みなさんこんにちは。前回からの続きです。

先日、16日に全線開業した「JRおおさか東線」、初日に沿線を巡った際の様子をお送りしています。
 
イメージ 1
大阪都心へ直通する「学研都市線」との共同駅となり、また「OsakaMetro 今里筋線」とも接続するなど、一気に「重要な交通の要衝」となった「鴫野駅(大阪市城東区)」をあれこれと探索して来ました。
 
イメージ 2
やって来た「久宝寺ゆき」に乗り込み、さらに先へと進みます。
 
イメージ 3
ここからひとつ東隣の「放出駅(はなてんえき、同鶴見区)」までは「学研都市線」と並行する、いわゆる「重複区間」になっています。
 
イメージ 4
「鴫野駅」を発車。真下は「今里筋(いまざとすじ)」です。
その直下には「OsakaMetro 今里筋線」が南北に走っています。
 
イメージ 5
 
イメージ 6
ここで「学研都市線」上り線(四条畷・松井山手・木津方面)線路が高度を上げて「おおさか東線」上下線を乗り越します。
 
イメージ 7
先ほど訪問した「南吹田駅(大阪府吹田市)」で見かけた「新線区間」の工事概要ですが…この区間をはさんだ配線の関係で、このように「学研都市線」が「おおさか東線」を乗り越える路線形態になっています。
 
こちらの工事も、全線開業の数年前から少しずつ「学研都市線」の線路を移設しながら徐々に進められて来ました。
 
イメージ 8
そういったことで、この「鴫野~放出間」は「学研都市線」と「おおさか
東線」との「複々線区間」になりました。なかなか迫力あるものです。
 
イメージ 10
 
イメージ 9
「鴫野駅」から3分ほど、到着したのは「放出駅」。
新線区間の終起点はこの駅で、ここから「久宝寺駅(大阪府八尾市)」まで至る南区間は、平成20(2008)年3月にすでに開業しています。
今回の全線開業で「久宝寺~新大阪間」で直通運転が行われるようになりました。
 
イメージ 11
この「放出駅」では、「おおさか東線」の電車は「学研都市線」電車との接続の関係で2~3分ほど停車するようになっています。
ちょうど、上下線の列車が並ぶ姿が見られました。
 
イメージ 12
反対側の「新大阪ゆき」列車は、先ほど「城北公園通駅(大阪市旭区)」などで見かけた「おおさか東線全線開業」と「八尾市制施行70周年」を記念したヘッドマークを掲出した編成でした。
 
イメージ 13
 
イメージ 14
しばしの停車の後、再び「新大阪駅」へと発車して行きました。
 
イメージ 15
 
さて、今回の新線区間の探索はこの駅で終了。
私事にわたりますが、幼少の頃から噂されて来た「新大阪開業」がついに実現し、実に感慨深いものを感じる沿線巡りでした。
 
イメージ 16
 
イメージ 17
大阪東部のみならず、奈良方面から「新大阪駅」へのあらたなアクセスの誕生、そして、すでに開業している南区間からの利便性の向上。
もっと言うと、東西軸に路線が発達している大阪近郊の鉄道網の中では、南北軸に路線を延ばすこの「おおさか東線」と接続する駅も多くあり、乗り換え先の路線からもあらたな旅客需要が延びることは相違ないようです。
 
数年後には「新大阪駅」から「大阪駅」北側の再開発地区「うめきた」地下に設けられる「仮称・北梅田駅」への乗り入れも計画されるなど、さらにその発展が楽しみな「おおさか東線」全線開業の様子をお送りして来ました。
 
イメージ 18
 
ところで、「新大阪駅」から一駅ごとに下車した際の乗車券も改札口で申告すれば貰うことが出来ました。これもいい記念になります。
そういったことで、今後の路線や沿線の変貌がすこぶる期待される「おおさか東線」全線開業初日の様子をお送りして来ました。
 
おつきあいくださりありがとうございました。
今日はこんなところです。