竹鶴 ピュアモルトー終売、そしてリニューアル | お酒は楽しいー主にお酒やそのた諸々
新型コロナウイルスに関する情報について

お酒は楽しいー主にお酒やそのた諸々

飲酒初心者の、お酒ストック棚(主たるはジンやウィスキー)。お酒の紹介やbar、その他思ったこと

 

ウイスキーブームの継続、国産ウイスキーの原酒不足などから国内のウイスキーラインナップが寂しいことになっている。

一応新規蒸留所産のものもチラホラ並んではいるため、活気がないわけではない。
しかし定番品といえるものを見かけなくなったのはやはり寂しいと、スーパーなどの棚を見て思う。

 

と、思ってたら定価でまだごっそりおいてあった。

 

『竹鶴 ピュアモルト』 43度 3000円ほど

 

ニッカーウイスキーの代表銘柄のひとつ、『竹鶴』のNA(年数表示なし)である。
余市や宮城峡といったシングルモルトをかけ合わせたヴァテッドモルトウイスキーであり、年数ありのものはまず見かけないブランドである。

というか、このNA品ですら終売ということで軽くプレ値がついておりネットで6000円程度。

 

うーむ、普通にスコッチのシングルモルトが1~2本買える値段だぞ。

どうしても必要な理由があるわけじゃないのなら、無理にプレ値で買う必要はないと思われる。

希少性でさらなるプレミアを狙ってるのかもしれないが、一応リニューアルされて再販されるし、その際に値段が4000円ほどになるので、恐らくだけど現行のものより味わいが多少なりともよくなっているんじゃないかな。
 

ま、実のところじっくり味わって飲んだことがないので、さっそく。

 

 

香りはそこまで強くなく、ウッディな感じとラムレーズンのような甘さがほんのりと。
味わいはビターな甘さと、スパイシーさ。アルコール感が少々。

 

NA故の若さというか、刺激が多少感じられるがじっくり飲めるウイスキーには変わりない。

ラベルの出来もよく、ストーリー性もあるボトルなので存在感はある。

 

しかしプレ値で買うほどじゃないな、と。

某デパートにごっそりあったけど、買い占める人やっぱりいるのだろうか。
リニューアル品が現行よりおいしくなかったらプレ値もわからなくはないが、うーむ。

 

ま、お酒は嗜好品なので買えなくなっても困らないし(特に私はウイスキー以外も飲むので)、別の銘柄を探すのが好きだから問題ない。

 

しかしマスクもそうだがそれよりもトイレットペーパーはちと困った。

買い占めるほどはないにしても、普通に必要な物資なのでそこらへんに売ってないのには困惑する。

普通に一袋だけでも欲しいのだが売ってない。

心配性な人が「買えなくなるかも」と思って5袋くらい買ったとして、仮に店頭に商品が並び始めても損はなく、自家消費するだけ。
転売目当てでも、売れなかったら自分で使えばいい。

(場所さえあれば)不良在庫に困らないアイテム。

 

うーむ早く収束してほしい限りだ。

コロナも、ウイスキー終売も。

 

 

↑だいぶ高いので、無理に買わなくて良いと思われる。
 系統は違うが、国産ウイスキーでまだまだおいしいのはあるのだから。

 

※お知らせ~もう少しお酒そのものに焦点をあてたブログを開設。よろしければ『タツナリの酒棚』のほうにもお越しくださいませ。

 

 

 


洋酒ランキング

 


ウイスキーランキング