフ間で

些細なことで言い合いが絶えないようで

常に人間関係のトラブルがありました。

 

 

 

これ、実は性格の不一致とか

コミュニケーションが下手とか

 

 

 

そう言うことが問題なのではなくて

実は、睡眠が悪いことによって

イライラしやすかっただけなんですよね。

 

 

 

 

睡眠を疎かにすると

他人を敬う気持ちと自尊心が低下すると言う

文献・論文もありますから。

 

 

 

 

日常に溢れる人間関係のトラブルって

全て睡眠で解決できます。

 

 

 

でもこれはほんの一部であって

仕事、健康、美容、メンタル、人間関係、お金

 

 

 

あらゆる問題に睡眠は関わっています。

 

 

 

 

この辺、医療従事者の人だけでなく

会社員や管理職の人も

知っておいて欲しいなーと思いますグッド!グッド!

 

 

 

 

3月8日

10時から新宿で行うので

良ければ参加してみてください。

 

【申込はこちら】

http://nutrition-sleep.com/7days_lesson/yd/

 

 

 

ではでは!!

 

 

 

睡眠と中医学の専門家

依田恭平

 

 

気の話に興味を持った方はぜひ中医学を学んでください♪

あなたのご参加お待ちしております!!

 


↑詳細はこちらの画像をタップ↑

 

 

 

 

 

音譜こちらもよろしくね音譜

 

仕事や活動、お仕事依頼はこちらからイヒ

 

 

 

LINE@で睡眠や中医学の情報を2日に1度配信中♪


睡眠と中医学の専門家の
依田恭平(よだきょうへい)です!



【石の上にも3年】
という言葉がありますよね。



最初は冷たい石の上でも
長い間座り続ければ
徐々に暖まってくる



つまり
辛くても我慢して続ければ
いつかは成し遂げられる。
という意味です。



個人的には結構
好きな言葉なんですけど、



ただ、
どちらかというと



このことわざって
昨今は軽く見られて
いる印象があります。



なぜって



これだけ物事の
移り変わりが速くて
スピードが求められる時代



「思ったらすぐやるべし!」
「いつ死ぬか分からない」
「考えながら走れ!!」




こんな言葉に刺激を受けて
何かを始めた人も多いのでは?
と思います。



かくいう私もその一人で
周りのスピードに合わせながら
この2年ほどやってきました。



そのお陰で
睡眠の専門家としては




・セミナーは累計139回
・TV出演
・500人規模のイベントで登壇スピーチ
etc..,




色んな方のご助力もあって
中々良い経験を
させてもらったなーと思います。




キャリアとしては
申し分ありません。




ただ、最近は
「自分まだまだだな」
と感じる事も多くありまして。




色々活動を
振り返っていたり
してたんですね。




そんな時にですね。




私が良いなーと思ってて
参考にしている
とある同業の方のブログを見たんです。




その人のセミナーって
いつも50人くらい集まってて
ホントすごいなーと思ってたのですが、




で、何を見たかのかというと
【ブログをいつから書いていたのか?】
【いつから活動してたのか?】




という部分なんです。




そしたら、
2011年から
ブログを書き始めていて




活動は更に前からだったんです。




当時のブログを見たんだけど
内容的にはすっごく薄かった。笑




もうびっくりするほどww




でも、そこがまた
歴史を感じたし
才能じゃないんだなー
と思ったんですね。




「この人、やってきたんだな」と。
時間をかけて積み上げてきたんだなと。



そう感じずには
いられませんでしまた。



ただね、
地に足をつけながら
経験をしっかり積む事と



ゆっくり
のんびりやる事は
全くの別物なんです。



自分の心地の良い範囲で
自分の出来ることをやる



これは時として
甘えにもなるし
成長や可能性を潰します。




新しい世界も見ない
新しい事も学ばない




中医学的に考えると
中庸(ちゅうよう)である事が大事で、



つまり
バランスが大事だと
言うことなんです




スピードに乗って
頑張った時期があって




土台の大切さを知って
コツコツ目の前の事に
注力した時期もある




これって
どちらも経験したからこそ
自分の中で折り合いが
つくんですよね。




知識と実経験は
どちらも揃って財産です。




例えば、燃え盛る
火の温度は1000度なんです。
(↑知ってました?笑)



これを知っただけでも
「火って危ないんだな..気をつけよう」




あなたは
こう思うことでしょう。





ただ、実際に火の中に
手を突っ込んで
大火傷をした経験のある人は




火の怖さを
誰よりも知ってます。




それゆえ



「火は危険だ、
絶対に近づかない方が良いし、
使わない方が良い」




こんな風に一種のトラウマ的に
感じるかもしれません。





でもこれは極端な話です。




なぜって、現代人は
火の恩恵をかなり
受けているはずです。




危険性はあれど
便利さもあるはずです。




これは火を例に出した
例え話ですが、




つまり
何が言いたいかというと


物事を片方だけ
切り取ってしまうと
自分の中で解釈が出来なく
なってしまうという事なんです。




自分もそうですが
これ、結構迷っている人多いですよね。




【物事の折り合いをつける】




これはとても大事で



そうでないと、
その時々に自分にとって
都合の良い言葉に
踊らせれてしまいます。




「ホリエモンはこう言った」
「成功者はみんなこういう考え方だ」




という感じです。




これが日々
悶々としてしまう原因ですし
悩みの種だったりします。





病も一緒




コロナウイルスの
感染拡大にばかり
目をやる人と




免疫力高めれば大丈夫だと
豪語する専門家




どちらも真実だし
正解である




つまりあなたが
どう解釈するかが全てなんです。




中医学の実践者として思う事は
「物事の真ん中を知ると答えが出る」
という事です。




とまあ、
つらつらと書きましたが




難しい話になっちゃいました。笑
悪い癖だぜぃ




お酒が美味しい
空だけどww





ハッピーアワー万歳




そんな感じでお終い





睡眠と中医学の専門家
依田恭平




公式ホームページはこちら💁‍♂️

 

 

LINE@で睡眠や中医学の情報を2日に1度配信中♪


睡眠と中医学の専門家