借金の金利が景気の足を引っ張ってるんじゃねぇか?っつう仮説 | キャバクラ求人大阪京都神戸bsl

キャバクラ求人大阪京都神戸bsl

キャバクララウンジスナックガールズバーなど水商売の求人アルバイト情報。大阪京都神戸(ミナミ/梅田北新地キタ/十三西中島/京橋/堺東/祇園木屋町/尼崎三宮姫路など)


テーマ:
毎年金利だけでいくらお金を払ってるんだろうかな?
国債・地方債あわせてもたいした金利じゃないし、しれてるかもしれないけど。。。

金利の支払いがどれだけ経済の足を引っ張るのかな?っていうのを誰か研究してみてほしいよね。
大学とかじゃなくて、どっかの銀行とかの研究所の人に。

財政出動して赤字を残すのはむしろマイナスです!金利分がまるまる損です!
っていうことを誰か言ってみればいいのに。


借金がなかったら公務員がべらぼうに給料もらうだけかもしれないし
その分減税する。みたいに単純な話じゃなくて
公共事業とかで仕事を得られない分、生活保護が増えたりするだけかもしれないけど。。。


自殺する人とか犯罪がもっともっと増えて、弱肉強食具合とか社会の荒れ具合が
ハンパじゃなくなるような気もするけど。


ケインズにもマルクスにもハイエクにも負けないような
新しい経済理論を打ち立ててしまったな!

もうニューディ-ル政策は通用しなくなってます。っていう段階がある。っていうこと。
高度成長が終わって低成長になったら赤字財政はやめましょう理論

キャバクラbslさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス