いつも
ロイヤルフラワーズのブログをご覧頂き
ありがとうございます!

ロイヤルフラワーズでは
新規生徒様を募集しております

ピンク薔薇体験レッスン等のお申込みはこちら

royalflowers.academy@gmail.com



メールを頂いて2日過ぎても
こちらから返信がない場合は
届いてない可能性がございますので
申し訳ありませんが、
再度ご連絡をお願い致します。

また、お申込みの皆様は、
下記レッスンポリシーを必ずご一読下さいませ。
下矢印

ピンク薔薇ロイヤルフラワーズの
スキルアップレッスンご案内
下矢印


カナヘイキャンティスキルアップレッスンも随時お受付しております! 



年明けプリザの仕事始めは大雨に…

急遽、縦長のアレンジから作品変更をして
フォトフレームと壁掛けアレンジに。

これなら大切に持てば雨にかからないはず。

2つ作るので、
全く違うテイストにしようと
私のお宝部屋(花材が沢山ある部屋)を
色々物色すると、そう言えば可愛い額が…

それに、以前から作りたいととっていた
イタリア製のフォトフレームも発見!

これを活かしてどう勉強して頂こうか…

ロイヤルフラワーズでは通常
お花のレッスンの場合、見本は作りません。

何故なら、
その方の好みや習得して頂きたい事が
例えば20人居ればそれぞれに全く違うからです。

通り一遍の事を題材にした方が
教える側としてはとても楽なのですが

作られた見本が有れば
人はそれを正解の図と思い、
真似たくなるのです。

でも、アレンジの場合、
それではその方の個性が育たないと考えます。

先生の作るものが正しいもの…
私が生徒の立場なら、きっとそう思って
一生懸命同じ様に作るでしょう…

でもそれでは、見本がないと作れない
そのレベルの技術になってしまいます。

花材を並べられて
さぁ!自由に作って下さいと言われた時に
一人では全く動けなくなってしまうんですね。

お花は、ポーセラーツと違い
一つ作ればその日に持って帰れます。
極端に言えば、その時を逃すと
その制作過程は過ぎたものになる。

作品としては
ステキなオブジェにはなってくれるのですが、
どこをどうしたか…と言うのが
しっかり頭に入ってないと
学んだ事を定着させる事は出来ません。

ロイヤルフラワーズの販売作品には
同じものは作らない!と言う
ポリシーがあります。

一つの作品は一期一会。

だから生徒の皆さんにも
その一つを大事に学んで頂けると嬉しいです。

そしてその積み重ねがいつか、
ご自身の上達を、確実に形あるものにしてくれます。

そうやって時間を経る内に、
何処かでポン!と急にスムーズに閃く。
一段上に上がれた感覚…

そんな瞬間を必ず掴む事が出来るのです。

それが、
これまで頭を使って学んだ創造性であり
個性を活かせる技術だと思っています。

何でもAIが作るこの時代
お花を通じて、侘び寂びの情緒を
それぞれの形にして
表現して頂きたいと願います。


ロイヤルフラワーズ
森田くるみ

{C05375CA-16A8-4C92-ABDF-E2767AD2A6A0}

{AFEB038C-68CC-40C2-80B7-FABA60BFCC9F}



神戸・三宮・旧居留地
ロイヤルフラワーズ