みなさんこんにちは。前回からの続きです。

本題の「5000系」からは少し話しを拡げ、全国的に例のないほどの沿線人口の爆発的な増加の中、年を追うごとに激化していった京阪電車の平日朝ラッシュ時輸送、その解決のために昭和30〜50年代に採られた対策について、時系列的に掘り下げるということをしています。

 
 
グーグル地図より。

朝夕には「国鉄環状線」への乗り換え客が殺到し、輸送上で最大の隘路だった「京阪電車 旧京橋駅(大阪市都島区)」。

前回までの記事では、着工から3年の歳月をかけて、旧線(赤い線)と旧駅(の線)の南側に、現在の高架線と高架駅を建設・移転することで、ひとまずは過酷な京橋駅のラッシュは改善を見た、というところまで述べました。
 
 
ただし、1969(昭和44)年12月に完成したのは「高架複線」。さらに混雑を緩和させるため、これを「複々線化(上下2線、合計4線)にしようとするのですが、付帯工事が必要で、翌1970(昭和45)年の完成までしばらくの間、列車本数の大幅な増発は待たねばなりませんでした。
 
 
それでは、高架線に切り替えられた現在線の様子をたどりながら、京橋駅から隣の「野江駅(同城東区)」つまり京都方面へ向かいたいと思います。以下、先頭車両より自身にて撮影。
 

 
 「京橋駅」を出た電車は、まず「大阪環状線」を4線の大ガードで跨ぎます。
 
 
このあたりで、地上線が急カーブと急勾配で左側(北側)から合流(赤い線)。
 

 
ここからは、すでに戦前から使用されていた高架区間がはじまります。現在はこの区間、先ほども触れたように「複々線」となっているのですが、1970(昭和45)年のくだんの工事が完成するまでは、複線のままでした。
 
 
「京街道(国道1号)」を左にカーブを取りながらガードで跨ぎ…
 

 
そこからひたすらに長い直線区間に入ります。
 
 
前方に見える「JRおおさか東線」ガードの向こうの区間は、早くも1931(昭和6)年に高架複線化され、さらにその2年後の1933(昭和8)年には複々線が「守口駅(もりぐちえき、大阪府守口市。現在の守口市駅)」の手前まで完成していました。
 

 
昭和初期の当時としては、一切踏切がなく、直線が連続する画期的なもので、内側2線が優等列車、外側2線を普通列車が使用するため、追い抜きや待避などを勘案する必要がなく、高速での運転が可能なものでした。
複々線完成直後の空撮、「関目駅(大阪市城東区)」付近。出典①。
 
ただしその「守口駅」からの高架複々線は、このあたりにあった「蒲生(がもう)信号所」を境に複線となり、先日まで取り上げていた地上線、「旧京橋駅」へと至っていました。
どのような状況だったかといいますと…
 
 
京都方面へ向かう列車は、信号所を通過するとここから「複線→複々線」となり、緩急分離で高速運転が可能な区間になるのですが…
 
 
逆に、京都方面からやって来た列車は、ここで「複々線→複線」へと減線。
ラッシュ時にはここでの信号待ちが多発し、ダイヤ組成上で大きな支障になっていました。
 

 
当時のショットから。
「旧京橋駅」から地上の複線区間を進んで来た京都ゆきの特急列車が「蒲生信号所」を通過。
複々線区間に入ろうというところ。出典②。
 
 
京都方面から来た列車ですと、高速運転が可能で、大量輸送が出来る複々線をせっかく進行して来たのにも関わらず、この信号所を境にして複線となることから、ダイヤ組成上、大変なネックになっていたようです。

乗降客が京阪で最も多い「京橋駅」を目前にしてのこのようないびつな線路形態だったので、戦前からの複々線をそのまま京橋方面につなげることが輸送上必要だったことがわかります。
 
 
15分ヘッド運転開始に合わせて1971(昭和46)年に登場した特急車両「3000系(初代)」。
「京阪特急=テレビカー」のイメージをさらに植え付けた存在だった。
引退前にデビュー時の姿「クラシックタイプ」に復元された姿。樟葉にて。
 
 
ちなみに、沿線の「くずはモール」で保存展示されている車両は、この「3505号車」。
 
本題に戻りますが、この信号所の廃止、すなわち「全面的な複々線化」により列車本数の大幅な増発が可能になりました。
その翌年の1971(昭和46)年6月のダイヤ改正で、日中はそれまでの20分間隔運転から、15分間隔運転へと特急・急行・普通列車の本数が増発出来たのも、この区間の複々線化が完成したことが大きな要素になっています。
 
 
そして、この「天満橋〜野江間高架複々線」が完成した1970(昭和45)年に登場したのがラッシュ輸送に特化した本題の「5000系」でした。
旧塗装、八幡市(現在の石清水八幡宮)にて。

いよいよ、この「5000系」が本領を発揮する時代に入って来ます。
 
(出典①「京阪電鉄、叡山電鉄、京福電鉄(嵐電) 1世紀の写真記録」 高橋修著・アルファベータブックス刊 2017年)
(出典②「レイルNo.73 京阪ロマンスカー史 上巻」 エリエイ/プレスアイゼンバーン発行 2010年)
 
次回に続きます。
今日はこんなところです。