ケイワークスのものづくりへの思い ~必要とされ続ける為に~ | ライフスタイルが180度変わる! 楽しい 安心 経済的 ケイワークスのオールインワン キャンピングカー オーロラのすべてがわかるブログ

ライフスタイルが180度変わる! 楽しい 安心 経済的 ケイワークスのオールインワン キャンピングカー オーロラのすべてがわかるブログ

普段から使えるキャンピングカーオーロラを通じて、最新情報から、キャンピングカーの装備、スペック使い方など、カテゴリーごとに詳しく紹介させて頂き、キャンピングカーの購入を検討している方の役に立つブログです。


テーマ:

当社のものづくりへの思い

キャンピングカー オーロラが出来るまで

 

 

にっぽんの家具職人が作った

ぬくもりのあるキャンピングカー

 

これが当社独自のキャンピングカーづくりへの思いです

 

発想・アイデアを、デザイナーとともにイメージを

デッサンし、当社のクラフトマンが形にします

一流の職人さんに求める形をこと細かく伝え、試作から

納得のいく製品が出来上がるまで2人3脚で作業します。

 

出来上がった家具は、当社のクラフトマンスタッフが

1台1台丁寧に加工をしながらベース車両に施工します。

 

私共はお客様の求める形を実現するために、プロとして

作り上げる部分は任せていただき、カラーコーディネイト

のお手伝いもさせていただきますが、

 

コーディネイトの主役はあなた自身です!

 

私共は、お客様が求めるいい物が完成できるまで、

とことんお手伝いをさせていただきます。

 

行動・検証・改善

 

ハンドスケッチから始まるモデルの構想は、

コンピューターによるCADでは表せない絶妙な

デザインを生みます。

 

 

オーロラスタークルーズの特徴はなんといっても曲線美

2008年夏よりファーストモデルの構想は、

このカウンターバーで毎日毎日スケッチを繰り返誕生しました

 

 

スケッチで構想が固まったら、ミリ単位までの整合性を

CADにて図面にし、それをもとになんども修正を繰り返し

ながら家具の型作り、製品を完成させます。

 

このモデルはオーロラスタークルーズの1stモデル

今見ても斬新かつ贅沢なクルマです。

 

ワイドミドルルーフのS-GLベースに

ポップアップルーフを装着したモデルは、

当時のアムクラフト製コンパスとこのオーロラのみでした

更に、両側スライドドアを装備して、セカンドシートを

3人掛けレイアウトしたのは、このオーロラのみ。

 

30mmもある両サイドキャビネットの天板は、

重厚感あるラグジュアリー空間を実現しました。

 

現在のラインナップもファーストモデルをもとに

それぞれの個性持ち、600台を超えるヒットモデル

にまで成長させて頂くことが出来ました。

 

 

当時も今も、キャンピングカービルダーの感覚では

とても思い浮かばないであろうデザイン、レイアウト

私は20代のときにアマチュアレーサー時代が数年続き

レースの時には鈴鹿サーキットのレーシングパドックで

いつもトランポに使っていた、ハイエースで車中泊をしてました。

 

 

 

このバイクを『積める』と言うことは絶対条件でした。

私は自身の経験からか、キャンピングカーは、

キャンプはもとより、様々な趣味、アクティビティーに

おいて荷物が『積める』こと、ストレスなく『寝れる』こと

には特別な思いがあります。

キャンピング装備の必要性はそれぞれですが、荷物を積む

スペースの考え方を共通のコンセプトにしたラインナップは

必要不可欠と考えます。

 

スライドレールを共通のオプション化にし、ラゲッジスペース

を確保するレイアウトはその後、王道になりました。

バンコンバージョンのオーロラスタークルーズシリーズは、

ワイドミドルルーフ、ナローモデルを専門特化することで、

客観的なご要望にお応えできる、圧倒的なバリエーションを

実現し、皆様が選びやすく、カスタマイズもできるまでに

至りました。

 

大量生産では成せない、巧みな技がここに活かされています。

 

 

LEJEND

 

さて、当社は愛知県でも東三河というエリア

家具の職人さんが多かった地域です

その貴重な職人さんの数は減ってしまいましたが、

当社のものづくりに共感し頑張ってくれています。

 

三河家具職人

 

1台1台手作りで、いつまでも愛着が続くような家具の製品

製作過程において、当社から指示させていただいた様々な

仕様を1台1台丁寧に作り上げます。

少々頑固かもしれませんが、人情味がある職人さんばかり

で、本当に有難い仲間と仕事を超えた絆で繋がっています。

 

本物のプロフェッショナルが気持ちをこめて作った家具が

当社のコンプリートモデルの心臓部となり、自社工房で、

1台1台完成に向けて加工、組み付け施工していきます。

 

 

ベース車両は基礎さぎょうから始まり、断熱施工、床張り

と進んでいきます。

 

 

断熱施工は、断熱材が隅まで効果があるよう、セラミック塗料

『GAINA』を施工し、さらに断熱材を全て手作業で隙間無く重ね張り

していきます。

 

 

断熱の要は、隙間が無いこと。

この丁寧な作業と高性能な材料で、抜群な性能を実現します。

 

 

配線は、ボディーの鉄板に干渉して短絡事故などが

絶対に起きないよう、固定とマスキングを驚くほど丁寧に作業します。

このような見えない部分に信頼が隠れているとスタッフ全員

自負しています。

 

電気担当 棚 良晴

 

家具施工、加工 藤村拓生

難易度の高い、ベース車との精密なフィッティングを

1台1台丁寧に行う作業の完成度には、目を見張るものがあり

ます。

 

家具施工、加工、金物施工 責任者 平山敏弘

金属加工から木工までこなすスペシャリスト。

 


電装系 Security 颯田 優作

セキュリティーに関しては、専門家専門家。

 

オーダーを頂いたお客様には、夢の車両が出来上がるまでの間

進捗のお写真をお送りし、安心して完成をお待ちいただくともに、

出来上がっていくクルマの進み具合を見て頂くことで、ワクワク

してもらえるよう心がけています。

 

 

 

 

お客様のセンスには、いつも驚かされます!

当たり前を超越したハイセンスなインテリアのオーダーは、

本当にワクワクさせてくれます。

 

お客様は、真剣に考え、思い描いていただけます

世界に一台の夢のクルマをお届けできるとは、

本当に誇りを持てる仕事だとスタッフは実感しています。

 

 

 

家具、床、シート、ベッドの生地などインテリアは、

様々な資材からお好みで選んで頂くことが可能です。

 

 

当社は、

 

「ここなら自分の思ったカスタマイズの要望に答えてくれる」

 

と選んで頂けたお客様が本当に沢山お見えです。

 

 

キャンピングカー製作のスケジュールを安定させることは本当に

至難の技、家具は全てNCカット、何もかも標準化すればするほど

早くはなりますが、手作業を減らせば減らすほど無機質になることは

否めません。

 

 

1年半かけて、作業工程のデジタル管理化を行い、毎朝朝礼で、

営業部、製造部共にお客様の納期までのチェック、管理行っています。

 

 

巧な技だけではなく、研修、教育は日本でも一流の学びの場で重ねる

ことで、お客様本意の思いを身につけ、皆様に必要とされ続ける

キャンピングカービルダーを目指し、全力で努めてまいる所存です。

 

 

1台でも多くキャンピングカーオーロラを皆様のもとにお届けしたい

次は1000台への目標をそんな思いで日々努力してまいります。

これからもご愛顧のほど、宜しくお願い申し上げます。

 

7月21日(土) 22日(日)は

東京ビックサイトにて東京キャンピングカーショーに出展します!

 

https://jrva-event.com/event/event_detail_136.html

 

オーロラスタークルーズ

オーロラスタークルーズSL

オーロラスタークルーズClassic VAN

DELICA D:5 Cruise

TRAIL WORKS Mobile Space(NEW Model)

 

会場ではささやかながら会場特典をご用意させて頂きます

皆様のご来場をスタッフ一同楽しみにお待ちしています。

 

 

 

 

 

 

ケイワークスさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス