哀しい姫よ~新撰組伊東一派油小路幻想録~

CVで提出or質問をしたのに2日経っても製作者から返信がない時の連絡用ブログ記事です。

この記事は全てのボイスが揃い必要がなくなったら予告なしに消します。


提出、質問に対しては必ず24時間以内に反応します。
2日経っても音沙汰ない場合はこのブログ記事に「〇〇ですが×日に提出しましたが返信がありません」などという感じでコメント書き込みお願いします。
別にコメントが公開されても困らないと思いますがブログのコメントの設定そのものが認証制になっているのでコメントが一般公開されることはありません。

 

 

2018年の同人イベント参加は残るところM3だけとなりました。

2019年以降のイベント参加ですが、コミケからは完全に撤退し、М3とコミトレに絞ることに決めました。

なので今後コミケ会場に口谷亜夜が現れることは二度とないです(サークル側、客側ともに)。

(理由は簡単に書くと、日程とお金と手間が大変だから(笑)詳しい理由はファンティアのほうで書きます)

 

2019年からはM3とコミトレの2イベントだけに絞りたいと思います。

とは言ってもM3は東京なので毎回毎回とはいかないかもしれません。

それに近年では応募数が昔より多いらしく抽選があるので申し込んでも落ちる可能性もあります。(落ちたことないですが)

コミトレは大阪で落ちる事絶対ないのでコミトレだけは参加を続けたいと思います。

Sin様制作の東方二次創作動画

「東方鉄星義~BURONT2ダークパワーの逆襲~」

早苗役で出演しました。登場は9話です。

ニコニコ動画にて全話無料公開中です。

東方とブロントさんが好きな人は是非見て下さい。

 

「東方鉄星義~BURONT2ダークパワーの逆襲~」リスト

http://www.nicovideo.jp/watch/sm31213192

 

早苗が登場する9話

 

「βββ」様の全年齢フリーノベルゲーム「Movie_club」が公開されました。

口谷亜夜はヒロインのひとり「江藤ゆず」役をさせていただきました。

 

この作品は無料です。是非プレイして下さい!
公式サイト
https://bbbbproject.jimdofree.com/
作品公開ページ
https://novelgame.jp/games/show/886

 

 

以下はレビューです。ネタバレありです。

 

*第一印象→プレイ後の印象
第一印象は、「さわやかな青春物語」と思いました。
確かに「さわやかな青春物語」を最初から最後まで貫いていました。
それに加えプレイ後に「人間関係が思ったより複雑で、真面目で、シリアスもあり、哲学的でさえある」という印象が加わりました。
誰にでもおすすめ出来る作品です。

 

*プレイ時間
プレイ時間を計っているわけではないので分かりませんが、全部見て6時間くらいです。

 

*攻略
全く難しくありません。
そもそも「パンフレット」の「カンペ」で全部書いてます。
青春映画と恋愛映画を選ぶところでセーブしておき、他のルート回収の際には見たシーンはスキップすれば時間もかからないと思います。

 

*好きな演出
主人公が映画好きで、最初のほうに映画を見に行ったとき、

「さぁ今日はどんな映画だろう」とスクリーンにオープニングムービーが映る演出が良かったです。
ここでオープニングくるかと感心しましたし絶妙なタイミングと思います。

 

*特に面白いシーン
男性陣のサウナ対決が一番面白かったです。
セリフも面白いですが「サウナは安全にご利用ください」のト書きが何度も入る演出が良かったです。

 

*感心したこと
空気キャラ、居ても居なくてもいい人がひとりも居ないことです。
全員になんらかの重要な役割を持たしています。
全員になんらかの役割を持たせるって簡単なようで実は難しいです。
個人的にゆずルートでの四郎の活躍が良かったです。

 

*ゲーム以外の部分でさりげに良かったこと
使用したフリーBGMの曲名など詳細が書かれてあるのは助かりました。
オープニングムービーに使われていた曲が気になり欲しくなったのですが、
曲名と作曲者名が書かれてあるのですぐに検索で見つけることが出来ました。
「モーニンググローリー」という曲です。
これは作品の雰囲気にもピッタリ合っていて良かったです。
サイト名だけで曲名が書かれてない場合は、そのサイトの中のどこにあるのか分からなくて見つけられないことが多いので、

これは地味に助かりました。

 

*気になったこと
居酒屋のシーンで背景が住宅街なのは気になりました。
居酒屋である必要はないのでせめて飲食店の背景だったら良かったと思います。
あいが髪をほどいているシーンなのに、立ち絵がいつものポニーテールのシーンも気になりました。
素材の関係でどうしても用意出来なかったのかもしれませんが・・・

 

*ゆずを演じてみての感想
シリアスとギャグの両方がある面白い女の子でした。
普段はのほほんとして「ぼくっ娘」でムードメーカーです。
一番注目してほしいのはゆずのルートでの父親との対決でしょうか。
かつて有名な俳優だった父に負けない迫力のゆずを一番頑張りました。
自分が演じたのでひいき目もありますが、一番好きなヒロインです。

 

 

最後に製作者「βββ様」の作品公開告知&オープニングムービーが見れるtwitterをここに紹介し、レビューを終わります。

 

ココナラ「口谷亜夜のページ」

https://coconala.com/services/45876

 

ココナラでのオプションの数が増えました。

数が少なかったのでこれはかなり助かります。

それを機に著作権買い取りのオプションと24時間以内納品オプションをもうけました。

 

*著作権買い取りのオプション

何故もうけるに至ったかはここに書いても意味がないので「あー・・・(察し)」でお願いします。

伏せる人が多すぎて疲れたとだけ。

*24時間以内納品オプション

ココナラ以外の活動もありますし、無料で特急に応じても私にメリットがないですし、同じ料金払っているのに後回しにされている人が気の毒で平等じゃないので、このオプションをもうけました。こういったオプションをもうけたほうが頼むほうも堂々と24時間以内納品を安全に確定させられるので、儲けたほうがお互いいいかと思いました。