全国的に暑さが続く8月。

 

連日のように熱中症のニュースを見かけますが、

暑さは人の体に様々な負担をかけます。

 

また、「冷房病」という言葉が生まれたように、

暑気払いで行ったことが負担になることもあります。

 

そんな、夏特有の症状をうまく乗り切るには、どうしたらいいか。

病院では水分の点滴くらいしか対応してくれません。

 

 

実は、そんな時にこそ漢方薬が有用です。

 

今回から数回に渡って、夏に使える漢方薬をご紹介します。

 



*******************************

 

 

まずは、やはり熱中症の漢方薬からご紹介しましょう!


暑さで体が火照ってだるく、口や喉が渇き頭痛がする、食欲はないしもうろうとする・・・

そんなときは【清暑益気湯(せいしょえっきとう)】です!


体の火照りを去り、体力を補給し、口や喉を潤し、頭痛を抑え、

胃腸を整えて食欲を改善して、元気にしてくれる、
夏の暑さにやられたときにうってつけの漢方薬です。

今日の暑さはやばいな・・・という時に外出前に飲んでおくと、

熱中症による頭痛やだるさの予防にもなると言われています。


ただし!


これを飲めばどんな熱中症も治るわけでも、

事前に飲めば完璧に予防できるわけではありません!

あまりに気温が高いところで長く過ごしたり、直射日光を長く浴びると、

どんな薬を使っても体温が異常に上がり、体の機能に異常をきたします。

 

また、それは一定のラインを超えると翌日以降にも影響を及ぼす他、

場合によっては治ることがなく命の危険を伴います。

 

 

よって、気温が高い間はできるだけ外出しない、エアコンの効いた室内で過ごす、

水分や電解質をこまめに摂ることは引き続きお願いします。


それでもどうしても外出しなければならず、万が一頭痛やだるさが現れた時には、

水分電解質補給に加えて、こちらも飲むと回復が早まることでしょう。



*******************************



全国的には暑い日が続いておりますが、こちら札幌は今日から一昨日あたりから

暑さが少し和らいでおり、明後日からは最高気温が25度を下回るようです。

 

おかげさまでほどよい暑さを満喫しておりますが、本州以南ではまだまだ暑さが続きます。

 

日傘や体を冷やす製品などをうまく活用して、残暑を乗り越えていきましょう!!

 

 

暑さのせいで体に熱がこもって、喉が渇いて頭痛や頭重感、だるさなどがあれば

清暑益気湯をお使いくださいませ♪

 

 

【 清暑益気湯  1日分3包330円 】

 

 

お薬に関するお問い合わせ、ご相談は

くすりやカホンお問い合わせフォーム

からお願いします。