冬の雨漏り⁉︎すが漏れ⁈に注意 | クワサコのゲンバ日誌

クワサコのゲンバ日誌

札幌市西区西野の工務店(有)クワサコ住建のブログです
小さい会社だからこその柔軟な対応で、リフォーム・お家メンテナンスからリノベーション・新築まで、お客様のご要望にお応え


テーマ:
この冬、
家のどこかの天井や壁で、
水が落ちて来たりしているところは、
ありませんでしょうか?
 
 
この冬の札幌、雪や寒波と暖気の雨が交互に来るやっかいな空模様。
 
屋根の上でも、雪が溶けて凍ってを繰り返しています。
 
こうなると屋根の上で、色々な要因で
水溜りができてしまい、
 
また、氷が隙間を広げてしまい、
 
できてしまった
屋根の継ぎ目などの隙間から、
中に水が入り込む事に。
 
年明け早々から
 
天井から水が〜💦
 
電気のところから水が〜💦
 
 
電話が鳴ってます。
 
 
こちらのお宅の屋根は築年数が30年越え。
スノーダクトの溝、ダクトレールが鉄製。
サビて、
ダクトの排水口周りのコーキングも切れ、
トタンとの継ぎ目も開いて来ている状態…
 
{B1D45FD6-6386-4DA7-B864-80C1BC8FC4BD}
 
残念ながら応急的にお客様がやったコーキングでも水漏れは止まっていません(^^;;
{081DCBD9-1F7E-4326-ADEC-0C07F82516D9}

今回は、「カバー工法」で補修をすることをお勧めしました。
 

カバー工法で上から覆ってしまう事で、

屋根を剥がすことなく、
水の浸入を防ぎ、
屋根の断熱性能を上げます。
 
冬の工事も可能。
屋根を剥がさないのでコスト的にも、安心
 
また躯体を傷める心配もありません。
 
{3953E04E-F360-4F1E-B29C-055427F1B26C}
 
サビが酷い=小さな穴がたくさんあいてしまっているということです
{21DC4B06-DA8C-4114-BE1B-45133A2F9C40}
 
屋根を修理して水の浸入を止めてから、
 
濡れてしまった天井の断熱材交換、
天井の貼り替え…
となります。
 

そしてこちらはまた別のお宅

隣の家の車庫に向かって雪が落ちないようにと、雪止めを設置している傾斜屋根…

{89CEB553-AD2F-4644-A456-CC4C789CD631}

 

屋根の先端で氷のダムができてしまい、

この手前に暖気や、屋根からの熱で溶けた水溜りが…

 

典型的な、「すが漏れ」発生の条件が

揃ってしまっています

 

{AF8C9BF7-CBC1-4F02-9040-983A75D20659}
 
部屋の天井に水が出て来たシミが…
{93E50E9E-EF8D-45D8-BE43-CD0BA3071284}
こちらも屋根のコーキング処理などをしてから、
天井と天井断熱材の工事になります。
 
おおごとです…
 
 
でも、すが漏れを放置しておくと、
建物の躯体(骨組み)までダメにしてしまう事に。
 
酷くなってからの補修は時間もお金もかかります。
 
✅築10年を越えて、屋根の点検補修
 (塗装、コーキング、ハゼ締め等)
 を一度もしていない、
 
✅軒下がなんかケバだってきておかしくなっている、
 
✅雪どめをつけている、
  雪がたまってつららができている、
 
など心当たりがある方は要注意。
 
その年によって、お天気は違い、
雪の降りかたも、寒さの状況も変わる。
 
去年は大丈夫だったのが
今年は「こんなことに〜」
となって初めて気がつく不具合もあります。
 
気が付いた時に、早めに
「どうしたらいいか?」を
プロに相談してください。
 
応急処置だけして、春まで待つ工事もあるし、
 
冬の間でも可能な修理もあります。
 
 

不安があったらお気軽に

↓↓↓

お問い合わせ・ご相談は、 HPから

右矢印

 

 

クワサコ住建の外壁の張り替え、補修、塗装の専門サイト、

外壁のしんぱい事もお気軽に!

 

「札幌サイディング.com」

リニューアルしてます

↓ ↓ ↓

 

 

 

 

 

 

 

クリック

ブログランキング参加してます、ドウゾヨロシク

 

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございますビックリマーク

 


 

kuwasakojukenさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス