☆「見た目下半身デブ」の骨格ミステリー | 美脚の真実~歪みを解消して美脚を作る方法 

美脚の真実~歪みを解消して美脚を作る方法 

ピラティス&美脚系コアトレのプロトレーナー希実が、O脚・出尻・太ももの張りなど、下半身の歪みを分析し、お悩み解消する方法を発信しています。


テーマ:

こんにちは!

脚線整美師の中村希実です。


今日もご覧くださり、

ありがとうございますお願い

 

 

美的10月号 中村監修記事 掲載中です!
 
 

 

 

 

 

先月から導入した、

 

 

骨格体型分析

 

 

 

{850F6590-D562-4D36-BAC4-AFE0903206E8}
 

 

ですが、

徐々にお客様の症例が増えるに連れ、

 

 

下半身デブに悩む女子たちの

新たな傾向が分かって来ました。

 

 

 

 

これがなかなか面白くて、

知れば知るほど、

 

 

 

下半身デブに見える骨格

 

 

が、より立体的に見えて来ました^^

 

 


この骨格体型分析は、
 
 
その方が持って生まれた
(そして、一生変わらない)
骨格のサイズを計測して、
 
 
上半身(胸郭幅)と
下半身(股関節幅)のバランス
 
そして、
 
上半身対身長
下半身対身長のバランス
 
を測って行くのですが、
 
 
{356B801E-6B76-4F06-B04A-4F991757125A}

 
身長に対して、
胸郭や股関節がこれ位の幅だと
バランス良く見える、
 
 
っていう理想的な数値
あるんですね。
 
 
 
その理想値に対して、
胸郭幅や股関節幅が
大きいのか、小さいのか?
 
 
 
それによって、
その方の体型のバランスが
見えて来るわけです。
 
 
例えば、
 
 
上半身の幅が下半身幅の85%以下なら
Aタイプ
 
 
{2450D428-0EE6-42DA-AD01-644A550E3E20}
 
 
とか、
 
 
 
大体上半身と下半身のサイズが
同じくらいで、
 
 
尚且つウエストの幅が
小さ目の場合は
Xタイプ
 
 
 
{CF726F9F-2B48-4E19-862A-81963E07562A}
 
 
 
みたいな感じで、
体型タイプを割り出して行きます。
 
 
 
ちなみに、
分かりやすく
芸能人で例を挙げると、
 
 
Aタイプはこの方↓
 
 
 
 
壇蜜さん。
 
 
彼女は、どの写真を見ても、
明らかに股関節の方が大きいので、
 
 
間違いなくAタイプ
だと思われます。
 
 
 
そして、
Xタイプはこの方↓
 
 
 
 
ですよね〜^^
 
 
ただ紀香さんは、
太るとお腹に脂肪が
付きやすい体質みたいで、
 
 
写真によっては
Xに見えない時もありました。
 
 
 
 
で、でですね、
 
 
下半身デブで悩んでるってことは、
 
 
やっぱり下半身(股関節)が
規格外に大きいんじゃないか?
 
(理想値より大き目なんじゃないか?)
 
 
って思いませんか??
 
 
 
ちなみに、
中村自身はそうです。
 
(股関節幅が理想的よりも大きいタイプ)
 
 
{D3E5C6E8-50F4-4170-B3E0-2EF460E1654B}
 
 
 
と、中村みたいに、
生まれ持って下半身が大きく、
 
 
下半身デブの才能に満ち満ちている
方たちばかりかと思いきや、
 
 
お客様のデータを並べて見てみると、 
これがまた、意外な程に
そうでもない訳です。
 
 
 
もちろん、中村同様、
股関節が大きめサイズの方も、
いらっしゃいますが、
 
 
 
それ以上に、
 
 
下半身は理想値
 
 
という方の方が
多いんですね。
 
 
 
そうなったら自然に、
 
 
下半身は理想値なのに、
何故下半身デブに見えるんだ?
 
 
って疑問に思えて来る。



これが新たに生じた、
下半身デブミステリーです(笑)。

 
 

 
皆さんは何故だと
思われますか?
 
 
 
答えは3つあります!
 
 
 
 
 
 
 
一つ目の答えは?
 
 
 
はい、
 
 
 
とってもシンプルに、
 
 
下半身は理想値だけど、
上半身が小さいから
 
 
 
です。
 
 
このパターンの方、
めっちゃ多いです!
 
 
 
股関節は理想値なんだけど、
胸郭が身長に対して小さいために、
 
 
相対的に下半身の方が
大きく写っちゃう。
 
 
 
{193880DB-693E-455F-8219-3A2C29CEDDC4}

 
 
ここの落差が
大きければ大きいほど、
 
 
下半身デブに見えやすい骨格
 
 
と言えると思います。
 
 
 
なので、
 
 
結果的にAタイプ
の方が多い。
 
 
(ここは予想通り。)
 
 
 
中村自身も、
上半身はやや小さ目なのに、
下半身は大き目だから、
 
 
上半身と下半身の落差が大きく、
普通にしてても下半身デブに
見えてしまう骨格です。
 
 
 
これはもう、骨格なんで
どうしようもない滝汗
 
 
 
 
では、
2つ目の答えは?
 
 
 
 
 
はい、
 
 
太ももが理想値より太い
 
 
です!
 
 
 
骨格体型分析では、
胸郭や股関節の幅だけではなく、
 
 
太ももやふくらはぎ、
足首下の周囲も測って、
 
 
下半身のバランスを
より深く見ていくのですが、
 
 
股関節は理想値なのに
下半身デブで悩んでいる方の殆どが、
 
 
理想値よりも太ももが
太い傾向にあります。
 
 
 
このデータに加えて、
中村の歪み分析も加味して
見てみると、
 
 
 
このパターンに
該当する方の殆どが、
 
 
 
 
股関節周りが緩んでる。
 
 
 
更に言えば、
 
 
 
股関節が内旋している
 
(膝小僧が内向き)
 
 
{0E17118D-4444-477A-8CC0-544A290B5672}
 
 
方がめっちゃ多いんですね。
 
 
 
股関節が理想値でも、
股関節が内股方向に捻れてしまうと、
 
 
太ももが根元から緩んで、
脚が膨張して見えてしまいます。

 
 
{00F33F61-4528-4A27-888E-1874352C527A}
 

 
結果として、数値の割に
下半身デブに見える体型に
なっちゃうんですね。  

 
 
ちなみに、
 
 
この股関節の捻じれによる
太ももの緩み弛みに関しては、
 
エクササイズである程度
改善が可能な部分です。
 
 
 
骨格的に股関節幅が
大きい体型だけど、
 
 
中村はこの部分(変えられる部分)を
徹底的にアプローチしたから、
 
 
太ももを10cmシェイプして
下半身を変えることが
できたのです^^

 
 


最後に、
3つ目の答えは?



mostシンプルに、


オーバーウエイト


です。


これについては、
尚更改善の余地がありますよねおねがい

 

 
そんな感じで、
 
 
数値と歪みを合わせて
見ていくと、
 
 
より深い分析や気付きが得られて
とても面白いです^^
 
 
 
そして、
 
 
数値を見て落ち込んだって 
1ミリも解決しないのだから、
 
 
数値やデータは、
改善に向けてのヒントにすると
良いですおねがい
 

 
あと、やっぱり変えられる部分と
変えられない部分は
知っておくと良いよね^^
 
 

脚線整美へのヒントは全て
あなた自身の身体にあり。
 
 
まずは自分の身体を知ることから
始めてみませんか?
 
 

 

{FC283FD7-014B-4360-80CE-4B387641BD1B}

 

 

バラ脚線整美BEGINSコース

 10月分は満席となりました。

  ベル詳細はこちらをご覧ください→★★★

 

 

STUDIO脚光美芯のLINE@始めました!
開設1週間で280名様にご登録頂きました^^
お友だち登録された方には、お尻&内もも引き締め動画×1個プレゼント中ですビックリマーク

 

脚線整美師☆希実さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス