成人式会場から後期集中スクーリング会場に | クツナ先生のカウンセリング日記

クツナ先生のカウンセリング日記

ブログの説明を入力します。


テーマ:

通信制の高校は、一年に一度の集中スクーリングがあります。4月から入学している生徒は、もうすでに終わっていますから、途中で転入学してきた生徒に対してのスクーリングとなります。私たちの学園には、国語、社会、英語の教師が常勤していますから個別の対面授業はいつも可能ですが、それ以外の教科の理科、数学、体育などたくさんの科目があります。理科だけでも「科学と人間生活」「生物基礎」「化学基礎」など。転校してくる高校によって、生徒たちが取得しなければならない教科は実にさまざまです。それに合わせてスクーリングを組まなければなりません。今年度書道を取っている生徒は一人です。私は国語の免許は持っていますので、現代文、国語表現、国語総合、古典の教科は教えることが出来ますが、書道はありません。だから一人の生徒に遠く離れた市外から書道の免許をもっている先生が来ます。情報の免許を持つ先生はなかなかいませんので、私たちの学園のスタッフさんが、約2年かけて、情報の免許を取得中。教育実習も終わり、もう少しで取得できます。教えるのが好きな先生も多くいらっしゃるけど、退職したらもう教えるのは嫌だよと言われる先生もいます。でも私達スタッフ以外の先生が教えて下さるのも、新鮮な経験でもあります。授業に参加するのが苦手な生徒もいます。教室に入るのが苦手な生徒もいます。でも、授業が楽しかった、面白かったと言う感想を聞くと、この集中スクーリングも生徒のいろいろな側面を知る機会にもなります。一人の生徒に対して、ひとつの教室。教室もたくさん必要になります。

 海と森と仲間たちのゆずりは学園です。昨日は成人式会場だったところが、明日からはスクーリング会場となります。

ゆずりは学園 ママさんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス