バケツプリンって1度は食べたい。 | 空想和太鼓打雅獅屋 & SCRAWL's

空想和太鼓打雅獅屋 & SCRAWL's

好きに書いてます。皆さんよろしくお願いします。


テーマ:




「バケツ」

ひっくり返したような世界に
懲りずにようこそ…

雨が降るね  雨は降るね
身体を濡らすね  服も濡れるね
一点に目を向けると  そこから何万もの粒

景色が違うね  いつもと違うね
青空がないね  青空はないね
雲を払い除けようにも  そこから何万もの粒

世界が逆立ちで水たまりに映るね
風に立てられて波で歪むね
掬い出そうとしても  空から何万もの粒

いつ止むんだろう
いつからか気にもしなかった
どんよりとした世界に
木々たちが哀愁を添えるまでは

粒を奪い合う
地面も吸い奪い合う
空も帰っておいでと奪い合う
そんな紛争の中で皆は
空に差し出された虹を見守る
でも空っぽのだけは笑ってた
あちらさんの気も何も知らずに
お腹いっぱいで笑った様にしてた
そう見えていただけだったのかもな

雨が止んだね  雨は止んだね
傘を畳んだね  陽も出てきたね
さっきに目を向けてみれば
雲は白よりくすんでる

轟きが日差しより光と走って
その時にお腹が空いたんだ

雲は帰ったと誰が言ったの?
虹が見せ場と誰が言ったの?
神の子がキリストならば
その青はさしずめキリストの母さ
「母さん生んでくれてありがとう」
見てごらん  神の申し子達だ
祈る先は皆揃って
この見たままの空っぽな空なのさ

そこはもう青…  もう青い空っぽ…

そろそろ赤…  直に赤色…
そうしている内に黒色に
それはまるで何かで埋まった様に
さすれば何万もの粒を空に

何もなかったこの空は晴れ舞台
雨と風の拍手喝采の末に
ここ一番と雲が幕を開けて見せた
誰が散りばめたかは知らないけど
空っぽが故に飛ばされたけれど
キラキラ光る星はみんな綺麗だ
雫の片割れとも分からぬものと
素晴らしき潤い止まぬこの世界で
みんなと元へ辿れば空っぽさ
だって申し子達をかっさらう空なんだから

詰め込まれた世界は乾き
今また空きを作った…

空想和太鼓打雅獅屋さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。