新しいくるみが届くまで、卓上のくるみをお休みさせていただきます | クルミドコーヒーのブログ

クルミドコーヒーのブログ

西国分寺駅前
くるみをテーマにした
こどもたちのためのカフェ

みなさん、こんにちは!

8月から新しくクルミドコーヒーに加わりました

いのうえです!

 

さて、突然ですが

今回みなさんにお知らせしたい事がひとつあります。

 

お店にいらしたことがある方はお分かりになるかと思うのですが、

クルミドコーヒーにはそれぞれのテーブルに

殻付きくるみが置いてあります。

そのくるみ割りをいつも楽しみにしてくださっている方には

心苦しいのですが、

そのくるみがあともう少しでなくなってしまいます。

 

くるみは1年に1回、10月ごろに収穫の時期を迎え、

みなさんには昨年の秋に採れたくるみを1年を通して

お届けしてきました。

毎年数に限りがあるため、

時にはくるみが不在の期間ができてしまい・・・

申し訳ありません。

(収穫量によってなので、毎年なくなるわけではありません)

ちなみに今年は春に2回あった遅霜の影響で、

例年の2割減の収量と聞いています・・・

日本で一番の生産地でも、自然にはかないません。

 

今年の秋に採れた新しいくるみが届くまで、

今しばらくお待ちいただけたらと思います。

 

 

 
そのようななかでも

ありがたいことにクルミドコーヒースタッフ

季節の恒例行事とさせていただいています、

長野県東御市でのくるみ収穫のお手伝いへ

今年もいってきました。

 

場所は長年お世話になっている「サンファームとうみ」さん。

私たちは10月の7,8,9の3日間に渡って行かせてもらい、

私は初日に参加してきました。

クルミドコーヒーに入ってから初めてのくるみ収穫体験。

私は行きのドライバーを任せられ、西国分寺から長野県東御市

までの道のりを片道2時間半、

5人のスタッフを乗せて走ってきました!

(運転緊張しました…笑)

 

 

 

 

実際に竹竿で一個ずつ木からくるみを叩き落すのは

なかなか根気のいる作業でした。

落としたくるみの皮を剥がすにも固いものがあり、

慣れていない私はすぐ手が痛くなってしまいました…

 

 

初めてくるみの収穫を体験して、

農家さんのくるみを大切に育ている思いと

ひとつひとつの作業を人の手でおこなっていく苦労を感じ、

ますます「東御のくるみ」を届けて頂いているありがたみを

感じた1日になりました。

 

農家のみなさんと一緒にわたしたちスタッフが収穫したくるみは、

今約1か月間の乾燥期間を迎えておりまして、

今年採れた新しいくるみが入荷するまで

あと1、2ヶ月お待ちいただけると幸いです。

おおよそ12月のはじめ頃(遅くても中旬)には卓上に置くことが

できると思います。

 

秋に新米が届くのと同じように、

わたしたちも新くるみが届くことをわくわくしながら

楽しみに待っています!