ダービーのサイン馬券の意味がわかりました。


今年は18番クリスタルウイングが「ング」サイン馬で、

3移動により2番サクセスブロッケンを誘導。


<ブロッケン現象>

太陽などの光が背後からさしこみ、影の側にある雲や霧に光が散乱され、
見る人の影の周りに、と似た光の輪となって現われる現象。


ブロッケン現象

<虹>

レインボー。雨上がりに、太陽と反対方向の地表から空にかけて現れる7色の円弧状の帯。


第75回ダービー→7、5→7番?5番?7枠?5枠?


5枠10番レインボーペガサス


鞍上は 安藤勝己騎手


7は何?番号?7枠?


<奈々>

G1に招待される女の子の名前は、

榮倉奈々

片瀬奈々

六車奈々


これだけ「奈々」にこだわるのか。


アンカツすらもサイン?


ダービーにおけるアンカツの歴史を調べると・・・


2004年第71回ダービー

1着 6枠12番キングカメハメハ 安藤勝己騎手

2着 3枠5番ハーツクライ

3着 8枠17番ハイアーゲーム


2005年第72回ダービー

1着 3枠5番ディープインパクト  

2着 4枠7番インティライミ

3着 7枠15番シックスセンス

8着 2枠3番ローゼンクロイツ  安藤勝己騎手


2006年第73回ダービー

1着 1枠2番メイショウサムソン

2着 3枠6番アドマイヤメイン

3着 7枠15番ドリームパスポート

中止 6枠11番ヴィクトリーラン  安藤勝己騎手


2007年第74回ダービー

1着 2枠3番ウォッカ

2着 8枠16番アサクサキングス

3着 7枠14番アドマイヤオーラ

7着 7枠15番フサイチホウオー  安藤勝己騎手


2004年はアンカツ自身が勝ち。

2005年からアンカツの隣枠の1頭が必ず3着以内に絡んでいます。

今回のアンカツ5枠の隣は4枠・6枠。

アンカツ自身が連対ではなく、サイン継続なら

第75回のうち、5枠が絡むことはできない。

(5番アグネススターチは3枠なのでやはり無理)


となると7枠も隣ではないので、結局 「奈々」にこだわったJRAの

思惑通り7番スマイルジャックが来るしかなかったことになります。


桜花賞のフレンチデピュティ産駒レジネッタでも驚かされましたが、

小牧騎手はすごいです。