銀河食堂のしろくまさん

銀河食堂のしろくまさん

劇団印象-indian elephant-の劇団員 山村茉梨乃のブログです。

【ご報告】 この度、劇団印象-indian elephant-に、所属することになりました。(2014年12月30日より) まだまだ未熟な私ですが、新たな気持ちで、今後も精進していきます。 皆様どうぞよろしくお願い致します! 山村茉梨乃

(写真:菅原康太)


(写真:菅原康太)

山村茉梨乃ーやまむらまりのー


俳優・振付家・劇作家
生年月日:1992年10月30日 
身長:156cm

〈出身地〉東京都
〈資格〉介護職員初任者研修・普通自動車第一種免許
〈特技〉口笛、ジャズダンス(6年)、秋田弁の発音
〈最終学歴〉桐朋学園芸術短期大学演劇専攻 ストレートプレイコース卒業


経歴

蜷川幸雄氏の「ロミオとジュリエット」に感銘を受け、12歳より演劇を始める。

子どもミュージカル、高校演劇を経て、短大卒業後、舞台を中心に活動。


2014年より劇団印象-indian elephant-に所属し、同年、Bangkok Theatre Festivalにて、目の見えない少女役としてタイ批評家協会最優秀女優賞受賞(外国人の受賞は初)。


また、調布市せんがわ劇場の芸術家グループに所属し、演劇アウトリーチ活動も行っている。


劇作家としての代表作に「鍵っ子きいちゃん」がある他、2017年以降は、劇団印象のほぼ全ての作品の振付を担当している。



劇団印象-indian elephant-とは



劇団印象-indianelephant-のHP


次回出演情報

*2021年10・11月 「藤田嗣治〜白い暗闇〜」出演


自己PR
「踊り」と「歌」といろんな「お家」を見るのが好きな人間です。
たまにへなちょこなイラストも描きます。
趣味は、深夜に縄跳びをしたり、映画を観ることです。
福祉関係のお仕事もしています。
好きな劇団は「深井プロデュース羽衣」さん
好きなアーティストは「カネコアヤノ」さん
好きな映画監督は「今泉力哉」さんです。


ブルー音符ブルー音符ブルー音符ブルー音符ブルー音符ブルー音符ブルー音符

映像作品
現在、3つの短編映像作品がオンラインにて無料公開中です。
コロナの為に、舞台を行うことが難しかった期間に、初めて映像での作品作りに挑戦しました。

■劇団印象・短編ドラマ■
「手で見る花も美しい?」

■劇団印象・ダンス作品■
「Cue Sheet」

■井谷優太×山村茉梨乃コラボ作品■
「kodoku_to_umi」
こちらも是非ご覧いただけたら幸いです。
宜しくお願い致します!


(写真:菅原康太)

(写真:菅原康太)


2021年
■2021年7月 劇団印象-indian elephant-「子ゾウのポボンとお月さま」(作・演出:鈴木アツト)《若竹幼稚園》にて再演 

■2021年3月 劇団印象-indian elephant-「子ゾウのポボンとお月さま」(作・演出:鈴木アツト)《せたがや子ども劇場》にて再演 
@北沢タウンホール

■2021年3月 劇団印象-indian elephant-「子ゾウのポボンとお月さま」(作・演出:鈴木アツト)《第20回アシテジ世界大会》にて再演
@茅野市民館

■2021年2月 燐光群「草の家」(作:守安久二子/演出:坂手洋二)出演 少年孝役
@下北沢ザ・スズナリ

■2021年1月 アート@多摩
劇団印象-indian elephant-「3℃の飯より君が好き」(作・演出:鈴木アツト)出演

2020年
■2020年12月 劇団印象-indian elephant-「エーリヒ・ケストナー~消された名前~」(作・演出:鈴木アツト)出演 ロッテ役
@下北沢駅前劇場

■2020年10月 サウンドクリエイター井谷優太×山村茉梨乃コラボ映像作品「kodokuto_umi」を制作しました。演出、振付、出演、編集

■2020年8月 子ども劇場せたがや 親子向け絵本読み語り
「うどんのうーやん」(作:岡田よしたか/演出:鈴木アツト)出演
「ぞうのたまごのたまごやき」(作・寺村輝夫/演出:鈴木アツト)出演

■2020年 アートにエールを!
短編ドラマ「手で見る花も美しい?」(作・演出:鈴木アツト)出演
ダンス作品「Cue Sheet」(作:山村茉梨乃/演出:鈴木アツト)出演、振付

2019年
■2019年12月 彩の国さいたま芸術劇場ゴールド・アーツ・クラブ「吾輩は猫である」(作・演出:ノゾエ征爾)出演
@彩の国さいたま芸術劇場大ホール

■2019年12月 劇団印象-indian elephant-「メリークリスマス・ハッピーバースデー」(作・演出:鈴木アツト)振付
@東中野RAFT

■2019年10月 劇団印象-indian elephant-「瘋癲老人日記」(作・演出:鈴木アツト)出演 颯子役
@下北沢駅前劇場

■2019年3月 劇団印象-indian elephant-新作リーディング「3℃の飯より君が好き」&ミニライブ(作・演出:鈴木アツト)出演
@浮ク基地

■2019年2月 劇団印象-indian elephant-ゲリラパフォーマンス北区《こどもライブハウス》出演
@北とぴあ

2018年
■2018年12月 せんがわ劇場〜親と子のクリスマスメルヘン〜「アリス」(作:山本タカ/演出:柏木俊彦)出演 アリス役(主役)
@せんがわ劇場

■2018年10月 劇団印象-indian elephant-「子ゾウのポボンとお月さま」(作・演出:鈴木アツト)《北とぴあ演劇祭2018》にて再演
@北とぴあ

■2018年9月 劇団印象-indian elephant-「子ゾウのポボンとお月さま」(作・演出:鈴木アツト)《鳥の演劇祭》にて再演
@くるびやホール

■2018年8月 劇団印象-indian elephant-「子ゾウのポボンとお月さま」(作・演出:鈴木アツト)《子どもと舞台芸術大博覧会》にて再演
@国立オリンピック 記念青少年総合センター

■2018年7月 劇団印象-indian elephant-「子ゾウのポボンとお月さま」を《りっかりっかフェスティバル》・《内間公民館》・《あいゆうホーム》にて再演

■2018年6月 劇団印象-indian elephant-「ヴィテブスクの空飛ぶ恋人たち」(作:ダニエル・ジェイミソン/演出・翻訳:鈴木アツト)秋田にて再演 
@ココラボラトリー

■2018年4月 劇団印象-indian elephant-「ヴィテブスクの空飛ぶ恋人たち」(作:ダニエル・ジェイミソン/演出・翻訳:鈴木アツト)出演 ベラ役
@下北沢シアター711 

■2018年2月 劇団印象-indian elephant-「子ゾウのポボンとお月さま」ゲリラパフォーマンス北区《こどもライブハウス》出演
@北とぴあ

2017年
■2017年10月 劇団印象-indian elephant-「ヴィテブスクの空飛ぶ恋人たち」(作:ダニエル・ジェイミソン/演出・翻訳:鈴木アツト)
リーディング公演(仙台)出演 ベラ役
@カフェ アリョンカ

■2017年10月 劇団印象-indian elephant-「子ゾウのポボンとお月さま」(作・演出:鈴木アツト)出演 女の子、象のおしり、長い鼻使い役
@東中野RAFT

■2017年2月 海外戯曲リーディング
「神の絶望」(作:ニコン・セタン/演出:鈴木アツト)出演
「セブンメニュー」(作:デヴィッド・アイヴス演出:宮崎真子)出演
@せんがわ劇場

2016年
■2016年9月 モズ企画リーディング公演「401号ユンジョンのとこ」(作:ヒョン・チャニャン/演出:鈴木アツト)出演 ユンジョン役(主役)
@笹塚Blue-T

■2016年4月 室蘭VOX第8回演劇ワークショップ「鍵っ子きいちゃん」(作:山村茉梨乃/演出:柏木俊彦)上演 ピアノ演奏
@住まいのウチイケ

2015年
■2015年3月 モズ企画「憂鬱群悲し村老い里」(作:イ・ミギョン/演出:鈴木アツト)出演・演出助手
@タイニイアリス

■2015年7月 劇団印象-indian elephant- 音楽劇「鍵っ子きいちゃん」(作・山村茉梨乃/演出:鈴木アツト)出演 きいちゃん(主役)
@東中野RAFT

■2015年8月 劇団印象-indian elephant-「グローバル・ベイビー・ファクトリー2」(作・演出:鈴木アツト)出演 青年時生役(主役)
@せんがわ劇場

■2015年10月 cineman.8「愛子の家」(作・演出:鈴木穣)出演
@八幡山ワーサルシアター

■2015年12月 せんがわ劇場〜親と子のクリスマスメルヘン〜「オズのまほうつかい」(作:角ひろみ/演出:柏木俊彦)出演 ドロシー役(主役)  
@せんがわ劇場

2014年
■2014年12月 演劇結社ばっかりばっかり「クリスマスプレゼント」(原作・天童翼/作・演出:美月めぐみ)出演
@Art Space Chupki

■2014年10月〜11月 劇団印象-indian elephant-「匂衣」(作・演出:鈴木アツト)出演 目の見えない少女役
@下北沢シアター711
@Creative Industries

■2014年8月 写真展「MONODRAMATIC」にて、一人芝居「太陽を待ちながら」(作・演出:山村茉梨乃)出演

■2014年7月 Dr.MaDBOY「バベルの船」(作・演出:守利郁弥)出演
@ギャラリーLE DECO 

■2014年3月 劇団印象-indian elephant-「グローバル・ベイビー・ファクトリー」(作・演出:鈴木アツト)出演 卵子、赤ちゃん役
@せんがわ劇場

■2014年1~2月 M's Garden「ながおか号砲アゲイン」(作・平林亜季子/演出:関谷道子)出演
@劇場MOMO

2013年
■2013年10~11月 冨士山アネット×Dance Theatre 4P 国際共同制作「The Absence of the City」(作・演出:長谷川寧)出演
@新国立劇場

■2013年10月 ブルドッキングヘッドロック「旅のしおり2013」(作・演出:喜安浩平)出演 りりこ役
@ザ・ポケット

■2013年7月 ところてん一家「さっきからずっといるんですが」出演
@スペースTEE

■2013年7月 アマヤドリ「幸せはいつも小さくて東京はそれよりも大きい」(作・演出:広田淳一)出演 三谷クミコ役(主役)
@スタジオ空洞

2011年〜2013年
桐朋学園芸術短期大学 演劇専攻 ストレートプレイコース

■2013年2月 卒業公演「ひめゆりの塔」(原作:菊田一夫/演出:越光照文)出演
@俳優座劇場

■2012年12月 試演会「パンドラの鐘」(作:野田秀樹/演出・潤色:宮崎真子)出演 カセキ組 ヒイバア役
@学内小劇場

■2012年9月 桐朋祭
自主企画カレーシアター 〜タイム・リミット〜
「5minutes」(作・演出:藤原梨奈)出演
「東京の中に消えた妹」(作・演出:山村茉梨乃)出演
@スペース桐朋

※その他、「ヴォイツェック」(作・ゲオルク・ビューヒナー/演出:ペーター・ゲスナー)、「オセロー」(作:シェイクスピア/演劇:宮崎真子)、「見よ、飛行機の高く飛べるを」(作:永井愛/演出:越光照文)など。

2008年〜10年
都立東高等学校演劇部所属

■2010年度 中央発表会出場
「半神」(作:萩尾望都、野田秀樹/演出:和田勇真)出演 
@東京芸術劇場

■2009年度 中央発表会出場
「機動戦士KY」(作:三輪忍/演出:鶴田佳子、山村茉梨乃)出演 
@東京芸術芸術

■2008年度 城東地区大会出場
「およげない鯛焼きくん」(作:三輪忍/演出:菅沼正弘)出演 
@しおさいホール

■第54回 全国高等学校演劇大会出場
「羊のお水 さようなら」(作:三輪忍・前原麻希)出演
@栃木文化会館大ホール

※その他、2009年「なべきっす」(作・演出:山村茉梨乃)、「ウルトラ茉梨リズム」(作・演出:前原麻希、蔵重美紅、山村茉梨乃)など。

2005〜7年
児童劇団『大きな夢』所属

■2007年8月「ピエロ人形の詩」(作:山崎陽子/演出:青砥洋)出演 かおる クモ役
@パルテノン多摩

■2006年8月 「夜空の虹」(作:山崎陽子/演出:藪内智子)出演 インド人形役
@パルテノン多摩

■2005年8月 「ロビンソン・ロビンソン」(作:東直子/演出:藪内智子)ニイナ役
@パルテノン多摩













劇団印象-indian elephant-
『藤田嗣治〜白い暗闇〜』
 作・演出:鈴木アツト

2021年10月27日〜11月2日
@下北沢・小劇場B1
詳細🔻


チケットご予約🔻


所属している劇団印象-indian elephant-で、今年の秋に画家の藤田嗣治についての評伝劇を上演します。


稽古が、先月から始まっております。


今日はオフで、国立近代美術館で戦争画「アッツ島玉砕」を見て、その足で四ツ谷麹町へ行き、藤田嗣治のアトリエがあった場所の辺りをふらふらしました。





稽古では現在、当時の時代背景について調べ共有したり、稽古前に同じシーンに出る俳優同士で集まり、史実にない部分を話し合ったり。


1人で台本を読んでいた時の心細さや焦りが、稽古が開始し、どんどんドキドキに変わっていっています。
仲間がいるって、なんて心強いのでしょうか。有難いのでしょうか。



舞台に立つのは、いつもとてもこわいけれど、何にも変えられないくらい心底素晴らしい事でもあり、、、
皆さんと一緒に1歩ずつ、作品と向き合い進んでいきたいと思います。



先月、『ざんぱらさん』という、インターネット配信の演劇バラエティ番組に出演させていただき、そこでも藤田嗣治について少しお話させていただきました。


パーソナリティをされている“金子ざんさん”との出会いについての記事は↓↓
コチラ!! 


是非チェックしていただけると幸いです!!




『Soothing』
2021年8月28日(土)
@路地と人
韓成南作品

ご縁がありまして、先日、R18の実験的なアート作品(と定義するのが正しい表現かわからないのですが)に出演させていただきました。

生のパフォーマンスとして、お客様と空間を共有しつつ、映像作品として撮影を行っていくという企画で、とてもとても刺激的で、良い意味でクレイジーな時間でした。(監督の韓さんのコンセプトについてのお話も、本当に面白かったです。)

陽の落ちてゆくビルの2階での撮影、なんだか時間が止まったような感じで、そこだけ異世界のように、青く発光してました。

これまで生きてきて、使ったことのない回路に電気が通ったような。貴重な経験をさせていただきました。

何もかも初めてでしたので、もはや、上手くいったとかいかないとかの感覚は無くて、その意味では不安を感じていますが、
参加出来たことに感謝です。
ありがとうございました。

今回は本番前にPCR検査を受け、無事陰性となり出演することが出来ました。
気を引き締めて、今後も活動して参ります。


私は、高校演劇をやっていました。

金子ざんさんとは、1年生の時「ZAN・PARA」という学校外の演劇コミュニティで出会いました。

都内のあちこちの学校の演劇部員達が、放課後、部活動を終えた後、集まって芝居を作るという場で、それを主催していたのが金子ざんさんでした。

梅雨のざんぱら、夏のざんぱら、冬のざんぱら、シアターピック、劇つくり講習会など、年間を通して様々なお芝居作りの機会があり、OGOBの方や先生方もサポートしてくださっていて、ほとんど公式行事に近い雰囲気でした。

高校生の時は、自分の学校と、この学校外の活動とで、当たり前のように年間10本以上芝居を作っていました。

「ZAN・PARA」は、自分の学校では出来ないような難しい作品にもチャレンジ出来る場でした。
また、地区によって演劇部の雰囲気というのは違っているので、ここで他校の演劇部員に出会えることも、とても刺激的でした。

皆、アザだらけで泣いたり叫んだり、時々過呼吸を起こしたりしながら、夜遅くまで夢中で稽古していました。

「ZAN・PARA」という場が、当時、どれだけ自分の世界を広げてくれた事でしょう、、、
本当に貴重で素晴らしい時間でした。

何度か、ざんさんに直接演出をしていただいた事もありました。
特に印象に残っているのが、男女の愛を表現する為に、抱き合って床をゴロンゴロン転がるという演出でした。ユーモラスで、色気があるような、ないような!?笑
私はこれが面白くて、ゴツゴツした感覚を良く覚えています。

卒業後も、ざんさんには、歌舞伎に誘っていただいたり、オススメの舞台を紹介していただいたり、演劇活動について様々な助言をいただいたりと、大変お世話になっていました。

私は、高校を卒業してからもずっと、どこか自分の根っこには、演劇部時代にやってきたことがあると感じています。

私と同じように、「ZAN・PARA」での経験が、今でもずっと力になっているという人達が、何百人といると思います。

「ざんぱらさん」は、そんな金子ざんさんがパーソナリティをされている、インターネット配信番組(演劇バラエティ)なのですが、その番組を見たら、ざんさんの、多くの高校生を包み込んできたあたたかい人柄、それから時々現れるクレイジーな魅力が伝わってきます。

前置きが長くなりましたが、先日「ざんぱらさん」に出演させていただきました。4年ぶりでした。

私のお喋りは拙いですが、宜しければご覧ください!!

2017年8月放送

2021年8月放送





ネクストシアター観劇!!


さいたま芸術劇場は、私にとって(他の多くの人にとってもきっと)特別な場所です。


最終公演を見ることが出来て本当に良かったです!!





今年の秋に、舞台「藤田嗣治」で共演させていただく、間瀬英正さんが主演された映画「コントラ」を見に行ってきました。

この日は雨でしたが、池袋の新文芸坐には、熱気が溢れていました。

コロナ禍で、正直外出には葛藤があります。

しかし、だからこそなのか、ここ最近の映画館には、人々の芸術に対する、切実な想いが集まっているように感じます。

「コントラ」は、めちゃくちゃ凄まじい映画でした。

心底素晴らしかったです!!!

まだ観てない方は、是非観て欲しいです。




飯田橋の名画座ギンレイホールにて

カロリーヌ・リンク監督(ドイツ)
「ヒトラーに盗られたうさぎ」


ユン・ダンビ監督(韓国)
「夏時間」

を鑑賞。

どちらも子供たちが活躍する物語で、ものすごく見応えがある2本でした。

しばらく涙が止まらず、放心してしまいました。

名画座には、これからもちょくちょく行きたいと思いました。


NTLive「メディア」を観てきた!!


エウリピデスのギリシャ悲劇、

ヘレン・マックロリーさん主演。


すごい熱量で息が苦しかった。


紀元前431年の作品を今も観ているなんて冷静に考えたら驚き。


女性が活躍する物語なのに、“古代ギリシャ”では、女性はこの作品を、演じることも見ることも無かったというのも、当時どんな感覚だったんだろうと考えさせられた。






劇団印象の音楽劇
「子ゾウのポボンとお月さま」

幼稚園での2日間の公演が無事に終了しました!!

子どもたちはなんて元気なのだろう!?

再演の度、子ども達との思い出が増えてゆきます。私達の宝物です。

子どもたち、保護者会の方々、幼稚園の先生方、それから座組のメンバーに本当に感謝です。