基礎の貫通部分は、少なければ少ないほどいい。

 

これに同意してくださる方は、多いのではないでしょうか。

家を支えるコンクリートの基礎には、配管を通すための穴を空けなければなりません。

でも、建物の耐震性耐久性維持するためには、穴が少ないほうがよさそう…。

住宅の専門家ではない方でも、そう思われると思います。

 

メンテナンス

配管を基礎にどのように通すかは、住み始めてからのメンテナンスにも関係してきます。

もし、キッチンやトイレなどにつながる配管が、地面や基礎に埋まっていたら。

例えばトイレの配管がつまったとき、基礎のコンクリートを削らなければならないかもしれません。

たった1箇所のつまりや漏水を修理するだけでも、大規模な工事が必要となり、費用も高くなってしまいます。

 

サヤ管ヘッダー工法

そこで、「Mulberry House(マルベリーハウス)」桑原建設では、「サヤ管ヘッダー工法」という方法を採用しています。

この工法では、配管よりも太い樹脂製のサヤ管をコンクリートに通し、そのサヤ管の中に配管を通します。

また、「ヘッダー」というユニットから、給水・給湯の管が分かれています。

サヤ管ヘッダー工法なら、配管が劣化し、交換しなければならなくなったときにも、コンクリートの基礎を壊すことなく、配管を抜いて取り替えることができます。

メンテナンスが簡単になり、家の維持費を抑えられます

 

 

安定した水量

サヤ管ヘッダー工法には、ほかにもメリットがあります。

この工法では、ヘッダーから家の中の水栓まで、途中に分岐がありません

そのおかげで、2つ以上の水栓を同時に使ったときでも水の量が変化しにくく、安定した水量で水・お湯を使えます

 

結露が起きにくく、保温効果も

サヤ管ヘッダー工法では、サヤ管の内部にある空気が断熱効果を発揮します。

そのため、給水管がむき出しになっている場合と比べ、結露が生じにくくなります。

また、給湯管の保温効果も期待できます。

 

「Mulberry House(マルベリーハウス)」桑原建設では、基礎の耐久性や、将来のメンテナンスを考えて、配管をコンクリートに通す工法や、給水管の分配方法などを選択しています。

そのほかにも、長く快適に住まえる家づくりのため、見えないところに様々な工夫を施しています。

 

関心をお持ちの方は、ぜひMulberry Houseのモデルハウスでお尋ねください。

 

☆桑原建設のモデルハウス:「Mulberry House(マルベリーハウス)」

日時:予約していただければいつでも対応致します

住所:浜松市中区富塚町2808-1

 

イエタテ 新築施工例  

http://www.sumailab.net/kuwabara/works.html