バイクでお遍路の旅。七十八番札所、郷照寺(ごうしょうじ)。 | リフォーム屋おやじの よもやま話。

リフォーム屋おやじの よもやま話。

香川県 (丸亀市、坂出市、善通寺市、宇多津町、多度津町、まんのう町、琴平町)

七十七番から、香川県道21、33号線を、

東へ約20分で、宇多津町にある

七十八番札所、郷照寺に到着します。

 

郷照寺は、四国霊場では唯一、時宗の札所で

(浄土教の1宗派で、踊念仏が特徴)

(初耳でした)(笑)

一遍上人が開祖で、真言宗と時宗が

宗派を超えて同居する、特異な霊場となっています。

 

 

山門です。

 

山門をくぐった先に先に、駐車場があります。

県道からここまでは道が非常に狭いので、

大型の車で行かれる方は要注意です!

 

 

威風堂々とした、本堂です。

 

屋根の形が独特で、

奈良様式の建築となっています。

 

ご本尊は「阿弥陀如来」です。

 

「厄除け うたづ大師」として、

お正月には10万人もの参拝者が訪れる、

大師堂です。

 

 

本堂の天井画です。

 

うーん!

 

なんとも鮮やかな景色でした!

 

 

境内から瀬戸内海を眺めた画です。

 

右手奥の、白く見えているのが瀬戸大橋です。

 

 

御朱印です。

 

 

 

 

 

女性向け。 胸いっぱいの柔らかさをあなたに。

 

 

 

男性向け。 薄毛でお悩みならコチラ!

 

 

 

突然の停電対策、大丈夫!?