私の成形方法は独特だ、と云うより無茶苦茶だ!
以前言ったように、先生、師匠がいないので、
勝手にネットで成型方法を参考にして、
先ずは粘土でひも状のパーツを作りそれを積み上げる。
もしくはロクロをまわしながら成型する。
これは最初の段階で何度か挑戦したが、
満足のゆくものは作られなかった。

 


何か無精者がカンタン作れる方法はないかと、
YouTubeを探していると楽焼の解説が、
粘土の塊を大まかな形に成型して、
ある程度乾いたら内外に削りを入れて、
最終的に高台を仕上げて乾きを待つ。

この工程でも好き勝手にやっている。
YouTubeは参考にするが、
あくまで自分のやり易いようにやっている。

粘土は一年半前にネットで買った有田唐津土、
もう一つは清水焼団地の粘土屋で買ったベーシックな赤土。

有田唐津土はひも作りの成型、
ロクロをまわしながら成型も試したが、
いずれもうまくいかず、半年ほど遠ざかっていたが、
楽焼の成型方法だと問題なく出来るので再開。

 



先ずは3点出来上がった中の有田唐津土。
釉薬は蕎麦釉を普通に掛けてみた。






高台は地肌を出したかったので、
釉薬と唐津土地肌のせめぎ合いを出したかったが、
初めての釉薬掛け、そんな簡単に行くわけ無い(笑)。

 


時間のある限り、赤裸々に失敗記録を報告。
誰も聞きたくないないかもしれないが(笑)。



政府がようやく緊急事態宣言を出す気配だ。
予断を許さない時期、瀬戸際等、一ヵ月ほど前から、
安倍首相、小池都知事から何度聞いただろう。
東京都で感染経路をたどれない例が増え、
確認された感染者が2日連続で100人を超え、
これは比較的若い方の「無症状病原体保有者」が
全国に蔓延している証なんだろう。
何度もしつこいほど個人的に言っているのだが、
二週間前の連休で国民が気を緩めた結果が、
この感染者増大に繋がっているのだろう。
国の読みが甘かったら取り返しのつかない事になる。

大都市では幾分自粛は働いているが、
実際目の行き届かない、例えば京都の京北町、
アメブロで福岡糸島の美しい風景写真を
投稿されている方の情報によると、
土日なると他府県ナンバー車が多く押し寄せ、
これは未だに京都でも変わらない。
やはり国としての強烈な宣言しない限り、
ここなら大丈夫と思う人は日本中を駆け巡るのだ。
自動車、バイクの個人的な移動なら余り問題ないのだが、
どうしてもその場で飲食を伴う滞在をしてしまう。
「無症状病原体保有者」とは誰も知る由が無いので…

この数日間のアジア近隣の状況を見てみると、
台湾の感染者365人、死者5人、
タイの感染者2169人、死者23人、
フィリピンの感染者3246人、死者5人、
ベトナムの感染者240人、死者0人、
マカオの感染者44人、死者0人
インドの感染者3577人、死者152人、

中国を除いて突出しているのが
韓国の感染者10237人、死者183人だが、
PCR検査、感染対策を徹底しているので、
ここに来て新たな感染者は目に見えて減少傾向にある。
今日の速報、韓国の新たな新型コロナ感染者47人。
日本は5日の時点で東京で新たに143人、国内合わせて360人。

中国武漢の恐ろしい厳戒態勢の映像、
ダイヤモンド・プリンセス号の経験、
イタリヤ、スペイン等の急速な感染、
お隣の韓国の過敏且つ機敏な対策、
アメリカのトランプ大統領さえ、
初期の段階で馬鹿にするほど軽く見ていたのに、
数週間前に国民に強い警告を与えるまでに…

幾度も先手が打てたはず!

将棋の世界では何手先を読むかで勝敗を左右する。
羽生名人クラスになると終盤などは1分間で20~30手、
単純計算だと1時間で1200手という事になる。

こんな共通の情報を得ておきながら、
政府はこの二ヶ月間、
予断を許さない状況、瀬戸際を繰り返し、
国民をどんどん危険な状況に追いやっている。
国、国民の事を思うなら強いメッセージも必要。
NY州のクオモ知事のように!
誰も自国が滅びる事を望んでいない。
ましてや親子供たち、愛する人が苦しむ事も、
素直に国民、国の思いを言葉にすれば、
賛同は得られるはず、

台湾の感染者365人、死者5人で抑えている状況、
韓国の対策も学ぶべきものも多い。
ダイヤモンド・プリンセス号が接岸して
二ヶ月が過ぎようとしているが、
先手必勝の一手も繰り出せない安倍政権、
これ以上後手後手に回ると、
本当に国も国民も取り返しのつかない事態に陥る。
すでに日本経済を助けるには遅きに失した感があるが、
国民を助けるのには決してこれからでも遅くはないはず。
国民視線で真摯に取り組めば、国民の協力も得られるはず。

こんな話誰も聞きたく無いと思ってもみるも、
これ位しか今の私には出来ないのも事実。

 

 


京都市 ブログランキングへ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 京都風景写真