高校3年生の進路指導が始まりました | クツナ先生のカウンセリング日記

クツナ先生のカウンセリング日記

ブログの説明を入力します。


テーマ:

生徒たちは、今働いている会社で、そのまま継続という生徒もいますし、どこかもっと違う会社で働きたいと言う生徒もいます。また大学、短大、専門の進路を取る生徒は、オープンキャンパスや、推薦の手続きと慌ただしい登校の時間を送っています。

ひとり、ひとり違って当たり前です。ひとりひとりに添っての指導、支援です。まだ決められない生徒もいます。周りが決まっていくのを見ると、焦る生徒もいます。でもどこも相手があります。自分の気持ちだけでは、どうにもならないことがあるのも、事実です。社会に出るのは、そんなに簡単ではありません。ゆっくり、そして、ひとりずつ、会社に一緒に付き添っていくケースもあります。面接に同行するケースもあります。私たちが見つけて、そこが気に入れば、そのままスムーズに進みます。気に入らなければ、また探します。だから3年生のこれからの月日は、毎日が忙しくなります。家族が一緒に支えてくれると、正直助かりますが、すべての生徒が家族とうまくいってるわけではありません。高校生、思春期なら、これも多くあります。

 このごろは、外部の機関から、ゆずりは学園の支援、協力をお願いしたいという連絡が入ります。

そんなこともあって、毎日が忙しいこの頃です。大変ですが、生徒の笑顔を見るのが、何よりです。

ゆずりは学園 ママさんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス