マンガで読む!『母豚に教わる繁殖講座』が出版されました。 | ゆりかの湯「楽しいロペミチ一家」

ゆりかの湯「楽しいロペミチ一家」

ロバ父ぺり母みっちーチイチャンの一家4人の
楽しい暮らしつれづれ。
プラス
ぺり母の趣味(手芸・音楽鑑賞など)
と仕事(養豚漫画家)
と息子のお稽古(クラシックバレエ)


テーマ:

 せわしない毎日を送っているうちに、

春が過ぎ夏休みが過ぎ息子の運動会が終わり

気がつくと10月!

その間、私にとって2冊目の本が出版されました。

 前回は、種付けから出荷までの工程の農場マニュアルを

全行程漫画化したものでしたが、

今回は範囲をもう少し範囲をしぼって

種付けから分娩~離乳までの母豚の管理を

マンガで説明しています。

 

主人公の教育係がということもあって、

思わず突っ込みを入れたくなるような謎あり、

豚なのに同意してしまいたくなる人間味あり。

となっております。

 

一見ふざけた感じの登場人物達でも、

内容は意外と学術的で、

中でも一番読んで頂きたいのが、

性周期のホルモン分泌のところです。

豚の性周期なので、分泌期間は牛やヒトと異なりますが

おおよその原理はほぼ同じです。

女性側の受精準備から妊娠した場合、しなかった場合

の性ホルモンの動き、

それから、受精適期(ヒトで言う危険日)の期間を

マンガつきの図表で比較的分かりやすくしました。

繁殖学の試験で困っている学生さんには

是非是非、参考にして欲しい図です。

 

ちょっと専門的なので、一般的におススメなのは

交配~受精までの回です。

こちらは表紙の装丁にも載せて頂きました。

 

試し読みも出来ますので、

ちょっと異次元に飛んでみませんか?

 

 

kushikino-aさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス