さて、前回に続き

 インプラントのステップ2
 ネジを埋め込む
です。
 
私が紹介された歯医者さんは
笑気麻酔を使うところで、
初めて笑気麻酔を受けました!
 
鼻から笑気ガスを吸います。
「体が椅子に沈む感じになるよ」
「手先、足先がチクチクする感じがするよ」
「ワインを飲んだ感じに近い」
と説明を受けました。
 
笑気麻酔は初めてで怖かったので
恐る恐る吸っていましたが
数分後、
本当に体が椅子に沈む感じになりました!
体が重くて動かしたくないけど、
だるいのではなく心地いいです。
チクチクはしませんでした。
 
「ほおほお。これはすごい。
 でも不安が消えるとか、
 精神的な効果は分からないな」
と思っているうちに
インプラントの治療が開始しました。
 
まず注射の麻酔をして
ドリルでウィーンとネジを入れていきます。
骨に固定するわけなので
骨に響きます。
「あと何回かゴリゴリします」
「とってもうまくいってるよ」
など言ってくれます。
 
最後に数針縫って終了!
 
笑気麻酔の最後に酸素を入れて、
すぐに車の運転をしても大丈夫です。
 
3Dレントゲンを撮ってみたら
綺麗にネジが入っていました。
鏡で見てみたら、
ねじにキャップしたような金属が見えました。
 
全部合わせても30分くらいで
あっという間。
 
笑気麻酔の効果は分からないと思ったけど
確かに不安もなく終わったので効いたかも。
今回は選択の余地なく笑気麻酔ありでしたが、
今後何かの時に希望を聞かれたら、
ありにしようと思います。
 

その後は、抜歯の時とは違って
麻酔は数時間で切れて
痛くなってきました。
 
処方された痛み止めは
パナダインフォルテ といって
パナドール+コデインのものです。
コデインは中毒性がある?らしく
なんだか恐ろしいので
飲みたくなかったのですが、
痛くて何もしたくなくなると困るので
夜飲みました。
(コデイン服用で眠気が出る場合もあるので
 車の運転や機械の操作も避けた方がよい
 とのこと)
 
いずれにしても、
抜歯よりダメージは少ないです。

翌日の夕方である今も少し痛くて
家に帰ったら痛み止めを飲もうかな、
という感じです。


次のステップはまた3ヶ月後です。
 
 


人気ブログランキング

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村