少しづつ暖かく、過ごしやすくなってきましたね。
でも花粉で大変な人も多いとおもいます。
本日は、北野天満宮へ伺いました。



北野天満宮は、菅原道真公をご祭神としておまつりする全国約1万2000社の天満宮、天神社の総本社です。
親しみをこめて「北野の天神さん」、「北野さん」と呼ばれています。

菅原道真公といえば学問の神様・芸能の神様。
これは江戸時代に寺子屋が普及し、その教室に天神さまがおまつりされたり、道真公のお姿を描いた「御神影」が掲げられて、学業成就や武芸上達が祈られてきたことが所以とのことです。



境内には神牛の像や彫刻が数多くみられます。これは菅原道真公が丑年生まれであったこと、大宰府でご生涯を閉じられた際、道真公の御遺骸をお運びする途中で車を引く牛が座り込んで動かなくなって、やむなく付近の安楽寺に埋葬したという故事に由来しています。この伝説から神牛は伏した牛の姿であらわさています。

そして、この牛は頭をなでると頭がよくなると言われています。また体の悪い場所をなでた後、牛の同じ場所をなでると悪い場所が治るとも言われています。
私は、頭をなでなでしてきました。



現在、梅苑公開中です。

みなさんも、北野天満宮へお越しください。

その際、弊社 北野天満宮西駐車場をご利用していただければと思います。

とにかく近くて便利です。