皆さまこんばんは!!
また、今日も暑かったですね(^^;;
夏バテ、熱中症などなくお元気に過ごされておられますでしょうか??

お陰さまで、タイ古式緩体くつろぎも

5周年を迎える事ができました!!

本当に感謝申し上げます。。
ありがとうございます!

そんな8月1日も、いつも通り過ぎていこうとしております。
オープン当初は本当に最低限の準備しかできておらず、いざオープンしてから

「やっぱりクーラーないと暑いなぁ〜」と慌ててクーラーを買ったら盆明けまでお預けでその頃にはまぁまぁ涼しくなっていたりとか

「ホームページとか、どうする??」とかこんな住宅街の中ほどにあるホームサロンなのに全く宣伝のアイデアが皆無だったり。。

計画性のけの字もありませんでした(^^;;笑


ほんと、、よく営業できてたなと。。


でもでも、1年経ち2年経ち。
少しずつお身体のメンテナンスに定期的にご来店いただけるお客さまが来られるようになってきました。
その頃のお客さまが今も変わらずご来店いただいている事は私にとって何よりの励みであり、自信にさせていただいております。
ありがとうございます!


マッサージのお仕事を始めた頃はタイマッサージではなくボディケアのお店で働いていました。
今もメニューにはありますし、ほぐしやボディケアを否定しているわけではないのですが。。

時々、お客さまによって

「マッサージって、結局その場しのぎにしかならんよね。。」

「その時は気持ちいいねんけどなぁ、、次の日になったらもうしんどいねん。」

どうしたらもっと効果が上がるんだろう??
すぐまたしんどくなってしまう人により長く良い状態で過ごしてもらえるような施術がしたい!

そう思いながら色々な勉強に手をつけはじめ、行き着いたのがタイ古式マッサージでした。

コリをほぐしたり固いところを揉む、、だけではなく
身体全体の繋がりや流れにも注目して不調の源を探っていく。。
これが本来のタイの伝統療法の考え方ではないかなと思います。
タイの先生の元での半年間の修行は、そんな今の施術のベースになったとても貴重な時間になりました。



と、、話が中々それました(^^;;



そんなこんなで5年が経ち、たくさんの出会いと成長の中で昨年の同じ8月1日には大阪市内の肥後橋にもタイ古式マッサージやすらぎをオープンする事ができました。
本当にありがとうございます。感謝申し上げます。

今もまだまだ日々成長、日々精進探究の毎日ですが
通っていただいてるお客さまに、
しんどくなる事が減ったとか、マッサージに行かないといけない頻度が減った

お客さまの声はこちら💁‍♂️

なんて言っていただけると、本当にセラピスト冥利に尽きます!
曲がりなりにもちゃんと役に立ててるんやなぁという、、このお仕事を選んで良かったなと思う1番の瞬間です。少なくとも私にとっては(^^)




と、、長くなりましたが
本当に年々楽しくお仕事させていただいて、、
こんな毎日がずっと続けばこんな幸せな事はないなと一人でニヤニヤしております。。

これからもひとりひとりのお客様のお身体にあった施術を追い求めていきながら、どこかの場面でお役に立てればと思っておりますので
今後ともくつろぎ、やすらぎ共によろしくお願い申し上げます。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。









【海辺にて②】

前回までのお話。。

海が見えるところで宿をとってゆったりのんびーりしたいなとチャーアムという町までやってきました。

少し曇り空なのが残念でしたが、とりあえず広い海が!!
ご機嫌なわたくしが目にしたのは、砂浜に点々とくつろぐワンちゃん達でした。。


さてさて、ひとまず部屋へ入って仕切り直し!
という事で部屋に戻ってベッドにゴロン。

「あぁ、、あの数の犬はキツイなぁ〜。自転車にも乗ってないから逃げ切れんよな。。」

と、犬にビビって早くもビーチ諦めムードが漂う中、えらく疲れていたのかビールを1本飲みながらバタンと倒れるように眠ってしまいました。


・・・。


「ふぁ〜〜あと。」


・・・何時かな。


あれ、、5時?


あれ??



そうです、寝すぎた時にありがちなこの感じ。



起きたら朝になってました。



バッと外へ出てみると




薄明る〜い空と海がいい感じで。


犬がいたんですが、子犬だったので勇気を振り絞って浜辺へ出てみました(^^;;


いいなぁ〜。。誰もいないこの空間はとても贅沢です。
最近こんな事ばっかり(^^;;
人嫌いになってしまったんでしょうか。。笑



とまぁ、そのまま何時間もいれる〜
というタチでもないので10分、15分堪能してまた部屋へ。。

あれだけ寝たのにまたゴロリ。


数時間後、、


ふぁ〜〜あと。。


疲れてたんでしょうか??



お日さんはすっかり上がっています。





相変わらず人気はなく犬気ばかりが目立ちます。


でもここで少し変化が、、


ここの犬って、全然吠えへんよな?
我関せずの犬なんでしょうか??
浜辺でみんなのんびりゆったりしてます。




気が合いそうです。


ちょっと2泊でよかったかなと気をとりなおして朝ごはんへ。。
ロッジの真ん中のレストランでお食事。
メニューがないので、、とりあえず

【fried  rice 】焼きめしを。。




迷ったらこれです、もう焼きめしはどこ行っても美味しいです。
付け合わせにキュウリも、タイならではですよね^_^


お腹が満たされたところで
さてさてあまりする事もないので自転車の手入れでもしようかと。。


あっ!!!
パンクしてる!!


実はこうして自転車で旅をするようになってからというもの、自転車のトラブルは今までなかったのです。


ついにこの日が来てしまいました。。


THE  不器用の腕の見せ所です。


今までどれだけ荷物になっても捨てなかった自転車メンテの本をパラパラ。。

パンク修理キットの説明書を見ながらカチャカチャ。。

普通の人ならものの20分ぐらいで終わるんでしょうが、、
結局、途中挫折からの休憩からの現実逃避をはさみながら半日以上かかってしまいました。。


何はともあれひとまず直った感じです。
よかったよかった。


かなり暑くて汗もかいたので部屋でシャワーを浴びて休憩。。


気づくともう辺りは暗くなっていました。


レストランも真っ暗。
あれ?誰もいない。。


隣に泊まってたカップルもいない。。


あれ??


ほんまに誰もいません。
お腹空いたんやけども?
暗いといってもまだ閉まるには早いと思うんやけども!?


しまった〜ご飯どうしよ。


というところで、、次に続きます。
もったいつけてるわけではないんですが、、
なんかすいませんm(_ _)m



最後までお読みいただきありがとうございました!!








【海辺にて①】

バンコクを通り過ぎて1日、2日ほど走ると細長い陸地がタイの南部まで続きます。
植物も、より南国っぽくなってきました。

通りがかる町も少しずつビーチリゾートっぽい楽しそうな雰囲気がただよっています。

「あぁ、海辺でちょっとまったりしたいなぁ〜。。」

中々場所が決まらないまま、やっとしっかり海が見えるところまで走ってきました。

もうここで決めよっと。
とにかくビーチを求めてあっちへウロウロこっちへウロウロ。。
人に聞きながら何とか到着。。

あ、コテージ!!

いいなぁ(^^)
そこまでワイワイしてるビーチでないのがまた好きな感じで。。
というかわたくしの他にはカップルが1組だけ。

いいなぁ。。



レストランもいい感じで美味しいご飯が食べれて、、もちろんありがたい事にビールも冷えたんがあります(^^)

さ、部屋でゆっくり日記でも書こうかな✨

とご機嫌な感じでコテージに戻ろうとすると。。

でもね、今の写真にも写っているんですが。。
なんと、、

な、なんと、、


ビーチに

犬がいっぱいいる。




やってしまったかもしれない。
これは、やってしまった。


でもビーチとコテージにテンション上がり過ぎて2泊分払ってしまった後でした。。


どうしよっかなぁ。。
というところで次回に続きます。


最後までお読みいただきありがとうございました!



【バンコク】

黙々と進んだおかげもあり、とうとう首都バンコクまでやってきました!

タイに入った当初は、
とりあえずバンコクまで行ったら帰ろうかな。。
ぐらいのあきらめっぷりでしたが、


なんとかやる気も持ち直し、行けるとこまでいったろかい!と意気揚々としている今日この頃でございます。

とりあえず自転車は陸続きにシンガポールまで。。
その後は、、お財布と相談しながらという事で。


でもでも、インドは行きたいな〜✨


ここからバンコク!みたいな表示からが長く、、とにかく圧倒的な交通量と高速道路。。


あぁ、自転車に優しくないですね(^^;)


タイは高速道路がたくさんあり、さすがに危険なので迂回。。
(日本では知らず知らずのうちに自動車専用道路に迷い込む、という失態をおかしてしまいました
。)


バンコクといえば、
バックパッカーの聖地と呼ばれるカオサンロードなんか有名ですね!というかそれぐらいしか分かりません(^^;)


ここではどれぐらい滞在しようか??
と、思いきや


バンコクには結局立ち寄りませんでした。


理由は色々ですが


まず、道がややこしすぎる!


後々立ち寄る事になるのですが、
なんせ道や交通が入り乱れて訳がわかりません笑
いまだにわかりません。


そして、都会が苦手。。


になってしまったわたくし。
トラブルもそうですが、自転車でローカルな場所ばかり行っているうちにすっかり田舎道を走ることにハマってしまいまして。
こうも車が多くて走りにくいバンコクに全く魅力を感じませんでした。



最後に、 お金がないっ!!


そうです、中々切羽詰まっております笑
バンコクが楽しすぎて散財、、なんて事になったら自爆もいいとこです。
本当にバンコクで終了です。。

さすがにそれはないなという事で、いい子ちゃんにバンコクをスルー。。


間も無くして元の走りやすい道路に戻りました。



特に有名なスポットにいくわけでなく、ワイワイする事もなくひたすらタイを縦断していますが、、


これはこれで楽しい!!
むしろこれが楽しいっ✨✨
今はそんな感じです(^^)


でもそろそろ南部で海やなぁ。。
この旅実はまだ海辺を通ってないんです。

ビーチぐらいは行きたいな✨


とりあえず海を目指してちょっとテンションの上がるわたくしでした。



最後までお読みいただきありがとうございました!












【犬】

タイは野良犬なのか飼い犬なのか、とりあえず街のいたるところに犬がいます。



平和やな〜とか


可愛いなぁ〜とか


気持ちよさそうに寝てるな〜とか


思う方もおられるでしょう。
実際僕もそうでした。


ある日自転車で快調に進んでいると、昼間の犬はへた〜っと道端で寝転んでいます。

「お〜犬が寝てるなぁ。。いいなぁ。。気持ちよさそう。」


それが段々自転車が近づいてくると体勢が変わってきます。




お?どした?


自転車が通り過ぎようとすると



ガワオワオワオ☆△◎☀︎⌘!!


と吠えわめきながら走ってきます。


じゃれているのか、ナワバリを侵されたと怒っているのか自転車に張り合っているのか。。

とりあえず、、恐怖でした。
必死で逃げます、時々声が出るほどビックリしながら。


とまぁ

犬寝てる→自転車で近づく→犬気づく→自転車通る→犬吠える→自転車ビビる→犬走る→自転車逃げる

をひどい時は1日に何度も繰り返しながら、タイを走っていきました。

時には
「あ〜お腹痛い。あそこのガソリンスタンドでトイレ借りよっと。」


犬と遭遇


デッドヒート


トイレお預け(てかお腹痛いの忘れる)


なんて事や、


「さ、今日はこの宿に泊まろうかな!」


玄関に数匹の犬。


中止。


などなど犬のために工程が変わることは度々ありました。

もうトラウマですよね。

タイは犬は放し飼いで、猫は首輪につながれてたりします笑
もう個人的には意味がわかりません。

タイ大好きですけど、これだけは勘弁していただきたいです。
間違いなく一番の強敵です。


最後までお読みいただきありがとうございました。












【誕生日】


旅行中の誕生日。。
どう過ごそうか。。

という選択肢もないぐらいの田舎町で人知れず誕生日を迎えました。

とりあえず見晴らしのいい素敵な場所があったので、ビールでも飲みながらゆっくりしようかなと。

無駄に早起きしてしまって朝焼け〜✨



早起きは三文の徳ですね〜
写真より綺麗だったです。


さてさて、楽しみは夕暮れ。
昨日みたいなキレイな夕陽は見れるんだろうか。。

なんという「洒落た」誕生日。。(^^;;
ほんと、柄にもなくて言ってるのも恥ずかしいぐらいです笑
でもこんな普段ならまぁやらないような事に時間を費やすのも旅の楽しみ!
と、自分を納得させます。

でも、ほんまにする事ないんです。
日中は部屋でゴロゴロ。日記を見返したり、お昼どきには散歩に出たり、、

わぁ〜ひま笑

でもこんなに何もない誕生日だからこそ、色んな事を考える機会になりました。

最近、色々ありましたからね〜
おセンチな感じにもなるのです。

詐欺にあって数日、ひたすら自転車をこいでました。なにかしてると気が紛れるんですよね(^^;;
夜とか結構まだモヤモヤしてたりもしますし。
弱い子なんで。。笑


でもそんなタイミングで誕生日。
友達も家族もいない、もちろん「今日誕生日やねん!」と言える相手もいなくて。。

今まで誕生日は家族や誰かが祝ってくれました。
ケーキがあって、おめでとうって言ってもらえてご馳走の時もあればプレゼントがもらえる、なんて事もありました。
いつの間にか誕生日ってそんな日になっていますが、よくよく考えてみるとそういう事だけじゃないんですよね〜。

楽しい事もそうでない事もありながら、何とか1年いい感じで過ごせたと。。

でもそれはやっぱり周りの人たちありきなんだなと。。

人ひとりの力なんて、本当大した事ないです。
そんなひとりが周りの人に助けてもらいながら、支えてもらいながら生きてってるんやなぁと。
この旅もそれを痛感しております。。


ほんま、ありがたいなぁ。。と


あ。

こうやってありがたいなぁと思う日なんやなぁ誕生日って。と、この年から思えるようになりました。25年生きてきてやっとです。。


幸せな事に、お祝いしてもらえるのが当たり前な今まででした。


だからお祝いしてもらえて嬉しい!!のが誕生日でした。
でもこれからみんなにありがとうと言える日にしたいなぁと思います。
何が当たり前の事を繰り返し言ってる気がしますが。。(^^;;笑


早速ありがとう言いたいなぁ。



誰もおらんな。。



帰ったら言おう。




いいお誕生日でした✨



最後までお読みいただき、ありがとうございました(^^)














【感動】


せっせこと自転車をこぎながら進む事数日、、
とにかく進むだけ進んでお腹が空いたら食べ、陽が落ちてきたら宿を探し、晩酌しながら夕飯を食べて眠くなったら寝る。。

はたから見ると「何が楽しいんやろ?笑」とも言われかねないこの自転車旅行ですが、、

強がりじゃないですよ?
意外と楽しいんです。

景色もどんどん変わるし、昼ごはん何しよかな?晩ごはん何しよかな?あ、景色きれ!✨
という感じで、何か色んな事から刺激を感じられるというか、普通に食べてるご飯やらビールやらベッドのシーツやらシャワーやらが

いちいち気持ちいい。。(^^)

一日中自転車をこぎ続けた末のこのグッタリ感がそうさせるんでしょうか。。
なにせ、あんまり何もいらないんです。
時々目に入ったものをパシャリしますが、、

後で気づいたのは7割ぐらいは食べ物か景色やったっていう何とも言えない思い出達。。笑


そういえば、明日は25歳の誕生日。
まぁまぁの節目ですわな。
どの辺りまで来てるかも読めなかったので、何も予定は立ててなかったしそもそもそんなに気にしてなかったのですがいざ明日となるとどうしよかなと。。

という事で、今日はキリのいいところで午後にストップ。
うーん、、特になんもないかな(^^;;
とりあえず宿に入って荷物を降ろしてシャワーを浴びたら、散歩でもいこかなぁと思っていたら爆睡。。


目が覚めるとやたら明るい光が、、西日です。

フラッと外に出ると裏が空き地になっていて
バーーンと夕日が沈む所でした。




うわ〜
下手すぎて逆にのせてやりました。

でも本当人間の眼ってすごいですよね。
これだけキレイに撮れるデジカメよりも、全然キレイに見えるのはすごい。

・・・ええやんええやん。
明日もっかい見に来よ!



こんなロケーションも中々ないしね、明日は休みにして!
誕生日に一個やる事決まってひと安心です(^^)

部屋で撮った写真を見ていると変な水玉模様がポツポツと。
後で調べてみるとオーブっていうらしいですね。
※諸説あるようですが!
まぁまぁ縁起もいいということで、ポジティブにとらえときましょか(^^)


とにかく何もない村みたいな感じなので、、
寝よかな。


・・・中途半端に寝過ぎて寝れない。


誕生日を中々持て余しております。


続きはまた、書かせていただきます!


最後までお読みいただき、ありがとうございました!










【引き続き、走る走る】

さてさて、、トラブルから何とか一応は立ち直り、ひとまず首都バンコクへ向かって自転車はどんどん進みます。

バタバタの中タイへ入ったのであまり何も楽しめておらず。。
期待値の高いタイだったんですが。。
まだ、タイマッサージすら受けていません(^^;;
この頃は、まだマッサージの仕事をするなんて想像もしていませんでしたが。。
以外と郊外の町にはマッサージ屋さんはそれほど多くなく、やはり観光地や外国人が訪れやすい町の方が自然とマッサージ屋さんも目立ってくるんでしょうかね〜。

とりあえず気になっていた食べ物から。



タイのソーセージ
ガイヤーン(鶏のグリル)
カオニャオ(もち米)

これにあと、冷えたビールがあればもう何もいりません✨✨

自転車で走っていると、時々炭火焼のいい匂いがしてきてあちこちでこのガイヤーンを焼いています。

「あぁ食べたいなぁ〜。。」
と思うんですが、ドライブしてる時のガソリンスタンドみたいなもんで丁度良いところにないと中々止まれないんです、なぜか。。

なんかこう、、走り出すとそれはそれで気持ちがいいんですね✨
もうちょいいってみようかな?
もう少し走って休もうかな??と。
ランナーズハイならぬチャリダーズハイですね。

とにかくラオスに入ってからは乾季のせいか1日も雨にあっておらず、暑さもカラッとしていていい感じで汗をかきながら走れています。

そりゃその後のビールは最高ですよね🍺


資金面で厳しくなって中々贅沢は、、
と言いながらも食事だけは楽しんでいきたいなと思ってました。
移動は人力ですよって、、
体はしっかり作らないとです。

なんせやっぱり日本に比べて安いのは本当に助かります(^^)
さっきのガイヤーンも日本で食べる3分の1ぐらいのお金でいただけます。


なんとありがたや〜
幸せ✨✨


とにかく走る走る、食べる、走る走る走る、食べる、走る走る、食べる、飲む、寝る。
んで走る、、という感じでここ数日来ております。
邪念を払うがごとしです。。


まだまだ絶好調!とまではいかないわたし。。
とにかく今は走ることに夢中になっていました。
イメージしていたタイの滞在とは少し変わってしまうのかなぁと思いながら、、


続きはまた書かせていただきます。


最後までお読みいただき、ありがとうございました!




【経験】

改めてまた出発です。



昨日1日は本当に長かった。。
体調も崩すし、メンタルはヘロヘロやし。

でも1日中ヘコんだ事と、友達と話せた事でだいぶと持ち直せました。
ありがたい。。

まぁ冷静になって考えてみても、自分が悪い。
よほどスキだらけやったんでしょうね〜ヘラヘラしてるし笑
何より自分自身にもしっかりと自覚できるスキがありました。
甘い話やうまい話。。日本ではまぁひっかからない事ですが、こういう海外で久々に会った日本人に心をすんなり許してしまった自分はやっぱり甘々でした。
出発した頃は色んな事に慎重だったハズが、いつのまにやらちょっと小慣れた感じになっていて。。
あぁみっともない。。(>_<)


でもまぁ、、後で考えてみるとこういう事があるのも込み込みで、旅に行きたかったのかもしれません。
普通に飛行機やバスで、ガイドブック片手に有名スポットを巡っていくのはいつでもできると。
なんかとんでもなく大変やったけど、自分の人生の中で濃い〜とこやったなぁ!
と後で振り返れるような経験がしたかったんでしょうね。。

そう考えると、詐欺にあったりお金を失ったりするのもひとつの経験で求めてはないにせよいい経験じゃないかなと思います。


・・・と、今ではすごく整理されて笑い話になっていますが直後の自分は、

「とりあえず、もうあんまり人とは関わりたくない。」

「日本が恋しいなぁ〜。。」

「日本人嫌い!!」

などなど、完全にスレており人間不信に陥っていました(^^;)
ラオスの前半で会ったモリさんにも電話してみたのですが、結局「この人もグルなのか?」とあらぬ疑い?をかけてしまい結局それっきりになってしまいました。

ショックもあったし、良い薬というのかなんというか。。
長い旅なので色んな事があって色んな時期がありました。。ほんと旅は人生の縮図のようですね

お金の事はひとまず、無事だったクレジットカードの方の預金を国際キャッシュカードの口座に移してもらえる事になり資金は少しだけ戻りました。これからのやりくり次第です。
まぁあまり、と言うかほとんど贅沢はできませんが。。
でもバカンスではないのでこんなんも経験かなと思いながら(^^)

というわけで、少し傷心なまま引き続き自転車で進む事になりました。

続きはまた書かせていただきます!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!










【ゲームオーバー・・・?】


残高がなくなってしまった事実に頭が真っ白になりながらも、とりあえず宿にチェックイン。
自転車とたくさんの荷物を抱えながらではとにかく何もできません。




荷物を下ろして一度冷静に。。

ふぅ〜。。

ベッドにごろり。。

あ、とりあえずカード会社に連絡しないと(T_T)
カードは海外でも預入や引出しのできる国際キャッシュカードとUFJのクレジットが1枚。
まだクレジットカードの残高が確認できていません。。

よくよく考えてみるとこっちの方が恐ろしいですよね。
満額キャッシングでもされていようものなら、、
帰って一文無しどころか借金地獄です。
ちょっと吐きそうになってきました。

てか、本当にトイレで出てしまいました。。
※汚い話ですいません。。

あら〜これはストレスかしら?

ふぅ〜


またまたベッドにごろり。。
ショックすぎて動きもスローです。
とにかくカードの裏に書いてある番号に連絡。
こういう時は大体女の人が電話口に出られるのですがなせがおっちゃんの声。まぁそんな事はどうでもいいのですが。。

すると、、

「確かに昨日、何回かキャッシングの操作が行われていますね〜。」

やっぱり。。

・・・終わった。

こんな事になるなんて。。。

「ちなみにいくらキャッシングされてますか??」

「あ、大丈夫ですよ。」


「えっ?」


「お客様のカードはショッピングのみの契約になっておりますので。よかったですね!」

おっちゃーーーーーん!!

そうでした。会社の給料受取のために口座を作った時に初めて作ったクレジットカード。
当時クレジットのルールも何もわかっていなかったので必要最低限の条件で契約していたのでした。。

電話口のおっちゃんが助けてくれたわけではないのですが、このおっちゃんの声が仏様のように優しく聞こえてきたのを今でも覚えています。

でもねおっちゃん、そういう時は「大丈夫ですよ」を先に言ってね。


一瞬こんな感じになってしまいました。


ただ、状況は変わらず。。

急なストレスのせいか、吐き下しが止まらず。
珍しく食欲も出ません。
ベッドに横になるのとトイレの往復を繰り返し。。


自分ではまだ中盤にも差し掛かっていないと思っていた旅に強制終了のピンチ。
手持ちのお金が全て合わせて1万円程度。。
いくら物価の安いアジアといえどこの資金では後1ヶ月ももちません。


でもこれからどうしよう?という前に
「なんでこんな事になってしまったんや?」
「なんでこんな目に合わないといけないんや?」
「こんな事する人間がいるなんて。。」
「ただ、旅行がしたくてここまでお金も貯めて、仕事も辞めて。。なんでや。。」

頭に浮かぶのは後悔と恨みつらみばかり。。

そんな時メールが。
日本の友達からでした。。
とにかくすぐに電話をかけました。

ひと通りの状況を話して、、

「そうかぁ〜。んで、どうすんの?」

「いやぁもうお金もないしなぁ。。」

「え?帰ってくるの?何とかなるんじゃないん?」

「いやいや、お金がなかったらどうにもならんやろ。。」

「ロン(僕です)さぁ〜、あんだけ行きたかった旅でしょ?そんな感じでいいの?別に余分になくても贅沢しなかったら何とか続けられるんじゃないの?自転車はあるんやし。どうせ1万じゃあ飛行機代にもならんやん。」

「いやいや。。言うのは簡単やけどさぁ。。」

「わかるよ?今めっちゃしんどいやろし、めっちゃ帰ってきたいやろ?でも今帰ったら今まで準備から全部やってきた事がムダになると思うよ。ただの悪い思い出になってこの先一生海外行こうとか考えへんようになっちゃってもいいん?もっと楽しめよ〜。」

「実際色々考えたら、何とかなるもんよ!トルコぐらいまでいってこいよ!じゃあね〜。がんばれよ!」

・・・
ふぅ〜。。

おれは電話して、何を聞いてほしかったんだろう?
何を言ってほしかったんだろう。。

今の自分が心身ともに特に心がすごく疲れていて友達の話が少し酷に聞こえてしまったのですが、間違いなくこの友達の言葉が僕に旅を続けるパワーをくれたのでした。

1日寝込んで夜になり、ようやく胃腸の調子も回復しました。

「お腹空いたなぁ〜・・・」
明日は出発できそうです(^^)

続きはまた書かせていただきます!
最後までお読みいただきありがとうございました。