バイクでお遍路の旅。八十一番札所、白峯寺(しらみねじ)。 | リフォーム屋おやじの よもやま話。

リフォーム屋おやじの よもやま話。

香川県 (丸亀市、坂出市、善通寺市、宇多津町、多度津町、まんのう町、琴平町)

八十番から国道11号線、香川県道16号線を

五色台の登り坂道を走ること約20分。

八十一番札所、白峯寺に到着です。

 

五色台とは、

赤嶺、青峰、黒峰、黄峯、白峰という

土色の違う5山の総称で、台形の形をした

香川県特有の山です。

 

瀬戸内海国立公園に含まれてもいます。

 

山門です。

 

五色台山中の、こじんまりとした山門でした。

 

手前の橋の下には、お大師さんが眠られています。

 

金剛杖を持ってお参りされる方は、

橋を渡るときは絶対に杖をつかないでくださいね!

 

お大師さんが、目を覚まされますので!!!

 

 

本堂です。

 

白峯寺は、保元の乱の後 讃岐に流刑になった

崇徳上皇が荼毘に付された白峰御陵の近くにあります。

崇徳上皇の怨念を恐れた後鳥羽上皇は、

この地に法華堂を建立されました。

 

これが、白峯寺境内にある「頓証寺殿」です。

 

ご本尊は「千手観世音菩薩」です。

 

 

大師堂です。

 

コンパクトなつくりでした。

 

 

護摩堂兼納経所です。

 

 

なぜか、ヤギちゃんが!?

 

あれっ!

 

ヒツジちゃんなのか!?(笑)

 

 

 

 

駐車場にある神社と、

お迎えしてくれている、お大師さんの石像です。

 

 

五色台から見る瀬戸内海と、

瀬戸大橋(白っぽく左右にみえるもの)です。

 

 

御朱印です。

 

相棒の「銀さん」です。