全国の公立高校での妊娠、出産 そして674人の自主退学の記事に | クツナ先生のカウンセリング日記

クツナ先生のカウンセリング日記

ブログの説明を入力します。


テーマ:

文科省の調査での、この2015から2016までの2年間での高校生の妊娠、出産の記事が中日新聞に3月31日に載っていました。高校側が妊娠を把握した生徒の数として、全日制1006人、定時制1092人、そして自主退学は674人の数字でした。

 私たちのような通信制高校へは、調査が来ていませんので、その数は、もっと増えるのではないかと思います。私たちのところにも、妊娠して転校してきた生徒もいます。高校卒業資格は取りたいと、本人もまた彼氏も言いましたので、レポートをできるだけ早めにやってもらいました。集中スクーリングの時期は、参加できたことも幸いでした。出産の時期が早まり、病院にレポートを持っていきました。無事、赤ちゃんが生まれ、1か月後のテストも受けることが出来、高校卒業の資格も取れました。卒業後は、結婚式の写真と、さらに二人目の赤ちゃんも無事生まれ、素敵な家族になっています。

 確かに、公立高校ではこうした支援は難しいかとも思いますが、文科省が「安易な退学勧告をしないよう、学業継続の意思がある生徒には、配慮を求める」とした通知はすばらしいと思います。

 大切な命です。大切な家族です。

私のゆずりは学園では、毎年浜松医科大学の学生さん達に、「性教育の授業」をしてもらっています。正しいコンドームのつけ方、男性、女性の性などを、2時間しっかり指導してもらっています。

全部の高校で、こうした性教育が出来れば、いいのにと大学生と話したことがあります。

でも、多くの学校では、それをまだまだ許可されていないと大学生が話しています。それが現実です。

どこから、この問題を解決していくのがいいのでしょう。大切な命と大切な日本の子ども達です。

深刻な少子化問題の日本ですが。

ゆずりは学園 ママさんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス