バイクでお遍路の旅。四十二番札所、仏木寺(ぶつもくじ)。 | リフォーム屋おやじの よもやま話。

リフォーム屋おやじの よもやま話。

香川県 (丸亀市、坂出市、善通寺市、宇多津町、多度津町、まんのう町、琴平町)

四十一番、龍光寺から愛媛県道31号線を

北へ約5分で、四十二番札所 宇和島市の

仏木寺に到着します。

 

田んぼと小高い山に囲まれた静かな場所にありました。

 

 

本堂です。

 

「牛の背に乗る弘法大師」

そんな伝説が残る札所で、807年この地を訪れた

お大師さんは、地元の老人に誘われるまま

牛の背に乗って進んでいくと、楠の大木に

「宝珠」がかかっているのを見ました。

その「宝珠」はかつてお大師さん自身が、

唐から投げた「宝珠」だったのです。

 

この地が霊地だと感じたお大師さんは、

その楠の大木で「大日如来」を彫り

眉間に宝珠を埋めて本尊としました。

 

この伝説が、仏木寺の起源だそうです。

 

ご本尊は、もちろん「大日如来」です。

 

 

 

 

大師堂です。  

 

 

 

四国霊場ではめずらしい、

「茅葺屋根」の鐘楼堂です。

元禄時代に再建されました。

 

 

 

「牛の背に乗る弘法大師」伝説にちなんで、

「家畜堂」というお堂があります。

 

もともとは、農耕に従事する家畜の安全を祈願したものでしたが、今ではペットなどの供養でも

信仰を集めています。

 

 

 

宇和島に来たらこれ!

「鯛めし」をいただきましょう!!

 

松山の「鯛めし」は、釜飯風ですけど

宇和島は御覧のように、鯛の刺身に

タレをかけていただきます。

 

僕は断然、「宇和島派」です!

 

 

決して宇和島市の回し者ではございません(笑)

 

 

 

御朱印です。

 

 

 

 

 

 

女性向け。 小さなハートから、大きく揺れる幸せ。

 

 

 

 

 

 

 

薄毛の悩みは最後にしませんか?魔裟斗さんも愛用中!