原始仏典を読む | 真実は人を幸福にするか?

真実は人を幸福にするか?

桑田義雄が、うかんだり、もぐったりするブログ


テーマ:
ゴールデンウィークも終了し、皆さま、いかが苦難の日々をお過ごしでしょうか?

本日、原始仏典を抜粋したPDFファイルを作成いたしました。
ご関心ある方は、下記URLより、ダウンロードして下さい。


原始仏典を読む
http://firestorage.com/download/4bc55241286991ef1b8d68434bda914f2848ac1f


前回の記事でもご紹介しましたが、私が原始仏教について解説したものもあります。


現代に生かす原始仏教の思想.mp3
http://firestorage.com/download/58da30a194cb32dbca019e357748db1a3b224254

現代に生かす原始仏教の思想.pdf
http://firestorage.jp/download/521f58c1943c1e52f150300abb1eee69190d1c8a


今まで、色々、お釈迦さんについて語って来たのですが、その中で出て来ていないマメ知識です。

お釈迦さんは出家者であり、政治とは関わらなかったと思われるのですが、ひたすら宗教活動するだけでは限界があると感じ、国家を指導するような行動も行っていたそうです。
お釈迦さんの理想としていたのは共和制です。
共和制とは、王様が独裁する政治システムではなく、国民みんなでルールを決めて、国家を運営しようというやり方です。
(現在の日本も、共和制なのです。天皇がいるから君主制だ、という人もいますが、天皇は権力が無いので、やっぱり共和制です)
この辺は、中村元先生の文献によって知りました。

お釈迦さまは分かち合う事を教えています。
ですから、もう少し、お釈迦さんが政治に踏み込んでいたならば、社会主義に近い考え方になっていたのではなかろうかと思います。


それでは、シンドイ毎日ですが、なんとかギリギリ生き抜いてまいりましょう。

桑田義雄さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス