珪藻土(けいそうど)には空気を変えるチカラがあります。

 

 

■湿度を調節するチカラ

「Mulberry House(マルベリーハウス)」桑原建設は、内装に珪藻土を使った家づくりをご提案しています。

珪藻土は、細かな孔(目に見えない隙間)がたくさんある超多孔・超微細構造のため、隙間に水分をたくわえたり吐き出したりして、湿度を調節してくれます。湿度の調節により、結露やカビ、ダニの発生を抑える効果があります。

 

珪藻土が空気を変えるチカラは、建築現場で施工したときから感じられるほどです。プラスターボード貼りだった空間に珪藻土が塗られると、職人さんたちが「空気が変わるな」と口をそろえます。

 

■有害物質を分解するチカラ

珪藻土は、シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドなどの有害物質を分解します。そのため、病院の壁にも採用されています。

また、不燃性の無機質素材を主成分としているため、火災の延焼を防ぎます。

 

■空間を演出するチカラ

珪藻土の味わいは、工業製品のように効率よく生産される住宅では実現できません。

珪藻土の施工では、現場で土を練り、壁を塗り固めていきます。天然素材の珪藻土には、接着剤の役目を果たす化学物質が入っていないため、左官職人さんには高いレベルの技術が求められます。天然素材だけに粒子が粗く、仕上げのコツは簡単に体得できるものではありません。

 

そのような技術によって仕上げられる珪藻土の壁には、同じ表情のものはありません。壁の質感の粗さ、凹凸の作り方など、仕上がりや表現には無限のスタイルがあり、職人の技術がダイレクトに反映されます。

例えば、表面を荒く仕上げた珪藻土は照明によって陰影が生まれ、空間を演出してくれます。壁紙のように目地がなく、連続的で自然な風合いに仕上げることもできます。

 

手作業ならではの素材感と味わい。心に感じられる深みのある魅力です。

 

■いつか自然に戻る

新築から年月が経ってからのメンテナンスで、壁を塗り直すときには、削り落とした古い珪藻土を自然に戻すことができます。

 

珪藻土の魅力を体感したい方には、モデルハウス「Mulberry House(マルベリーハウス)」の見学をオススメします。

 

★桑原建設のモデルハウス:「Mulberry House(マルベリーハウス)」

日時:予約していただければいつでもご案内いたします

住所:浜松市中区富塚町2808-1

ご予約・お問合せ:http://kuwabara-kensetsu.com/contact/

 

イエタテ 新築施工例  

http://www.sumailab.net/kuwabara/works.html