バイクでお遍路の旅。六十八番札所、神恵院(じんねいん)。 | リフォーム屋おやじの よもやま話。

リフォーム屋おやじの よもやま話。

香川県 (丸亀市、坂出市、善通寺市、宇多津町、多度津町、まんのう町、琴平町)

六十七番から、香川県道5号線を、

北西へ約20分で 観音寺市にある

六十八番札所、神恵院に到着です。

 

こちらは、六十九番 観音寺と同じ境内にあり、

住所も電話番号も納経所も全く同じという、

とても珍しい札所になっています。

 

横着者の僕には、大変ありがたい札所でした(笑)

 

 

案内板です。

 

仁王門を入って左手に神恵院と納経所。

 

右手に観音寺がありました。

 

 

仁王門です。

 

 

何に見えますか!?

 

 

正解は、本堂の外観です。

 

四角いコンクリート造りの建物で、

最初は???????????

 

でした!(笑)

 

 

四角い建物の入り口から、

短い階段を上がったところに、

本堂の中の本堂(?)がありました。

 

般若心経を唱える自分の声が響いて、

なんだか神妙な気持ちになりました。

 

ご本尊は「阿弥陀如来」です。

 

 

こちらは、木造建築の大師堂です。

 

寺を開いたのは法相宗(スミマセン!初耳でした)の日証上人という方で、なんと!!

 

飛鳥時代の話だそうです。

 

その後、お大師さんがこの地を訪ねて

現在の「神恵院」となりました。

 

神恵院のある山上から見た、

「寛永通宝の砂絵」です。

 

観音寺市といえば、この巨大な砂絵で

奥には燧灘、有明浜が見えています。

 

まー どうでもえー話ですけど、

僕の生まれは観音寺市です。

 

やっぱり・・・

 

どーでもエー話でした!(笑)

 

 

御朱印です。

 

 

 

 

 

 

 

 

女性向け。 胸いっぱいの柔らかさをあなたに。

 

 

 

 

男性向け。 薄毛でお悩みならコチラ!

 

 

 

 

突然の停電対策、大丈夫!?