「きもの検定」10月17日実施 | 京都から☆大切な思いを伝えたい 六代目・八百梅商店

京都から☆大切な思いを伝えたい 六代目・八百梅商店

継承される思いを大切に、「今」自分に出来る「物・事・話」を発信していきます。宜しくお願いします。


テーマ:
京都ならではの企画ですね

 全日本きもの振興会(京都市下京区)は30日、本年度の「きもの文化検定」の実施概要を発表した。10月17日に京都市など全国16カ所で実施する。

 和装に親しんでもらおうと毎年実施しており、5回目。検定は1~5級で、着物に関する一般常識や専門知識を問う。設問はマークシートや記述式。

 発表に合わせ、同振興会理事の服飾評論家市田ひろみさんが同市役所を訪れ、毎日着物姿で仕事をしている門川大作市長に「名誉きもの学士」の称号認定証を贈った。

 京都会場は同市北区の立命館大。受験料は級別に4千~9千円。インターネットや専用の申込用紙による郵送で受け付ける。締め切りは9月3日。同検定事務センターTel:075(221)2334。

京都新聞 2010年07月30日

濱田伸治さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス