バイクでお遍路の旅。六十三番札所、吉祥寺(きちじょうじ)。 | リフォーム屋おやじの よもやま話。

リフォーム屋おやじの よもやま話。

香川県 (丸亀市、坂出市、善通寺市、宇多津町、多度津町、まんのう町、琴平町)

六十一番内の六十二番から(変な言い方!)、

国道11号線を東へ約10分で、

六十三番札所、西条市の吉祥寺に到着です。

 

重厚なイメージの本堂です。

 

ご本尊は「毘沙門天」です。

 

四国霊場の中で、唯一「毘沙門天」がご本尊なのはこちらだけなんですねー。

 

あと、未公開ではありますけど

寺宝に「マリア観音像」が収められているのも

非常にめずらしいことです。

 

これは戦国時代に、高知沖で遭難した

イスパニア船の船長が、長曾我部元親に贈ったものが流れ流れて吉祥寺に奉納されたそうです。

元親はマリア様なんかは知りませんので、

美しい観音様だと信じて祀っていたそうです(笑)

 

江戸時代のキリスト教禁令にも見つからずに

現存しているのもすごいことだと思います。

 

 

 

大師堂です。

 

地元の農家さんからは「米持ち大権現」

と、親しまれているそうです。

 

 

 

左が「大師像」で、右が「くぐり吉祥天女」です。

 

「くぐり吉祥天女」には、

富を授かるご利益があるそうです。

 

どうか僕にも・・・・・

 

富をください!!!

 

 

ちょっとでいいですから!(笑)

 

 

 

「成就石」です。

 

右下の穴に金剛杖を通すと、

願い事が叶う、とされています。

 

僕は金剛杖を持っていないので・・・

 

 

願い事すらできませんでした(笑)

 

 

 

御朱印です。

 

 

 

 

石鎚山系の伏流水(地下水)が豊富な

西条市には「アサヒビール四国工場」があります。

 

ぎゅ~と一杯、いただきたかったですけど

ガマン、ガマン、もひとつ我慢の僕でした(笑)