2018年11月23日(金)祭日aya日の丸
 
またもや高尾の夕焼け小焼けに参上! 
八峰マウンテントレイルレースの前半試走にやってきた。
 
前回、第1~GOOLまでの試走で撃沈ダウン
気持ちも落ちたけど
仲間の励ましやデータ分析、
リンパ浮腫の同志からの応援、
ましてや確実に手に入らないと思ったトレランシューズの入手で
自分に渇を入れざる得ない週となったハッ
 
何と無く危機迫ることもあり、今回は単独の試走ダッシュ
相棒は昨日、入手出来たスポルティバ アカシャキラキラランニングシューズキラキラ
シューズの慣らしでもある。
 
宝石ブルー宝石緑宝石紫宝石赤宝石ブルー宝石緑宝石紫宝石赤
 
高尾駅から陣馬高原下前行きのバスは長蛇の列になってた。
臨時便2台のバスに満員で出発バス
勿論、座る事は出来ませんでしたが、それほど疲れる移動時間ではありません。
確実に座りたいなら、1~2本早いので来ないと駄目だね。
 
夕焼け小焼けには10人ぐらい降りたかも。

沢のある夕焼け小焼けは寒いです。

橋の表面は凍ってました。

 
用意を整え
スタートしたのは、8:14クラッカー
スタートして4.3キロ、ロードラン。
それも坂登り。。。
2人の男性が試走で同時間頃にスタート。
1人は途中で上着を脱いで停止している所を抜く。
もう1人は歩いたり・走ったり。
かなり近づいたけど、、、追いつけなかった汗
 
私は峠走をして4.3キロは走れる確信があったメラメラ
2回目のコース試走なので、ここでどうゆう走りをしなければ行けないかを心がけたつもり!
 
勿論、今のMAXアップ
 
トレイルに入るトンネルに到着した。
スタートから39分チョキ
見違えたかと思って時計をガン見しちゃったよ!ポーン
おぉ~ラブラブ凄い凄い拍手
前回は46分で登っていた!
7分更新キラキラ
やれば出来る星
 
上着を脱いでいる所を抜いたランナーさんが来た。
「速いですね」と言われたが上着を脱いでいた所を抜いただけ。
でもきっと彼は抜かそうとしたのかもしれないが・・・
登りは苦手なので先を譲った。
 
トレイルの入り口にはレースの案内が付きました。
 
前回、倒木を潜り抜けて進んだ場所も、処理が済んで綺麗になっています。
 
シングルトラックを登っていく。
 
尾根に出て紅葉にパッチワークの山肌を望む。
細めのシングルトラックは抜けたいで渋滞になるだろう。
この辺は坂登で心拍が上がっているので、休憩しつつ着いていけば良いかもしれない。
 
1回目の時は苦痛だった心拍ドキドキあせる
かなりに長い間、はぁDASH!はぁDASH!していた。
 
今回も苦しかったけど、前回ほどではない。
きっと気温が寒くなったからかな?
すぐに落ち着いたような気がする。
レース本番は、もっと寒くなるだろうけど・・・
 
アップダウンが続く。
階段のある急登のピークは山頂では無いので、試走をしてなかったりすると、何回かはガッガリするかもねチーン
 
紅葉は高尾よりは多かったもみじ
 
鳥屋戸(標高720m)9:33通過。
 
また下って登るとトレイルは紅葉の金の光キラキラ
携帯のカメラだと黄色がなかなか出難いけど
肉眼では綺麗だったなキラキラ葉木の葉キラキラ
 
今年は難しい紅葉刈りでしたねもみじ。
 
枯れ木・折れ枝に注意注意
下りは、木を頼って降りないようにしないと注意
 
遠くのお山が見える山大岳?
相変わらず
余裕が無く風景を眺め切れず。。。あせる
これから行く山の斜面が続く・・・
これを登って
軽いアップダウンを超えると
市道山への分岐。
9:59通過(タイム1:44)
相棒マッスル君あははが作ってくれた試走データのタイムだと市道山分岐は1:55で通過すればOKOK
ここでも10分の貯金チョキ
でも~試走は渋滞が無いからショボーン
気を引き締めて、直ぐに醍醐丸へ進む左矢印
 
分岐から暫くは細くて足場がよく無いので
ここも渋滞が多少、ありそう。
 
吊尾根は紅葉が綺麗だったなぁキラキラもみじ葉キラキラ
 
さぁ、醍醐丸への登りが始まります。
前回は、ここに着く頃は雨が降ってきていて
霧が出たので醍醐丸の登りの全容が判らなかった。
下って来た事は数年前にある。
かなり長い下りだった。
そのとおり!今回は頭上を見上げると壁のように見えた!!
さすがにパワーが無くなり、じりじりとタイムを落としていったかも。
それでも良好な天候や湿度も無い事から足は止まらずに行ける。
いや・・・行けねば炎と、感じていた!
 
醍醐丸 10:47 通過。
マッスル君あははのデータでは2:44。
私の経過時間は2:33。
8分貯金!
 
あとは駆け下って行くだけ!
 
途中、走ってくるランナーさんに譲った。
ストックを持っていた。
試走?でもストック。。。
八峰はストックは、禁止注意
 
下りになると追いついた。
話をするとトライアスロンの練習らしい。
あぁ~どうりで・・・
 
また彼とは尾根コースで抜かれる事となるあせる
鉄人レースに出る人に勝てないよ。。。
 
一生懸命に降りたつもりだったけど・・・
 
和田峠 第1関門に到着バンザイ
11:07。
スタートから2時間53分時計(時計はタイム)
関門締切はスタートの火蓋を切ってから3時間。
一応は、7分の貯金、通過となるけど・・・
渋滞ロス時間は?
スタートロス時間は?
7分だと難しい・・・滝汗
 
とりあえず、前回より、ちゃんとタイムを採れたので
次回に繋げようビックリマーク
 
さぁ、一番の難関区間の第2関門へスタート!!
 
今回はココまで。
第2関門まで頑張るぞパンチ!
あなたもスタンプをGETしよう