バイクでお遍路の旅。五十八番札所、仙遊寺(せんゆうじ)。 | リフォーム屋おやじの よもやま話。

リフォーム屋おやじの よもやま話。

香川県 (丸亀市、坂出市、善通寺市、宇多津町、多度津町、まんのう町、琴平町)

五十七番から、今治市道?を田んぼの中、

そしてくねくね曲がる山道を南へ約10分。

標高300ⅿの高台にある、仙遊寺に到着です。

 

 

 

風格のある仁王門です。

 

駐車場のある境内から、200ⅿほど下にあって

歩き遍路さんはここから境内を目指します。

 

車、バイクは楽していきなり境内へ。(笑)

 

 

 

二層破風(にそうはぶ)の堂々とした本堂です。

 

ご本尊は「千手観世音菩薩」です。

 

荒廃した仙遊寺を、お大師さんが再興したのち

再び荒れ寺になったそうです。

 

その仙遊寺を再び再興したのが、

明治時代の高僧、宥蓮(ゆうれん)上人。

 

信者とともに、再興に尽力した後、

日本最後の「即身成仏」として入定されました。

 

明治までは「凄い」時代だったんですね!

 

現代では、考えられないことだと思います。

 

 

 

大師堂です。

 

本堂に比べると、こじんまりした感がありました。

 

 

 

銀ちゃん(バイクです)を駐車場に止めて

境内に入るとすぐに「千体地蔵」が迎えてくれました。

 

 

 

このような、割と道幅の広い山道を登っていきます。

 

大型バスも走りますので注意が必要!!

 

 

 

 

 

 

 

御朱印です。

 

 

 

 

 

 

 

女性向け。 胸いっぱいの柔らかさをあなたに。

 

 

 

 

 

男性向け。 薄毛でお悩みならコチラ!

 

 

 

 

 

突然の停電でも安心を!!