おススメのベース教則本(1冊目) | さかたく@坂本ベース教室のブログ

さかたく@坂本ベース教室のブログ

坂本ベース教室講師坂つのブログです。レッスン情報だけではなく、ベース上達のコツや練習法、考え方など紹介していきます!

ブログご覧いただきありがとうございます!坂本ベース教室講師のさかたくです。今回は実際に僕が使ってみておススメできるベース教則本を紹介します。いい教則本をお探しの方の参考になれば幸いです。

◾️「ジャズベース ランニング」


「ジャズのウォーキングベースってどうやって弾くの?どうやって作るの?」という人にオススメの教則本です。


◾️注意点

タブ譜はありません

これは普段タブ譜を読んでいる方にとってはしんどいことだと思います。ただ、しっかりジャズを学びたいと思うのであれば読譜できた方が確実に上達に繋がります。

出すべき音がイメージしやすくなりますし、たくさん譜読みすることでコード感、音感も鍛えられます。


・作り方の方法論は書いてありません。

何故このようなラインになったのか?についての解説はありません。注釈やコラムがいくつか書かれている程度です。


◾️おススメポイント。

このシリーズ3冊買えばジャズセッションで定番のスタンダード曲ほぼ全て網羅できます。順番に練習してもいいですし、やりたい曲や知っている曲から優先的に練習してもいいと思います。

そして書いてあるラインが非常に実践的です。ウォーキングベースの方法論を学んでもすぐに使いこなすのは最初は難しいと思います。ある程度方法論などを学んだ後にこの本を読むと理解が進むと思います。

もしくは、先にラインをコピーして流れを覚えた後に作り方を学ぶというのもいいでしょう。感覚的に捉えるのが得意な方はこちらの方法をおススメします。

いずれにせよこの本を練習すればジャズセッションでかなり強い味方になってくれること間違いなしです!