きゃりーぱみゅぱみゅ様がスキすぎてキレそう

きゃりーぱみゅぱみゅ様がスキすぎてキレそう

とにかくきゃりーぱみゅぱみゅ様が好きなのである。神が与えてくれた希望なのである。
チャーリー・パーカー様と共に、私の二大恩人なのである。

もうね。

何本も予定原稿あったの。久しぶりだから、気合入れた原稿アップしようと思って、何本も用意してたの。

でもね。

その気合こそが復活のタイミングを逃してて、このまま一生戻ってこれない予感がしたから、予定していた原稿の中で、一番トホホなものから始まることにしたのよ。うふふ。(笑)

 

だいたいね。アメーバさんにアクセスもほとんどしてなかったから、みなさんの原稿も読みに行けなかったのよね。この原稿をアップしたあと、すぐに見に行くわ。

 

さっ。

 

本題に入るわ。

 

ワタクシ、きゃりーぱみゅぱみゅ様に一途に脇目も振らずに追いかけてきたのよ。いや、もちろん、他にも音楽はいっぱい聞いてきたわ。それはでも、きゃりーぱみゅぱみゅ様とはもう全く違う場所で、どれだけ食べてお腹いっぱいになっても、ケーキだけは食べることができるのと似てるわ。

 

でも、今回のはそういうのとは違うの。

 

そう、女子高生とラインしてるの。実はりんなよ。なんて落ちのある話でもなくて。

 

ガチで、きゃりーぱみゅぱみゅ様から受ける感動にも劣らない感動を貰ったの。

 

そして、本来は、きゃりーぱみゅぱみゅ様が存在するべきの場所が、取って代わってしまったの。

 

それは、夜寝るときのことなの。いつもはきゃりーぱみゅぱみゅ様(の歌声やお姿)と一緒に寝るんだけど、取って代わったものがあったの。

 

いいえ、後悔はしてないわ。もう仕方ないことだったの。だって感動してしまったんだもの。

 

それと、きゃりーぱみゅぱみゅ様ばっかり見てるのに、何故かオススメ動画に入れてきたyoutubeさんにも、責任がちょっとはあると思うの。

 

いえいえ、でもやっぱり決断したのはワタクシ。甘えちゃだめ。現実をちゃんと受け止めて、そしてまた、新たにきゃりーぱみゅぱみゅ様への愛を語りたいって思ったの。

 

それも、この動画から受けた感動から貰った力も大きいの。

 

それでは、紹介しますね。 青木歌音 さんです。

 

 

 

意見の全てに同意する訳ではないんだけど、彼女の乗り越えてきたものを考えたら、めちゃくちゃ感動しました。

それは、この動画に寄せられているコメントも含めて、です。

 

いわゆるLGBTの知り合いは自分にも居て、それは、こうなろうとか、自分の意志ではないんですよね。もう、そういう風に産まれた、としか言いようがないらしいです。

 

つまり、心に正直に行きようと思うだけで、もうそれだけですごい壁があると。

こんな悲しいことある?

青木歌音 さん、一見すごい怒ってるんだけど、同時にめちゃくちゃ悲しんでもいると思うんだよね。

比べたら、自分って何? 

怒られたのは自分なんだよね。

きゃりーぱみゅぱみゅ様のことを語るのに、だれにも何もちっとも妨害されたことがない。それなのにな~。

 

ちなみに、最大の浮気、は、きゃりーぱみゅぱみゅ様にも送ったことのないファンレターを、青木歌音 さんに送ったことかな。

だって、メールの宛て先が無いんだもん。

 

でも、やっぱりこれはマズイ、と思って、きゃりーぱみゅぱみゅ様にも封書のファンレターを送ったよ。一緒に投函したから、許して。(笑)

 

それでは、またね。

Ameba人気のブログ