バイクでお遍路の旅。七十番札所、本山寺(もとやまじ)。 | リフォーム屋おやじの よもやま話。

リフォーム屋おやじの よもやま話。

香川県 (丸亀市、坂出市、善通寺市、宇多津町、多度津町、まんのう町、琴平町)

六十九番から、香川県道5号線を東へ約15分。

七十番札所、本山寺に到着です。

 

香川県内(特に中、西讃)は、地元でありまして、

寺名、場所も知っていますので、

道に迷うこともなくスムーズに回れました。

 

が・・・・・・。

 

 

参拝するのは・・・・・・・・・。

 

 

初めてでーす!(罰が当たりそう!)(笑)

 

 

仁王門です。

 

約2万㎡という広大な境内で、

風格のある諸堂が立ち並んでいます。

 

国宝にもなっている本堂です。

 

長曾我部軍に攻め込まれた歴史がありますが、

その時兵士が見たものは、体から血を流す

「阿弥陀如来」でした!

 

恐れをなした長曾我部軍は退散して、

建立当時の本堂他が、現在も残っているそうです。

 

この「阿弥陀如来」は「太刀受けの弥陀」と呼ばれています。

 

ご本尊は、四国霊場では唯一の

「馬頭観世音菩薩」です。

 

 

ご本尊にちなんで、馬の像がありました。

 

 

大師堂です。

 

 

遠くからでも目立つ、五重塔がこちらのシンボルです。

 

手水舎から見た、五重塔。

 

 

修行大師さまと、本堂と、五重塔。

 

 

こちらの本堂は、

お大師さんが「一夜」で建てた!

という、言い伝えがあります。

 

まさに「超人」です!!!

 

 

御朱印です。