バイクでお遍路の旅。五十九番札所、国分寺(こくぶんじ)。 | リフォーム屋おやじの よもやま話。

リフォーム屋おやじの よもやま話。

香川県 (丸亀市、坂出市、善通寺市、宇多津町、多度津町、まんのう町、琴平町)

五十八番から、愛媛県道155,156号線を

東へ約20分で、五十九番、国分寺に到着です。

今治市内、最後の札所となります。

 

四国4県に1か所ずつある伊予 愛媛の国分寺で

当時は高さ60ⅿもの七重の塔がそびえていて

伊予仏教界に君臨する、大寺院でした。

 

 

本堂です。

 

ご本尊は「薬師瑠璃光如来」です。

 

初めての遍路旅で2回目のスミマセン!!

 

こちらのご本尊様のお名前は知りませんでした。

 

勉強だらけの初遍路旅です!!

 

 

 

大師堂です。

 

こちらの札所は、約600年の間に

源平合戦や天正の兵火(長曾我部元親)など、

4度の戦災に巻き込まれて、荒廃しました。

 

1689年の「四国遍路霊場記」には、

「茅葺きの小さなお堂が寂しく建つのみ」と書かれています。

 

江戸時代の後期になって、ようやく再興が進み

以降、戦火を逃れた文化財(お大師さんが奉納した五大尊明王の絵像など)が書院に収蔵されています。

 

 

 

手水場にある蛇口代わりの壺です。

 

こんなにお洒落で、歴史を大事にしている蛇口は

こちらだけだったかもしれません。

(思いっきり特注ですよね)(笑)

 

龍の口からお水が出ているのは、

何カ寺かは見ましたが・・・。

 

 

 

左側:願いをかけながら握手ができるお大師さん。

    お大師さんの左の看板には、

    「お大師さんと握手をして願い事は一つだけ

     あれもこれもは いけません。

     お大師様も忙しいですから。」

 

     と書かれています!(笑)

 

    願い事が多すぎる僕は・・・・・

 

 

    遠慮させていただきました!

 

    お大師さんは忙しすぎますから!!(笑)

 

右側:薬師の壺。

    自分の体の具合の悪い所を触って、

    こちらの壺を触ればよくなるというご利益が

    あります。

 

 

 

 

境内近く、住宅地の中にある七重の塔の基礎だった石群です。

 

現代に残っていたら、

さぞかし見事だったでしょう!!!

 

 

 

御朱印です。

 

 

 

 

 

 

女性向け。 胸いっぱいの柔らかさをあなたに。

 

 

 

 

男性向け。 薄毛でお悩みならコチラ!

 

 

 

 

 

突然の停電対策、大丈夫!?