2019年8月24(土)~25日(日)

 

富士山の麓に

トレラン&キャンプへ行って来ました音譜

 

24日、5時半 自宅に仲間が車で迎えに来てくれ出発リムジン後ろリムジン前

 

静岡県富士宮市の朝霧高原

田貫湖の駐車場に到着したのは

8:12時計

田貫湖は、ダイヤモンド富士が見られる名所ですキラキラ富士山

 

8:26

登山&トレラン スタートクラッカー

 

今回のお仲間は

チームのメンバー

あっきー と えみちゃん

そして、昨年もキャンプをご一緒した

福君ウインク

今回も宜しくねパー

登山道へ向かう林道の脇には

白い可愛らしい白い花が咲いていましたむらさき音符

 

休暇村の近くが

1つ目のピーク 登山長者ヶ岳の

登山口となります。

8:32

田貫湖は、既に680m。

出だしから急登ですビックリマーク

ヤマホトトギスがいっぱい咲いてましたラブラブ

会えて嬉しいよ照れ

見晴らしの良い場所に出たブルー音符

富士山が霞んでいるけど姿を見せてくれました富士山

田貫湖から随分と登りましたね。

柵にはカエル君カエル

 

節黒仙翁(ふしぐろせんのう)のオレンジが目に惹きました黄色い花

進んでいくと

ビックリマークまた居たぞ!!

案内柱に、今度は猫が寝転んで寛いでいる猫

 

所々で休みつつ山頂を目指しました。

 

そして、スタートして1時間24分後

9:56 長者ヶ岳 標高1315.8m に到着チョキ

山頂にもカエル君が居ましたカエル

風景は、残念ながら何も見えず…真っ白台風

本当なら大きな富士山が見える筈なのにショボーン

 

山頂は広々としていないし

風景も望めなかったので

予定にしていた

福君のドローン飛行撮影は

中止となりましたバツレッド

 

標高1315.8mの気温は19度でした。

 

周辺案内板の上にもフクロウが右の柱にブルー音符

左はリス君ネザーランド・ドワーフ

誰かが、設置して行ったのでしょうかねはてなマーク

 

ここで福君とは暫しのお別れパー

昨年と同じで

福君は、ふもとっぱらキャンプ場に

先に行ってキャンプ設営をしてくれます。

 

あっきー

えみちゃん

私の3人でトレラン開始ですランニングランニングランニング

 

長者ヶ岳から天狗岳を目指します右矢印

ここはUTMF(ウルトラトレイル・マウントフジ)のレースコースです。

山と高原の地図では点々コースとなっております。

 

初めは走りやすかったですOK

まだまだ序盤なので、

マイペースで着いていきます。

誰にもすれ違う事のない静かな山でした。

 

木には熊の爪痕があっちこっちにくま

古い爪痕みたい。。。

 

長者ヶ岳から54分後

10:55 天狗岳 標高1373mに到着チョキ

狭く展望のない山頂です。

 

天狗岳から12分後

11:07 展望が空けました音譜

鉄塔の下に作業小屋がありました。

本当なら天子山地がきれいに見えるはずですが残念。。。

近くには鉄塔の部品がゴロゴロ。。。

 

天狗岳から25分後

11:20 湧水峠に到着。

ここから段々と険しさが増していきます上矢印アセアセ

結構な斜度。。。

テクニカルなコースだし。

こんな登山道がレースコースなんだ。。。

凄いな・・・あせる

それに通過時間帯は、夜に突入して暗くなっているし…

仲間が言っていたけど、トレイルは渋滞ばかり、とか。

現に登ってみると渋滞になってしまうのも判るように気がしました。。。

 

オレンジ色のキノコキノコ

 

熊森山へのロープ場上矢印

ロープがあるので楽ではありますが

腕が疲れてきちゃうタラー

 

熊森山 標高1574.9m  12:14 到着時計

山頂版がポッキリと割れてますぅあせる

 

熊森と言うだけあって

雰囲気ある森ですくま霧

 

苔の花が咲いてますグリーンハーツ

 

猪之頭峠

UTMFでは、ここから林道湯之奥猪之頭線に下山し、

ロードを走ります。

 

私達は更に尾根を次の山頂、雪見岳を目指します。

この区間になると倒木が多くなります。

登りで頑張ってきたので倒木を跨ぐのが重いタラー

跨いでは漕ぐるを繰り返します。

 

13:31 雪見岳 標高1605m 到着。

 

山頂に座るには良い倒木があったので

茶飲み時間お茶ジュースロックグラス

 

14:03 金山 標高1506m 到着時計

木の割れ目に「富士宮西高」の木札?

高校の名前かな??

 

15分後、14:18 地蔵峠 到着時計

予定では、この峠から下山する筈でしたが

通行止めです注意

私達は、この先に進むか

ここを強行突破して下山するか迷いました。

 

この先は、更に標高差400mを激登りしなくてはイケません。。。

地図の歩行タイムは、1時間25分も掛かってますタラー

 

キャンプ場で待っている

福君に申し訳ない気持ちが湧きましたタラー

 

あっきーは、携帯の電波を確認してネット検索して

この通行止め情報を拾い出しました。

1件、この通行止めを降りた人が居て

「崩落部には、ロープが設置・道は荒れている・結果的に通行はできたが初心者にはお勧め出来ない」

と書いてあった。

 

あとからトレイルランナーさんが来て、この先の分岐から下山すると言って去っていった。

 

通行止めを無理に下山して、

何かあった時のリスクを考え

私達も先に進むことにした。

 

少し進むと前から子供2人男性2人が来た。

地蔵峠から下る予定で来た。

通行止めだと伝えたが…

あの家族?4人は、どうしただろうかあせる?

男性の1人が戻り登るのが苦痛のような顔ガーンをしていたので

もしかして通行止めを降りたのかもしれない右下矢印

子供の足で荒れた山道を降りるのはどうかと思うけど

毛無山への分岐の登り返しのも

相当なダメージ、、、ダウン

 

私達だって

1時間以上のロスは、結構、痛いし

下山だと考えていた所に、

また登る司令を送るのはシンドかったアセアセ

 

途中で「やまびこ研究会」

やまびこが綺麗に戻ってくる谷と、

広がりすぎる山容な場所や色々。

気分展開に楽しみながら頑張って登る上矢印

 

ありがたや~

登りトレーンングを今年やってないから

頑張りならせてもらうよあせる

はぁDASH!はぁDASH!

 

皆、真剣に頑張ったから

この区間の写真は撮ってなかった。

 

遠くから砲弾の音が聞こえます。

あとから「富士総合火力演習」だって判りました爆弾

 

丸山 標高 約1840m 15:27 通過時計

丸山制覇のポーズチョキ

 

この辺りからピンク色の花火のような花

シモツケソウが

いっぱい咲き始めました花火

小さくて可愛いラブラブ

 

どうにか頑張りきれて、麓に降りる分岐に15:39到着ビックリマーク

51分で登りきった!!

私達、頑張ったねチョキ

 

富士見展望台は、風景、真っ白台風

このコースは、昨年に続いて2回目。

結構、テクニカルなコースで

段差が激しいですあせる

16:32 レスキューポイント注意

ここにヘリが降りてくる場所。

まだまだ1400m以上の高所だもんね。

 

私は、少し直壁に近くなるロープや鎖場だと

後ろに体制を替えて足を下ろす事ができなくなる。

数メートルの段差だったから練習と思ってやってみたけど

やっぱり左に体重を載せつつ腕を真っ直ぐにして体重を預け足を移動する事ができない。

ついつい壁から身体を浮かせるのが恐くなってしまうのだアセアセ

蝉みたいと笑われたが、本人は必死だし、

神経を使って疲れてしまった。。。

 

それでも集中を声に出しながら最後まで下りきった。。。

17:26 麓に下山チョキ

ふもとっぱらキャンプ場 17:39 到着時計

ただいまパー

 

ぽってりフラワー記録ぽってりフラワー

ぽってりフラワー感想ぽってりフラワー

UTMFの1部分の区間を走ったけど

さすがトレランレースの最高峰コースだなぁって思ったしだいです。

 

麓が既に680mもあるので

尾根コースが、それだけ激しいのも納得。

幸いにも私の苦手な高所部分は、

辛うじて大丈夫だった。

 

嬉しいのは、

昨年、毛無山から麓に降りた時のトレランと

今回は、北上して毛無山分岐から麓に降りたから

軌跡は、繋がった事チョキ

これで田貫湖から本栖湖の尾根走破グリーンハーツ

昨年のブログは、コチラ

(1)★★★

(2)◆◆◆

 

今回はココまでパー

キャンプ編は、次に続きます右矢印ウインク

あなたもスタンプをGETしよう