バイクでお遍路の旅。八十二番札所、根香寺(ねごろじ)。 | リフォーム屋おやじの よもやま話。

リフォーム屋おやじの よもやま話。

香川県 (丸亀市、坂出市、善通寺市、宇多津町、多度津町、まんのう町、琴平町)

八十一番から、同じ五色台にありながら

高松市に入り約15分で、

八十二番札所 根香寺に到着します。

 

根香寺は、お大師さんが建立した「花蔵院(けぞういん)」と、

お大師さんの甥にあたる、智証大師が建立した

「千手院(せんじゅいん)」の2院の総称となっています。

 

山門です。

 

駐車場の真ん前にあります。

 

山門を入ってすぐに下りの石段を下りて大師堂。

大師堂から上りの石段の上に本堂があります。

 

 

本堂です。

 

本堂の中は入ってすぐに左回りで、

「万体観音の回廊(多くの小さい観音様が並んでいます)」を回って参拝します。

 

ご本尊は「千手観世音菩薩」です。

 

四国霊場に4か所ある、天台宗の札所の一つです。

 

 

智証大師がご本尊を彫った霊木です。

 

成長は止まっているようですが、

現在もこのお姿で鎮座されています。

 

この霊木の切り株が、いい香りを発したことから

「根香寺」の名前の由来となっています。

 

 

ポケモンではございません!(笑)

 

これは「牛鬼」と呼ばれた怪物です。

 

かつて「牛鬼」はこの地で暴れて、

人々を苦しめていました。

 

その時に、弓矢の名人「山田高清」という武将が

根香寺に願をかけて退治しました。

 

その際に奉納された、牛鬼の角は今も寺に残されています。

 

駐車場の一角にありました。

 

 

五色台山中の歩き遍路道です。

 

 

五色台から見た、高松市街です。

 

奥の平たい山は、

源平合戦で有名な「屋島」です。

 

 

御朱印です。