バイクでお遍路の旅。六十九番札所、観音寺(かんのんじ)。 | リフォーム屋おやじの よもやま話。

リフォーム屋おやじの よもやま話。

香川県 (丸亀市、坂出市、善通寺市、宇多津町、多度津町、まんのう町、琴平町)

六十八番と同一敷地にある、

六十九番、観音寺へは迷わずに参拝できました(笑)。

 

初めてのナビなしのバイク遍路でしたので、

実は道に迷うことが多々ありました。

 

でも、今回は・・・

 

迷いませんでした!(笑)

 

 

 

仁王門の立て札には、ご覧のように

観音寺と神恵院の名前が刻まれています。

 

 

仁王門を入ってすぐにある案内看板です。

 

右が観音寺。左が神恵院となっています。

 

 

近代的な神恵院とは異なって、

室町時代建立の、朱色の柱が美しい本堂です。

 

なんとも、不思議な空間が味わえます。

 

本堂は、国の重要文化財となっていて、

ご本尊は「聖観世音菩薩」です。

 

 

大師堂です。

 

観音寺と神恵院は、

もともとは琴弾八幡宮の神宮寺でありましたが、

明治の神仏分離令で別れて現在の形になっています。

 

八幡宮のご本尊が、観音寺の金堂に移り、

それを独立した神恵院が本尊としたために、

2つの霊場が1つの境内に収まりました。

(ややこし~)(笑)

 

 

御朱印です。